アムジスト雑記

Home > アリスマッドネスリターンズ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第一章 マッドハッターの領地

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第一章 マッドハッターの領地

・オープニング

アンガス・バンビー:
アリス、それはただの夢だよ

Come now Alice, it's only a dream.

アリス・リデル:
夢ではないわ、記憶よ。吐き気のする記憶...

It's not a dream, it's a memory and it makes me sick!

アンガス・バンビー:
さあ、意識を集中させて、そのまま... 君は再び浮いて、重さがなくなっている... 暗号だ... 力を抜いて...

Now focus, wait. You're floating again, weightless, a cipher, relax.

アリス・リデル:
炎... ここは地獄...

Fire! I'm in hell!

アンガス・バンビー:
その記憶は忘れて。何も生み出さない。ワンダーランドへ行くんだ

Forget it. Abandon that memory. It’s unproductive. Go… to Wonderland.

アリス・リデル:
無理よ。出られないの... 過去から

I can’t. I’m trapped… in my past.

誰かの声:
ひどい火傷だ。医者を呼んで!

Sergeant, this girl is badly burnt. Call for a doctor!

誰かの声:
あの子、大丈夫か?

Will she be alright?

アンガス・バンビー:
さあ、アリス。妄想を捨てるんだ。忘れろ。ワンダーランドへ向かえ

No, Alice! Discard that delusion. Forget it. Go to Wonderland.

アリス・リデル:
嫌です、先生。ワンダーランドは壊れてしまいました。死んでしまったのです...

I’d rather not, Doctor. My Wonderland’s shattered. It’s dead to me.

アンガス・バンビー:
君の好みの問題ではないのだよ。さあ、アリス。今どこにいる?

Your preference doesn't signify, girl. Now, Alice, where are you?

アリス・リデル:
帆船の上... 友達と一緒に。 何かが違うわ。景色が変わってる

I’m sailing. With a friend! Hmm. It’s different somehow. Things have changed.

アンガス・バンビー:
変化は良いことだ。物を忘れるプロセスの最初の一歩だよ

Change is good. It’s the first link in the chain of forgetting.

アリス・リデル:
どうしたの? おかしくなってしまったのですか?

What’s happening? Are you mad?

アンガス・バンビー:
おかしくなどない!

I’m not mad.

アリス・リデル:
ウサギさん?

Rabbit?

アンガス・バンビー:
様子がおかしい。どうしてアイツが?

That’s not right. What’s he doing there?

アリス・リデル:
どうかしちゃったの?

Is something wrong?

ウサギ:
どうかしちゃったの、だってさ。どうだろうねええ

Something wrong? Raaaaather…

アリス・リデル:
嫌よ、そんなのは...

Oh no, not that!

アンガス・バンビー:
抵抗しなくていいぞ、アリス。新しいワンダーランドを出現させるんだ

Don’t struggle, Alice. Let the new Wonderland emerge.

アリス・リデル:
汚れてる、おかしくなってる! 耐えられないわ。 ワンダーランドが破壊されてる。 私の頭もメチャクチャよ

Pollution! Corruption! It’s killing me. Wonderland is destroyed! My mind is in ruins!

アンガス・バンビー:
忘れるんだ、アリス。 その夢を閉ざせ! 音がしたら君は目覚める...

Forget it, Alice. Block that dream! Wake at the sound.

ああ...

(英語なし)

アンガス・バンビー:
やあ、アリス、気分は良くなったかな?

There, Alice. Better now aren't we?

アリス・リデル:
頭が爆発して、胸の中に蒸気仕掛けのハンマーが入ってるみたい

My head's exploded and there's a steam hammer in my chest.

アンガス・バンビー:
そうか。まあ、物事を忘れる代償は高くつくものだ

Yes, well, the cost of forgetting is high.

アリス・リデル:
記憶のせいで吐き気がする。一体どうすれば...

My memories make me vomit. What can I...

アンガス・バンビー:
他のことを思い出すんだ!

Remember other things.

アリス・リデル:
忘れたいの!

I want to forget!

壊れた記憶に閉じ込められて、孤独で過ごしたい人なんていないわ

Who would choose to be alone, imprisoned by their broken memories?

アンガス・バンビー:
私が自由にしてあげるよ、アリス。

I'll set you free, Alice.

記憶は忌むべきものであることのほうが多いんだ

Memory is a curse more often than a blessing.

アリス・リデル:
それは何度も聞きました。でも...

So you've said. Many times. And...

アンガス・バンビー:
もう一度言おう、過去には代償が必要なのだ。

And I will say it again. The past must be paid for.

次の診察の前に、ハイ・ストリートの薬局で薬を受け取ってきなさい

Now, before our next session, collect those pills from our High Street chemist.

