アムジスト雑記

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 雑記 > バイオハザード リベレーションズ2 ファイル 「盟友を解放する巡礼への誘い」「スチュアートへの指示」「スチュアートの遺言」「新世界を望む者たちへの手紙」

 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バイオハザード リベレーションズ2 ファイル 「盟友を解放する巡礼への誘い」「スチュアートへの指示」「スチュアートの遺言」「新世界を望む者たちへの手紙」

雑記 2015.04.06 Mon

盟友を解放する巡礼への誘い

「真実を知るものよ、順に盟友を弔え。
さすれば、罪の枷は解き放たれる!」

1人目は、愚か者だったため墓が無い

2人目は、顔が背中についている

3人目は、4人目の3つ隣の前にいる

4人目は、首がなくなっている


スチュアートへの指示

スチュアートへ

暗黒の大陸より忌むべき「闇の血」が届いた。

感染力が極めて高く、多くの可能性を
秘めている。
さすが我が兄、アルバートが完成させた
だけのことはある。

時を待たず所長へ送り、
「闇の血」の研究を進めさせよ。

t-Phobosの完成も間近である。

これで「儀」の式へむけ、
必要なものはすべて揃った。

我らの計画は、必ずや達成されるであろう。


スチュアートの遺言

聖母様

「転生の儀」へ向けた実験の成功、心より祝福申し上げます。

このスチュアート、長年にわたりお手伝いをさせて頂きましたこと、
身に余る光栄にございます。

選別された“器”に申し分はございません。
「儀」の式は、無事成功すると確信しております。

新たな世界に秩序をもたらす、創造の主となられること、
絆で結ばれし同胞たちにとって、この上なき喜びであります。

しかしながら、神聖なる「儀」の式へむけた計画のためとはいえ、
数多の犠牲を払ってきたことも事実であります。

その罪、産みの苦しみと覚悟しておりました。
そして、成功にはその罪を浄化する罰が必要であると考えます。

来る「転生の儀」を滞りなく転生へと導くため、
聖母様の産みの苦しみをわかちあうため、
我が身を抜歯、この命を捧げます。

心配には及びません。
このスチュアート、同胞たちとの邂逅が、待ち遠しい限りです。


新世界を望む者たちへの手紙

親愛なる新世界を望む者たちへ

よろこんでくれ。
いよいよ我が師に報いる時だ。

ようやく目的の物を手にする時がきた。
ここまではすべて、私の筋書き通り。
あとはあの女と、最後の取引を終えるのみだ。

あれを手につかめば、
いよいよ世界の秩序は変わる。

そう、この「ザイン」を見舞った
狂った惨劇の数々が、ほどなく全世界でも
繰り広げられることになるだろう。

そのときこそ再び、我々の名が世に響く時、
怠惰をきめた世界に捌きを下す。

私はただ、我が師、モルガン様が
かつて行った「テラグリジア」での計画を、
役者を変えてやり直しているに過ぎない。

あの女はそのために利用させてもらった。

しかし、仲間までも欺いたことにも
罪悪感はない、と言えば嘘になる。

だが、世界を目覚めさせるためには
やむを得ない。

崇高なる理想は、尊き犠牲の上に成り立つ。
彼らの犠牲は、決して無駄にはしない。
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。