アムジスト雑記

Home > バイオハザード3 LAST ESCAPE

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル 焼却処理工場マニュアル

焼却処理工場マニュアル

焼却処理工場は各研究施設で発生する廃棄物を処理する機構の一つである。
ガス処理室で化学処理しきれなかった
廃棄物や旧式の研究器材などをこの工場は焼却処理し、
火力発電により研究施設への電力供給も行っている。
発電によって発生する大電力の一部は工場地下に設置された大型蓄電池に蓄電され、
有事の際の非常用電源として機能するようになっている。

非常用電源回路は設置された三つの非常回路ユニットが
ソケットに接続されて初めて始動する。
もしも接続がなされない場合は全ての非常回路ユニットを
人力で挿入しシステムを強制起動する方法もある。
スポンサーサイト
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル 処理工場警備マニュアル

処理工場警備マニュアル

― 工場の警備について ―

処理工場は外見上廃工場を改修した施設のため、
ごくまれに民間人が入り込んでしまう場合がある。その時には速やかに射殺せよ。
また投降した場合は逮捕し人体実験用として研究所に輸送する。
その際には研究所から手当てが給付される。

機械警備システム

工場内は防疫システムによって管理されている。
処理室や分解プールの汚染が検出された場合、工場内の一部はオートロックされる。
その際マニュアル通りに対処を行い、処理した場合はシステムのロックを手動で解除する。
許容を越えた汚染が発生した場合施設をすべてロックし指示を待つ。
勝手に工場外に脱出した者は理由のいかんに関わらず射殺する。
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル ジルの日記

ジルの日記

8月7日

あの日から2週間が経っていた。
身体の傷はすでに消え、
周囲の私に対するぎこちない気遣いもなくなった。
人々にとって、それはもう過ぎ去ったことなのだ。
しかし私は目を閉じるたびに、それが鮮明によみがえってくる。
生肉を食らう人のなれの果て、怪物に生きながらむさぼられる
仲間の悲鳴。心の傷は今も消えてはいないのだ。

8月13日

クリスは最近もめごとを起こすことが多くなった。
あまり他の署員と口をきかなくなり、いつもいらいらとしている。この前など、
少しコーヒーのしずくが飛んだだけで少年課のエルランを殴り倒してしまったのだ。
私はすぐに止めたが、彼は私を見ると軽くウインクをして行ってしまった。
彼はどうしてしまったのか…。

8月15日

深夜、謹慎を命じられているクリスに呼ばれ、私は彼のアパートをたずねた。
クリスは私を部屋に通すとすぐに数枚の紙片を押しつける。
それは“G”とだけ題された、ウィルス研究論文の一部であった。
クリスは、「悪夢の続きだ」といった。「まだ、あれは終わっていない」と。
彼はあの日以来、休息もなく戦いつづけていたのだ。私にすら告げずに。

8月24日

今日、クリスは欧州へ旅立つために街を離れた。
バリーは一度家族をカナダへおくり、その後に追うといっていた。
私はラクーンシティに残ることになる。
この街に残る研究施設が重要な施設であることを知っていたからだ。
クリス達には一ヶ月ほど遅れるが、
欧州のどこかで彼らと落ち合うことになるだろう。
その時こそ、私の本当の戦いは始まるのだ。
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル ケンド銃砲店からのFAX

ケンド銃砲店からのFAX

S.T.A.R.S.のやんちゃ坊主達へ。

兄のジョウからうれしい知らせだ。ついに新制式ハンドガンが完成した。
M92FS.T.A.R.S.スペシャル「サムライエッジ」と名付けたそうだ。
数あるケンド製カスタムガンの中でも最高のバランスに仕上がっているぞ。
ジョウがいうには「これだけのガンでマトをはずす野郎がいたら、
おしゃぶりでもホルスターに入れておけ」とさ。

なお細かい仕様については納入時に添付しておく。
官給品とは思えないパーツのよさだ。
出資してくれる企業にキスをしてやりたくなるぞ。

ケンド銃砲店 ロバート・ケンド
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル マービンの報告書

マービンの報告書

報告書

9月24日

本日未明、市庁舎にて盗難が発生。
被害を受けたのは正門にある宝石時計で文字盤に
埋め込まれた十二個の宝石の内二つが奪われた模様。
現在ラクーンシティは厳戒令下にありすでに多数の警官が殉職している。
そのため本件の調査を保留とする。

報告者 マービン・ブラナー

報告書

9月26日

本日午前10時頃、署内に逃げ込んだ42歳男性 (飲食店経営)が
同月24日盗難にあった市庁舎の宝石のひとつを所持しているのが死体検査で判明した。
(男性は数十分後に発病したため射殺)
本件は厳戒令のため調査を保留とする
が証拠品である宝石はしばらく署内で保管する事とした。

報告者 マービン・ブラナー
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル デビッドのメモ

デビッドのメモ

どうにかなりそうだ。こんな事になっちまうなんて。
昨日の戦いでまた人が死んだ。射撃が得意だった殺人課のメイヤーだ。
俺がゾンビどもの侵入にあわてて逃げ遅れそうになった時、
奴は俺をを助けようとして応戦したんだ。
そんな奴を俺は置いて逃げた。
奴が俺の名を呼ぶ、そして背後から聞こえてくる絶叫。
俺は恐ろしかった。怖かったんだ!

27日。
今日バリケードをなぎ倒したゾンビどもを大量に片づけた。
俺は景気づけにウィスキーをやりながらアホづらどもにショットガンをぶっ放す。
コレなら一気に数匹のミンチができる。
俺は歓声を上げて奴らを撃ちまくった。
すると俺に仲間がつかみかかった。
よく見るとゾンビどもと一緒に警官が数人巻き添えを喰らって転がっている。
いいじゃねぇか、いまさら。
どうせ死ぬ前のパーティなんだ。

俺が楽にしてやった仲間は三人だ。
今までゾンビに殺られた奴らを含めると十二、三人はおっ死んでる。
すいぶんとまあ、頭数がへったもんだ。
三時間後には会議室でくだらないことを検討しあう。
まったくムダだ。俺はこの酒が無くなったら楽に死ぬつもりだ。
その時が待ち遠しいね。
 
 

バイオハザード3 LAST ESCAPE ファイル 監視員への辞令

監視員への辞令

指令 監視員ブラヴォー16

1:今事件に関するあらゆる情報収集。 UBCSの監視。戦闘データの回収。
2:証拠となる施設、特に治療データを回収した医療機関等は完全に破壊。
3:各実験体の作戦遂行能力の確認。

任務終了後は指定の脱出手段を使用し速やかに脱出。
なお監視員以外の救出、出所の分かる金品の持ち出しは厳禁。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。