アムジスト雑記

Home > バイオハザード0

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バイオハザード0 ファイル 第一次調査隊員のメモ

第一次調査隊員のメモ

施設内をチェック中だが、薬品のいくつかは生き残っていた。
全て貯蔵タンクに保管されていた事が幸いしたようだ。

調査を始めたばかりで、詳しい内容は明らかではないが、
これら数種類の薬品は、特定の組合せにより変化する事がわかっている。

なお、薬品の配置は分散している。
これは事故対策というよりも、単に管理体制に問題があったようだ。
今後、施設を再生するにあたって、
これら薬品の処分の仕方を考えておく必要がありそうだ。

(メモの裏側に走り書きがある。)

赤+青=硫酸
緑+赤=剥離剤
スポンサーサイト
 
 

バイオハザード0 ファイル 幹部候補社員心得

幹部候補社員心得

養成所の設立目的

ここは我がアンブレラの明日を担う人物を育てるための養成機関である。
当施設は、年齢・人種・国籍を問わず、優秀な研究を完成させた者だけを
全世界のアンブレラのリーダーとして送り出してきた。
諸君らにも、同様にリーダーシップを発揮する日が来る事を期待している。

養成所方針「規律・服従・忠誠」

この三つの言葉は、アンブレラ全社員に対する指針であり、
当施設における「法」でもある。
この言葉を常に心に刻み込み、研究に身を捧げてこそ、
諸君らは大いなる栄光を勝ち取る事ができるのだ。

アンブレラ幹部養成所所長

ジェームス・マーカス
 
 

バイオハザード0 ファイル 所員への通達

所員への通達

(かなり古いものだ。文字は大半がかすれている。)

ワクチン研究班、並びに汚染物質処理班に対し、所内定例会議を召集する。
なお、両会議ともに機密レベル5に区分されるため、いつも通り、

1F西 作戦司令室 2F南東 会議室

を使用されたし。

今回の開錠コードは “8時15分” と、する。

以上。
 
 

バイオハザード0 ファイル 詩の一節

詩の一節

月は地球に服従し

地球は太陽に忠誠を誓い

太陽は大いなる規律で全てを支配する

是こそ 全ての礎

栄光への指標

全てを我が手に いざ 天空の扉は開かれん
 
 

バイオハザード0 ファイル マーカスの日誌1

マーカスの日誌1

12月4日

我々はついに発見した…。この新しいウィルスを!
我々は、この新しい発見に対し、『始祖』と名付けた。
一刻も早く持ち帰り、詳しい調査を始めたいものだ。

3月23日

相棒のスペンサーが、「会社を興す」と言い出した。
まあ、私は「始祖」の研究さえできれば、どうだって構わない。
……好きにやらせておくさ。

8月19日

スペンサーが、養成所を設立するから私にそこの所長をやれと言い出した。
事業のためだか、なんだか知らんがヤツもうるさくなってきたものだ。
だが、これは逆に利用できるかもしれん。
この謎多きウィルスを研究するには特別な場所が必要だ。
誰にも邪魔されない特別な場所が…。

11月30日

スペンサーのヤツ…今日も私に文句を言ってきた。
「始祖」を単なる利を生むための道具としか考えられんとは、愚か者の極みだ。
だが、このままヤツの発言力が強くなっていくのは、
研究を続ける上でも非常に具合が悪い。
なんとしても『始祖』の実用化にこぎつけ、私の研究を確たるものにしなければ…。

9月19日

ようやくたどり着いた…。
「始祖」をベースとした新種ウィルスの開発に目処が立ったのだ。
様々な実験の結果、ヒルのDNAと組み合わせたことが決め手となった。
これが初の「t」成功例となるだろう。「始祖」品種改良の第一号だ。

10月23日

駄目だ!モルモットを使った実験では、これ以上の進展は望めない。
哺乳類、やはり人間を素体に用いねば研究は
いつまでも次の段階に移らず、足踏みを続けるのだ……。

11月15日
所内の一部に私の実験に感づいた者がいるようだ。
…しかし、気にする事もなかろう。
邪魔になるようなら、私の実験を“手伝って”もらうまでの事だ。

1月13日

とうとう完成した。私のかわいいヒルたちが!
下らん生き方をしているヤツらには、この充実感は理解できまい。
これで、やっとスペンサーを黙らせる事ができる。
この私が全てを支配するのだ…。

1月31日

私の部屋の秘密を守る仕掛けが作動した形跡があった。
何者かが「t」を狙って進入したらしい。バカなヤツだ。
スペンサーが飼っている連中の仕業だろう。

2月11日

先日に引き続き、秘密研究所への入り口を探られた形跡が見つかった。
ヤツがそのつもりなら、相応の処置を考えねばなるまい。

差し当たり、ウィリアムとアルバートにイヌをいぶり出させるか…。
かわいいヒルたち以外に信用できるのはあの二人くらいだ。
スペンサー…このままでは済まさん。
 
 

バイオハザード0 ファイル B.O.W.に関するレポート

これまでの研究で、始祖ウィルスを生物に直接投与しても、
急激な細胞変化は元の組織を破壊するだけでなく、
兵器としてのコントロール面においても、最適な方法ではないことが判明した。
やはり細胞レベルでの融合を行い、その上で生物として成長させる必要がある。
私は成果を見るためにいくつかの実験を行った。これはそのレポートである。

「虫」
この太古から生き続けている生命体は
半ば進化の袋小路に達しているのか、始祖ウィルスを投与しても、
莫大なエネルギーによる巨大化や攻撃性の向上といった変化しか確認できない。
現状、これらをB.O.W.として、実用化することは非常に難しい。

「両生類」
カエルに始祖ウィルスを投与した結果、ジャンプ力と舌が異様に発達した。
しかし、知性という面では全く変化がみられない。
というより、捕食性が強すぎるのか、動くものは何でも食おうとしてしまう。
B.O.W.としての限界が見られる。

「哺乳類」
サルの細胞に、始祖ウィルスを組み込み、その遺伝子をサルの受精卵に加えた。
結果、生まれた個体は攻撃性の向上と、ある程度の知能の発達が見られるようになった。
(副作用のせいか、視力の低下とそれを補う聴力の発達も見られた。)

だが、兵器としてはまだ不十分である。
やはり人間をベースとしなければ、これ以上の発展は望めないだろう。
 
 

バイオハザード0 ファイル マーカスの日誌2

マーカスの日誌2

(このページだけ破り取られたものだ。)

万が一の事を考え、
特殊な処理を施したカプセルに私の「子供」を封じ込める事にした。
このカプセルは、私が持つよりも、あの場所へ隠した方が安全だ。

“木の葉を隠すなら森”だ。

カプセルを開けるには特殊な剥離剤が必要だが、
スペンサーの飼い犬にその生成法までは分かるまい…。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。