アリス・リデル:
わかりました、先生

Very well, doctor.

チャーリー:
次はぼくが忘れる番だよ、アリス!

It's my turn to forget, Alice!

アンガス・バンビー:
チャーリー、お父さんはねぇ、君をぶっていたお母さんを殺したから、絞首刑になってしまった。でもそれは忘れてしまおう。

Now, Charlie. Your Pa was hung for killing your Ma, who beat you. Let’s forget that,

過去はもう死んだんだ、チャーリー...

shall we? The past is dead, Charlie.

みすぼらしい家、家族じゃない家族。どちらも元々なかったんだ。

The miserable hovel. The family that wasn’t. They never were.

お帰り、チャーリー。力を抜いて、浮かんでるのを想像して...

You’re home now, Charlie, relax, you’re floating...

いいかい? 彼らはもういないんだ

listen... They’re gone.


・ロンドンの町中に出たアリス。一匹の白猫を見つける。


アリス・リデル:
ネコちゃん。おいでおいで! 怖がらないで!

Hello puss. Puss, puss, puss, puss! Don't be afraid!

ふさふさした動物を追って暗い穴に入るクセがついたみたい。悪いことじゃないといいけど

Seems following furry creatures into dark holes has become a habit. I hope it's not a vice.


・袋小路に辿り着いたアリスは、プリス・ウィットレスと出くわしてしまう。


プリス・ウィットレス:
まあ驚いた、アリス・リデルちゃんじゃない! また遊びに来たの?

My stars and garters, Alice Liddell! Slumming again, are we?

アリス・リデル:
ナース・ウィットレス! 運がいいわ。 この2ヶ月で2回目ね

Nurse Witless. What luck, twice in as many months.

プリス・ウィットレス:
1人なの? 何だか疲れてるみたいだけど、調子でも悪いの?

Out on your own. You look frazzled dearie. Not doing well?

アリス・リデル:
そんなところね

Not really.

プリス・ウィットレス:
だったらうちに寄って、ハトたちを見ていきなさいな。

Come along home then, and look and my pigeons.

あなたと同じでかわいらしいのよ

Pretty birds like you.

アリス・リデル:
やめておくわ。

I don't think so.

前に行った時は、何ポンドもしたのに何にもなかったもの

Our last visit cost me several pounds and got me nowhere.

プリス・ウィットレス:
あの薄汚れたウサギがどこへ行ったか、思い出してあげられるかも

I might recall where your mangy rabbit got to.

プリス・ウィットレス:
相変わらずね。当然だわ。目の前で家族が栗みたいに丸焼きだもの...

Still a mess, no surprise. Her kin roasted like chestnuts right before her eyes.

ラトレッジ病院での10年間は、皆の時間の無駄だった

Ten years in Rutledge Asylum wasted everyone's time!

バンビー先生も似たようなものでしょうよ

Dr Bumby won't do better.

いまだに例の質問をしてくるわ... 火事と、記憶と

Still hauling out her questions: the fire, her memory.

私の都合も考えてほしいんだけど

I deserve consideration, don't I?

新しい服を買ってあげて、バンビー先生に紹介したのは誰よ?

Who found her her new clothes? Who got her a place at Bumby's?

私がいなかったらどうしてた? 道端で男を相手にお金を得るしかなかったわ

Where she'd be without me? On the street, selling her backside!

うちのハトたちは好きみたいだけど

Likes me pigeons, though.

たまに1、2ポンドくれたりしたわ

She's doled out the odd pound or two.

でも私が知ってる事実は、それより遥かに高価なはず。秘密は守ってるでしょ?

But I know what's worth more than that! Kept her secret, haven't I?

言ってたわ、「みんな私のせいで死んだ。助けられなかった」って

Heard her say 'All died on my account, I couldn't save you!

彼女に、あたしの沈黙を売ってあげるよって行ったんだ。安値でね

I've told her my silence is for sale, cheap!

あたしは悪い人間じゃない。あのえらぶった乳母、ナニーと違ってね! もしはあのウサギを持ってっちゃった弁護士、ラドクリフってやつとか

I'm a good sort, really, not like her nanny, that uppity whore! Or that lawyer fellow Radcliffe took her stupid rabbit!

お金が欲しいわ。私の生活費を寄付してくれないと、警察に話すって彼女に言ったの...

Need money... warned her I'd tell the coppers if she didn't make a 'donation' to my upkeep.

そしたら叫んで、そのうち錯乱しちゃって。聞いた話じゃ、自分の名前も思い出せない日があるって

She yells and goes off her head. Days she can't remember her name, what I heard.


