アムジスト雑記

Home > 2016年03月07日

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

CD感想:Angelo「Design」

Angelo「Design」

1.Blind Light
2.El Dorado
3.Noise
4.DESIGN OF INFINITE CIRCLE
5.光の記憶
6.Speak to deep colors
7.FATE
8.EVE
9.螺旋
10.Last song
11.Lotus bloom

傑作。Angeloとしての一枚目のアルバム「REBIRTH OF NEWBORN BABY」、二枚目のアルバム「METALLIC BUTTERFLY」がそれほど好みではなく、一般的に語られるところの「前身バンド後期の迷走」と相まって、久しくバンドの音楽に神経が昂ぶった、という経験がない状態となっていた。したがって、この三枚目のアルバム「Design」へと向かう熱量も、それほど高いとは言えない状態であったのだが、手垢のついた表現を用いるなら、「プラスの意味で期待を裏切られた」形である。

特徴的な要素としてはアルバムに収録されたほとんどの楽曲が、明るく、柔らかな曲調であり、本来的にこのバンドが得意としていたはずの、破壊的・狂気的な印象を持つ楽曲が収録されていないことである。あくまで主観的な評価に終止させてさせて頂くが、それでいて、曲調が多彩に用意されており、一度目の視聴、二度目の視聴、三度目の視聴…と回数を重ねてみても、単調である、聞き飽きるなどと感じない作りがなされている。

具体的にユーザー側から看取できる「工夫」としては、同じ「明るく、柔らかな曲調」であっても楽曲ごとに個性をもたせ、また曲順にも配慮がなされているという点だろうか。例えば、四曲目にあたる「DESIGN OF INFINITE CIRCLE」はボーカルにエフェクトなどが使用されたやや「歪んだ」楽曲であるのだが、それに続く五曲目「光の記憶」では「真っ直ぐな」音作りで徹底的に歌い上げる形が取られる…といったものである。

また、このアルバムに収録されている楽曲はどれも視聴時間が「4分台」に収められており、5分を超えるような長尺は存在していない。先に述べた楽曲の個性と相まって、ユーザーは次々と様々な楽曲を体験出来るわけであり、このような「工夫」によって、同じ曲調ばかりで、聞き飽きてしまう…という事態が起こりにくくなってるわけである。

お気に入りの曲は全曲だが、強いて言うなら、五曲目に収録された「光の記憶」と六曲目「Speak to deep colors」、八曲目「EVE」、九曲目「螺旋」、十一曲目「Lotus bloom」である。

特筆しなければならないのが、Designのアルバムアートワークに明らかに仏教美術的な猫写とともに採用された「蓮華の花」と連動する名を持つ「Lotus bloom」であろう。仏教において蓮華の花は救いの世界、極楽浄土を意味している…という知識はもはや膾炙しきった常識ではあるが、このアルバムの徹底的に明るく柔らかな楽曲で固められた、という特徴的な構成に触れることによって、この常識が示唆的な意味を帯びてくる。

十一曲目「Lotus bloom」にたどり着くまで、十曲ものあいだ、そのような楽曲に触れてきたユーザー(このアルバムに共鳴できた)はある種のトランス状態として、その精神も、それらの楽曲へと近づいているわけである。曲名からもうかがえるように「Lotus bloom」はその極地であり、ここにおいて、十曲にも及ぶ過程を経て、洗われるような美しい心境…つまり、救いの象徴たる蓮華の花が咲き誇る、「Design」の世界が完成するのである。筆者ははじめてこのアルバムを視聴した際この心境に到り、このバンドの力をあらためて認識する結果となった。

「Lotus bloom」において、「蓮華の花が咲く」かどうかはユーザー次第である。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。