アムジスト雑記

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 雑記 > バイオハザード リベレーションズ2 ファイル 「転生の儀のための覚書」「フランツ・カフカの『変身』について」「クレーン作業報告書(1)」「クレーン作業報告書(2)」「水門番の遺書」

 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バイオハザード リベレーションズ2 ファイル 「転生の儀のための覚書」「フランツ・カフカの『変身』について」「クレーン作業報告書(1)」「クレーン作業報告書(2)」「水門番の遺書」

雑記 2015.04.08 Wed

転生の儀のための覚書

「転生の儀」のために記す…

憐れなる我が父スペンサーが、その晩年に
ワラにもすがる思いで執着していた不滅の力、
“不老不死”の研究は、未完成で終わっていた。

私は彼の研究を引き継ぎ、その核となる技術、
“精神と記憶の転移システム”の実験改良を
繰り返してきた。

一定の成果は得られたが、いまだ不安定な
部分も多い。

現時点で判明している必要条件は、以下のとおり

1.“器”は新たな精神と相対する“恐怖”に打ち克つ、
  強い精神力を有していなくてはならない。

2.“器”への負荷を最小限にするため、
  転移後の定着と安定に約半年の期間を要する。

私に与えられた時間は決して長くはない。
一刻も早く、完成を急がねば…


フランツ・カフカの『変身』について

私は、この醜悪な物語を深く愛し憎んでいる。
これは、兄妹にまつわる死の刻印だ。

物語は、主人公グレーゴル・ザムザが、
ある朝、目覚めると巨大で醜い毒虫に
変身していたことからはじまる。

家族は、突如姿を変えた彼に
戸惑いつつもはじめは守ろうとするのだが、
毒虫に変身した彼を理解することは出来ず、
やがて見捨てられていく。

ついに献身的であった妹・グレーテにすらも
見捨てられた時、その命運は尽き、
やがて兄・グレーゴルは独り静かに死を迎える。

私は、グレーテのように、兄弟を見捨てはしない。
血を分けた兄弟と運命を共にする。

私は、グレーゴルのように醜い毒虫に変身はしない。
創造主にふさわしい姿へと生まれ変わる。


クレーン作業報告書(1)

先月の状況報告

ノルマ達成率:80%
落下死者数:4人

仕事中に事故が起こると、
人員の補充に時間が取られ、
毎月のノルマ達成に支障をきたします。
落下しないよう、安全を心がけてください。


クレーン作業報告書(2)

今月の状況報告(半月分)

ノルマ達成率:55%(概ね順調)
落下死者数:1人

落下原因
クレーン最上部に乗った状態で作業中、
下の者がクレーンを動かしたことによる転落。

人員補充済み、ノルマ達成に現状支障なし。

クレーン最上部に上がっての作業は、
くれぐれも注意してください。


水門番の遺書

研究所から、ウィルスが流出した。

男は、ほとんどが醜い狂人になり、
女は、もがき苦しみながら死んでいった…。

襲いかかってくる狂人たち…
かつては仲間だった者たちを撃ち殺しながら、
必死で逃げ回った…。

最後にたどり着いたのは、仕事場だった。
30年間、苦楽を共にしたクレーン。
その上に今、俺はいる。

無意識にここにたどり着くなんて、
俺ってやつは骨の髄まで
仕事人間らしい。

銃の弾はまだ残っている。
ここを死に場所に決めた。
俺にはお似合いだ。

仕事ばかりでかまってやれなかった家族に、
あの世で謝りたい。
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。