・プリス・ウィットレスの家に移動するアリス。


アリス・リデル:
ナース・ウィットレス、私を傷つけて 病院に送り返すつもり?

Nurse wittless, do you harm me? To send me back to the asylum?

プリス・ウィットレス:
否定はしないわ... ひどくのどが渇いているの...

I won't say no, I've a thirst you could photograph...

何か飲まなきゃ...

Need a drink...

渇いているのはノドだけじゃないのよね...

More than my whistle needs whetting...


・振り向くとプリス・ウィットレスの顔は怪物のそれになっている。
・意識を失っていくアリス。


声:
あなたと同じでかわいらしいのよ,,,

(英語字幕なし)

家族を殺しちゃったのさ!

(英語字幕なし)

・ワンダーランドへと降り立つアリス。

アリス・リデル:
不快な旅だったわ。けど、あのナースからは逃げられた

Very upsetting journey. But I'm rid of Pris... or whatever she's become.

少なくとも、いくらか見おぼえのある場所に着いたようね

At least the place I've landed is somewhat familiar.


・虚空からあらわれるチェシャ猫。


チェシャ猫:
やっと来たか、アリス

About time too, Alice.

アリス・リデル:
またあなた? からかわないほうがいいわよ。

Blasted cat! Don't try to bully me!

今はとてもイライラして、ギリギリの状態なの

I'm very much on edge.

チェシャ猫:
そいつは素晴らしい。

Purrrrfect.

ギリギリのところにいてくれなきゃ、場所を取り過ぎてしょうがない

When you're not on edge, you're taking up too much space.

アリス・リデル:
この役立たず!

You're no help at all.

チェシャ猫:
でも、知ってるだろう? 時には...

But you know I can be.

アリス・リデル:
あなたの手を借りなくても、恐怖心なら間に合ってるわ。

I'll frighten myself when necessary, thanks very much.

そういうものから逃げたかったのに...

I was hoping to escape from all that.

チェシャ猫:
希望なんて捨てたほうがいい! 今のワンダーランドは

Abandon that hope, Alice. A new law reigns in this wonderland.

新しいルールが幅を利かせてる。色々と理不尽な正義だらけさ。

It's very rough justice all around. We're at risk here. You be on your guard.


・見覚えのある場所にさしかかるアリス。


アリス・リデル:
この道は前に通ったわ。いいものは小さな包みに入ってる...?

I've been down this road before. Good things in small packages?

チェシャ猫:
水着はないかもしれないが、ひと泳ぎせずにはいられまい?

Though lacking a gating costume, a plunge in that pool is in order!

アリス・リデル:
この薬,.. 体が縮んでる! このまま消えてしまうの?

My God! I'm shrinking in this potion! Shall I disappear?

チェシャ猫:
惜しい!消えはしないさ。

Almost.

まあ、大きかった時に見えなかったモノが見えるってとこだ

but the upside is that while smaller you can see things that are nearly invisible to your bigger self.

アリス・リデル:
なるほどね!「木の葉を隠すなら森の中」の反対ってわけね。

Ah! I get it! Quote! "Forests for the trees";

目の前しか見えない、っていうのはどう見るかだけの問題じゃないのね

just the other way 'round. Short-sighted is more than a matter of perspective.


・最初の武器、ヴォーパルナイフを手に入れるアリス。


チェシャ猫:
ヴォーパルナイフはスピードが速く、鋭い。

The Vorpal Blade is swift and keen.

いつでも頼りになる武器だ

And always ready for service.

アリス・リデル:
ケンカするためにここに戻ったわけじゃないのよ

I've not come back here looking for a fight.

チェシャ猫:
そうかい、そいつは残念だ。ケンカのほうは君を探してるのにな

Really? That's a pity. One's certainly looking for you.


・現れるワンダーランドの怪物。


アリス・リデル:
醜くて気持ち悪くて邪悪な化け物ね!

Ugly, gross, and evil in a single monstrosity!


・懐かしい顔に再会するアリス。


公爵夫人:
あら、また来たのねアリス。近くにおいでなさい

Ah, it's you again, Alice. You may approach.

アリス・リデル:
近寄ってどうするの? 私を食べるんでしょ?

Why would I do that? You want to eat me!

公爵夫人:
それがね、あなたにお行儀を直されてから

Yes, well you taught me manners

イカれた娘を食べたいと思わなくなったのよ。

and I lost my taste for mad women;

今じゃブタ肉しか食べてないわ。

strictly a porcine diet for me.

ベーコンと一緒に食べればどんなものでも美味しくなる、そう思わない? もちろんそう思うわよね。

Everything's better with bacon, don't you agree? Of course you do.

さあさあ、そこにブタ鼻があるはずよ。

Now, there are Pig Snouts scattered about.

家の裏で何匹か騒いでたから、とってきてもらえるかしら。

I heard a few behind the house: go fetch them for me.

害虫どもに邪魔されたら、コショウをかけてやっつけてちょうだい。

But take care of the pests that block your way. Pepper them up if they do.

風味をつけなきゃいけないんだけど、メインはあなた... じゃなくて、味を添えるのはあなたの役目よ。

They need spice and you're just the dish-ehm-girl to season them for me.

そのペッパーミル、なかなか使いやすいのよ

You'll find that grinder serviceable.

アリス・リデル:
ブタ鼻の香りつけぐらい、自分でやればいいのに

Why not season your own pig parts?

公爵夫人:
優先順位の問題よ。

Matter of priorities.

この白くて滑らかな柔肌が、おぞましい化け物たちに傷つけられたら大変。

My alabaster skin needs protection from the disgusting creatures running amok amidst the environs.

思い出すとイライラしちゃうわ。

But one gets peckish.

いい、ブヒブヒ鳴くのが聞こえたら鼻のとこを狙って当てるだけよ。それだけで美味しそうになるはず。

Look, all you have to do is listen for the oink, then shoot the snout. You may like the results.

楽しみだわ

I certainly will.


・アリスは首尾よくブタ鼻の香りづけに成功する。


公爵夫人:
ブタ鼻をありがとう。さあ行ってちょうだい

Thanks you so much for the snout. Now go away.


・ワンダーランドは、以前とは比べようもないほどに荒廃している。


アリス・リデル:
ハッターは機械の故障が大嫌だったのに、この惨事は彼の仕業?

Hatter always hated mechanical malfunctions. This disaster is either his doing,

それともこれが造作になったのかしら。

or his epitaph.


・「涙の谷」を抜け、マッドハッターの領地へと辿り着くアリス。


アリス・リデル:
マッドハッターの領地だわ。それほど変わってなさそうね

The hatter's Domain. Almost as I remember it.

チェシャ猫:
外見は嘘をつく。君はよく知ってるだろう、アリス?

appearances, as you know better than most, can be deceiving, Alive.

前に来た時から色々変わってるぞ

Much has changed since your last visit.

アリス・リデル:
バンビー先生によれば変化は「前向き」で、「違い」は良いことのはずよ

Dr. Bumby says change is 'constructive'; that 'different' is good.

チェシャ猫:
違いは善し悪しの話じゃない。「同じじゃない」というだけさ。

Different denotes neither bad nor good, but it certainly means 'not the same'.

ハッターを探すんだ、アリス。君より「違い」に詳しいはずだ

Find the Hatter, Alice. He knows more about 'different' than you.

アリス・リデル:
善し悪しについても、私より詳しいのかしら?

But does he know more about the difference between bad and good?

チェシャ猫:
友達を増やそうってのかい、アリス?

Making friends, Alice?

君はいつになく混乱した、予測のつかない危険人物だ

You're as randomly lethal and entirely confused as you ever were.

アリス・リデル:
ここまであなたの助けなしで来れたわ。穴ぐらにでも戻ってなさいな。

I've managed without you so far, Cat. Returns to whatever hovel's home to you.

もしも用ができたら呼んであげる

I'll call, if I need you.

チェシャ猫:
案の定、辛らつだね。「もしも」じゃなくて、「いつ」の問題なのさ。

Predictably rash. It's not a question of if, Alice, it's when.

さあつかまれ、そして「黙れ」

Now, hold on, and as they say, 'shut up'.

アリス・リデル:
ありがちね

So typical.


・アリスがのっていたリフトが壊れ、壁を破ってマッドハッターの住まいへ突っ込む。


アリス・リデル:
あまり優雅な登場じゃなかったわね。

I've made more graceful entrance.

何も壊れなかっただけでも感謝すべきかしら...

I suppose I must be grateful nothing's broken.


・マッドハッターと再会するアリスだが、ハッターはバラバラになり、見るも無残な姿となっている。


アリス・リデル:
ハッター、前に会った時はボロボロにはなってたけど、バラバラではなかったわよね?

Hatter, I recall leaving you in a decrepit condition, but not in pieces.

マッドハッター:
何だ、何事だ? ...ああ、君かい

What, what? Oh... It's you.

アリス・リデル:
何があったの? 帽子が見当たらないし、体も... 無い部分があるわ

What's happened here? You've lost your hat, and some... parts are missing.

マッドハッター:
違うの何のその。情勢を考えれば、違ってても惜しくはないな。

Missing, indeed. Though, things being what they are... I barely miss their missing.

何が起こったかについては、君のほうがわかってるはずだ。

As to what's happened. you should know better than I.

ここは君の場所だ。私は立場をわきまえている

It's your place, after all. I know my place.

アリス・リデル:
あなたが立場をわきまえたり保ったりできた事があって?

When did you ever know your place. or how to keep it?

で、何がどうなってるの?

Now, what's going on?

マッドハッター:
(日本語字幕なし)

Ahhhh. That's going on. And around, and up, and down, in my ears. through my ears, and up my nostrils, down may gullet and winding in my guts...

アリス・リデル:
お父さんは汽車が妙に好きだったけど、私はあんまり...

Papa was exceedingly fond of trains. I don’t like them much.

マッドハッター:
この鉄道は君のお気には召さないな。

You won't like this one at all.

ウミガメモドキが鏡の国の鉄道をきりもりしてた頃とはわけが違う。

Nothing like when Mock Turtle was in charge of the Looking Glass Line.

この鉄道は滅茶苦茶だよ。

This railroad's in bloody shambles.

臭いは最悪、光はまぶしすぎ、音はうるさいったらありゃしない...

The stink is ferocious; the light, blinding; the noise, hellaciuous, the...

アリス・リデル:
なるほどね、ハッター。それはひどそうね

Ah, quite, Hatter. I get the idea; a bad train.

マッドハッター:
世界が引っくり返ってる。患者が病院を経営し... って、こりゃ失礼。

The world is upside-down, Alice! Inmates run the asylum- no offense.

最悪なのは、紅茶がもうないってことだ

And worst of all... I'm left tea-less!

アリス・リデル:
悲劇ね。力になってあげたら、手を貸してくれる?

Tragic, I'm sure, but I'm a bit pressed for time. Have you seen a rabbit?

マッドハッター:
心にかけて誓うよ。心があればの話だが。

Cross my heart... If I had one.

手足をみつけて装置に放り込んでくれれば、あとは機械がやってくれる。

Find my limbs and toss them down the chute. Machines will do the rest.

わかったら行ってくれ。ものわかりのいい子だ。

Be on your way, now. That's a good girl.

あのクロックフェイスから出るといい

Best way out is through the Clock Face.


・マッドハッターのお茶仲間だった、ヤマネと三月ウサギによって支配されるマッドハッターの領地。
・彼らにマッドハッターの四肢が奪われてしまっている。


ヤマネの声:
(日本語字幕無し)

A good worker is a live worker. Free to live - and work! A bad worker is a dead worker; and vice versa.
Don't be a bad worker; bad workers are slaves, and dead. Payday for good workers has been postponed indefinitely.
Payday for bad workers is cancelled!


ヤマネ:
君は招かれざる客。我々には使命があるんだ。

You presence here in unwelcome. We have a mission to complete.

君は計画の邪魔にしか過ぎない。アツアツの金属をご馳走するよ。

And you are an intolerable annoyance.

「熱いのがお好き」とか言うけど、これだけ熱けりゃどうかな?

Some like it hot. But no one likes it this hot!

ヤマネ:
君の欲しがってる腕ならここだ。

I've got the arms you need.

いや、厳密に言えば、欲しがってるのはハッターか。

Well, strictly speaking... the Hatter needs them...

いずれにせよ君を潰して、もとい潰させてみせるよ!

well, it really doesn't matter. I'm going to crush you.


ヤマネ:
それ見ろ!「通る者の少ない」道が今度は完全に通行不能だ。

Take that then! The path 'less traveled' is now impossible to negotiate.

はははは! ここまで来れるものか。 無理に決まってる!

Hahaha. You can't reach me. No, not at all!


ヤマネ:
一時的な停滞。微々たる影響。ささいなつまずきだ!

A temporary set-back! A minor hindrance. A trivial impediment.

私は先に行かせてもらうよ、アリス。君の始末は後でいいや。

I'll just move along; I'll deal with you later, Alice.

我々の「偉大なる計画」は止められないよ!

You'll never stop our 'Grand Plan'!


三月うさぎの声:
(日本語字幕無し)
A workers' paradise. Fight the good fight! Work until you expire! Substantial rewards in heaven.
It is better to give labor than to receive pay for it! Words to live by! You can eat them too.
A workers' paradise and you don't have to die. Not a cheap slogan, we really care.


三月うさぎ:
しつこくしたごほうびに、苦痛を与えてやるよ。

Your dogged persistence will be rewarded with pain.

よせと言ったのに、耳をかさないからだ!

I told you to cease and desist and my warning goes unheeded!

さぁ、君には熱湯に入れられたロブスターの気分を味わってもらおう!後悔する暇もなくな!

So, without regret, you're about to feel like a lobster who's been tossed into the boiling pot.


三月うさぎ:
おお、これだこれだ。出力を感じる!

Aha! That's it. I can feel it surging!

もっと速くだ、野郎ども。 今、止まるなよ!

Faster, my fine feathered friends. Don't stop now!


三月うさぎ:
止まるんじゃないぞ! さもないと、ひ、ひ、ひど...

Don't you dare stop! Keep running, or so help me, I'll, I'll, I'll...


三月うさぎ:
やめろ、止まれ。もう十分。止まれって、この間抜けどもめ!

No. Stop. That's enough, now. Argh, stop your running, you blithering idiots!

我々を止められるとでも思ったのか。おバカさん! 先に失礼するよ。

You think that can stop us. The merest trifle! I'll be leaving now.

追いかけてきても 追うだけムダだよ!

You'll never catch me. Don't even try!

・マッドハッターの腕を先に取り戻した場合

マッドハッター:
自力での移動は、いい刺激になる!

Mobility will make a nice change!

完全に直るまで礼は言わないぞ。名誉、小椅子、ソファ、スツール。

Expect no thanks until I'm completely reconstructed.

アリス・リデル:
次は脚を回収しろって事かしら

(英語字幕なし)

マッドハッター:
そのどれにあぐらをかいても休まることはない...

No resting on laurels, chiffoiners, chaise lounges, mean folding chairs, stools...

・マッドハッターの足を先に取り戻した場合

マッドハッター:
手先が使えるのは、いい刺激だ!

Dexterity will make a nice change!

完全に直るまで礼は言わないぞ。名誉、小椅子、ソファ、スツール。

Expect no thanks until I'm completely reconstructed.

そのどれにあぐらをかいても休まることはない...

No resting on laurels, chiffoiners, chaise lounges, mean folding chairs, stools...


・四肢を取り戻し、復活するマッドハッター。


アリス・リデル:
約束の通り、あなたを直してあげたわ、ハッター。

I finished my work and you’re complete, Hatter.

例の「いまいましい」汽車について聞かせてくれる?

Now, what about this “damnable” train?

マッドハッター:
生まれ変わった、もとい作り直された気分だ。

I feel like a new man! - or whatever I am.

伸びる前のバネ、錆びる前の歯車、飛び込んでくる染みひとつない金属片のようだ!

I feel like an unsprung spring; like an uncorroded gear; like an untarnished bit of metal that sticks in your eye!

アリス・リデル:
答えて、ハッター。まったくわからないわ。この変化の原因はなに?

Answer me, Hatter. I’m suffering. And changes here a cause;

なにかを反映しているの? それとも結果? 一体...

or they’re a reflection. Or the effect…

何が起こってるの?あたらしいルールって一体なに?

What’s going on? What are the new rules?

マッドハッター:
規則とは、すぐそこで待っているものだ。

The law is just...Just a whisper away...

ルールは誰が生み出したのか、ルールをどう評価するのか、それを知るのは誰なのか、この容赦ないルールを...

A way home to wonder...Wonder who...Who knows how to measure rules...With a ruler! Cruel rules...

アリス・リデル:
馬鹿みたい。直すんじゃなかったわ。

Idiot. I should have left you in bits.

ねえ、せめて何が起きてるのかヒントを教えて

Come. The least you can do is help me discover what's going on.


・アリスを抱え、領地の上層へと飛んで行くマッドハッター。


マッドハッター:
時計の部品を組み立てれば何とかなるだろう...

These clock bits will be our macadam, our road into Assemblage.


・道がふさがっている。


マッドハッター:
諦めるなよ、アリス。この扉は開けてみせる

Courage Alice I'll get this door open.

マッドハッター:
考えようとしてるんだが、何も浮かばない。ああ、よし、思いついたぞ!

I'm trying to think, but nothing happens. Ah, there. now I've got it!

マッドハッター:
調子が出てきた。そう長くはかからんはずだ

Oh, yes. I'm on a roll. It won't be long now.

マッドハッター:
いつまでもゴチャゴチャやってられんからな。行くぞ! 私に続け!

I can't be cabobbled forever. We're in! Follow me.


アリス・リデル:
ひどい揺れね。何が起きてるの?

This feels like an earthquake. What's happening?

マッドハッター:
私が知ってそうに見えるのか? 君も判断力の低下が著しいな

Do I really look like I know? Your jugdement must be severely impaired.


・ヤマネと三月ウサギが、巨大な機械に乗って襲い掛かってくる。


アリス・リデル:
揺れの元凶を見つけたわ。原因はあの2匹? 何を企んでるの?

We've found the source of the shaking. But are those two quaking. What are they up to?

ヤマネ:
我々を止められると思うなよ、間抜けなハッターにアリス。

You'll never stop us, silly Hatter and Alice.

もう止められない、手遅れだ。ハッハッハッ!

It's left. You're too late. Hohohooo!

マッドハッター:
身の程知らずで、傲慢で、本当にテーブルマナーのなってないやつらだ。

The insolence! The arrogance! The inexorable table manners!

ワンダーランドの破壊者だな、冒涜し、ひんむき、引っかき回す。...

They are destroyers of Wonderland! Defilers! Diluters! Derangers! Delightful...

アリス・リデル:
何と素晴らしい... あの地獄の汽車はワンダーランドを破壊させるために生み出されたの?

Did they actually create that infernal train to destroy Wnderland?

マッドハッター:
どうでもいいことだ! 万死に値する!

What does that matter? They deserve to die!

マッドハッター:
こら! 今すぐ私を下ろせ! もう許さん...

Aargh! Put me down this instant! I ought to...

ヤマネ:
おしゃべりは十分さ! 勝負だよ、お嬢さん!

Enough talk! Battle time, missy!


・ヤマネと三月うさぎの機械は、あっけなく壊れてしまう。
・崩れ出す領地。


マッドハッター:
あああ、私の大切な領地が! それにお客も!

Nooo! My precious domain! And the guests!

もう一度お茶会をやりたいだけだったのに!

All I really wanted was another tea party!

アリス・リデル:
お願いよ、ハッター。約束したでしょ。

Please, Hatter. You promised.

あの汽車はどこへ向かったの? 何のために? 今すぐ教えて

Where is that train going? What’s its purpose? Tell me, now!

マッドハッター:
そんな話... どんな話か知らんが、とにかく、してる場合じゃない。

There's no time for... Whatever it is you want to talk about!

お茶の時間だ。鏡の国の鉄道の話はウミガメモドキにでも聞いとくれ

It's time for tea! Talk trains with Turtle, he ran the Looking Glass Line.

どうした、おまえたち。まだ仲直りできるだろ。

Come on you lot. We can still be friends.

良質なダージリンがあるんだぞ。さあ飲んだ飲んだ! はははは...

I've got a fine Darjeeling. Drink! Drink!

アリス・リデル:
記憶が粉々になってる。破片を集めようとしてるんだけど、あの汽車に邪魔されてる気がするの。

My memories are shattered. I’m trying to collect the pieces and I now believe the train impedes me.

手を貸してよ、約束でしょ?

You must help me, you promised!

マッドハッター:
「自らを助ける者を助ける」とかいう奴に頼めばよかろう。誰だか知らんが

Ask the one who 'helps them what helps themselves'. Whoever that is.


・マッドハッター、瓦礫の下敷きになる。


アリス・リデル:
わかりやすいわね。彼は死んで当然よ。私は紅茶に、じゃなくて無知の海で溺れそう...

Very pithy. He deserved to die. And I’m about to drown in tea… in ignorance!
スポンサーサイト
 
 

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第二章 欺きの底

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第二章 欺きの底


・流されていたアリスを男たちが引き上げる。

男:
川の精霊を捕まえたぞ

Caught me very own river nymph.

男2:
天に感謝、神の気まぐれだ! どうすんだよ?

Saints be praised! HE works in mysterious ways. Got plans for her?

男:
おんぼろ人魚亭に連れてって、部屋でも借りるさ

Take her over to the mangled Mermaid. Rent a bed.

男2:
ケンカの合間に口説けるのか?

Hard to woo a gal midst a brawl.

男:
自然の流れってやつさ

What comes natural, like.

アリス・リデル:
どこが自然なの! 寄らないで!

It's not natural to me. Get away!


・ネコが逃げていく。


アリス・リデル:
あの白いネコ、うちのスノードロップを思い出すわ。

The white cat reminds me of my Snowdrop.

ナニーも知ってたはず

Nanny knew her.


・通行人に声をかけられるアリス。


男3:
角のある女は、きっと角の立つ遊びが好きなんだな

Tart with some rough edges likes everything rough, I'll wager.

アリス・リデル:
素敵な申し出だけど... もう別の殿方とお約束してるの

A handsome offer, but... I've got an appointment, with another man.

男3:
堅い事いうなよ、お嬢ちゃん

Well, girl, how hard you want to make this?

アリス・リデル:
先生によると、私はひどい病気なんだそうよ

You should know the doctor says I've terrible disease.


・通りを進むと二階の窓と地上との間での言い争いが起きている。


ナニー:
私の金は? このごうつくばり!

Where's me money, you fucking spank bucket!

ジャック・スプラッター:
ケツのでかい女どもをさっさと外に出さねえと、どたまカチ割るぞ

Get those fat-arsed whose out on the street or I'll come up and brain ya.

ナニー:
おととい来やがれ、クソ野郎。ロング・ティムが黙ってないわ!

Sod off, you cockersnipe. You'll never get past Long Tim!

ジャック・スプラッター:
お前たちには、ちゃんと払うもん払ってもらうぞ。今に見てろ

I'll get what you and your floozies own me, Miss lady bird. see if I don't.

ナニー:
そう言われて小便ちびるとでも思ってるのかい

maybe ya noticed I'm not pissin' my drawers at the prospect.


・ナニー、アリスに気がついて呼びかける。


ナニー:
アリス・リデル! あんたなら新しい変化を吹き込めるかもね。

Alice Liddell! You'll make a nice change.

こっちへいらっしゃい

Bring your dishevelled self up here.


・ナニーのところへいってみるとジャック・スプラッターの姿。


ジャック・スプラッター:
出すもん出さねえと、この掘っ立て小屋を燃やすぞ

You won't give me what I want, I'll burn this dump of yours down to the ground.

アリス・リデル:
やめて!何の恨みがあるの?

Go away! She's done no harm!

ジャック・スプラッター:
気分を害されたのさ

She hurt me feelings.


・アリスを殴り倒すジャック・スプラッター。吹き飛んだ燭台が引火する。
・意識を失ったアリス、ワンダーランドへ。
・ワンダーランドで少し進むとウミガメモドキ。


ウミガメモドキ:
乗りなさい、アリス。手遅れのようだけど

You better come aboard, Alice. We're doomed, of course.


・ウミガメモドキは難破船のサメに襲われている。


アリス・リデル:
えっ? 望みはないの?

What? There's no hope、here?

ウミガメモドキ:
そりゃ、希望の総量は無限だよ。僕らの分がないってだけ! さあ、早く!

Oh, there's an infinite amount of hope, but none for us! Now, get up here!


・サメが群がる。


ウミガメモドキ:
血迷ったケダモノめ! ボクの船を狙ってるな...

Confounded beasts! They want my ship!

アリス・リデル:
あなたのほうがあいつらの口に合うんじゃない?

I think you're more to their taste.

ウミガメモドキ:
馬鹿な! 親せきみたいなものなのに!

Never! We're almost relatives.

アリス・リデル:
いいダシが取れるのは提督のほうでしょ?

You're related to soup. Admiral.

ウミガメモドキ:
いいこと思いついた!

I've an idea!

このメチャクチャを抜けだして大工の奴のショーを観に行こう。

We leave this mayhem and go to Carpenter's show.

おふざけならあっちのほうがいい。

It's better than a gaff.

あいつを見てると気楽にやってればやっていけるって思える

Carpenter promises what we don't take seriously can't harm us!

アリス・リデル:
今のうちに潜ったほうがいいわ、提督。サメのお昼にされないうちに!

Best dive now, Admiral, or the sharks will have us for lunch.


・潜水した船。海底の世界へと到達。


アリス・リデル:
あいたた。全身が痛いわ。急に潜りすぎたみたい!

Owww. My body aches all over. We submerged too quickly!

ウミガメモドキ:
船もボクも大破だよ

My ship's a wreck, and I am, too.

アリス・リデル:
提督は船と命運を共にするものよ

Admirals go down with their ships.

いずれにせよ、船乗りとは知らなかったわ。

In any case, I never knew you for a sailor.

記憶が正しければ、鏡の国の鉄道で駅長をしてたんでしょ?

If memory serves, you were station-master of the Looking Glass line.

ウミガメモドキ:
それが、鉄道から問答無用で首にされたのさ。

Hmmm. Sacked from the rail-road without the option.

馬鹿どもに「余剰人員」呼ばわりされたよ

"Redundant", the nitwits said.

一度も休まず、ブルドッグのように忠誠を尽くしたのに。

Never a holiday, loyal as a bulldog.

「方向性を変える」とか言ってたけど、冗談だろ。むしろ脱線だな! ひどいもんだ

"Going in a different direction", my aunt Fanny, if I had one. Going off the rails, more like! Bloody disaster.

今じゃ船もないし、古い鉄道は死んじまってるし... 新しいほうは化け物じみてる...

Now, I'm shipless. The old rail-road's dead, and this new thing's a montrosity! It never runs on time.

知らない分には害になることはない。それ以上言うな、言わなくてもわかるさ

Engineered at the sleep of a switch. What I don't know about it can't hurt me. Say no more. Nod's as good as a wink.

ウミガメモドキ:
話題を変えたまえ!

Change the subject!

口にすべからざるアレについては、言及を避けるものだろう?

We avoid speaking about the thing whose name should not be spoken.

アリス・リデル:
なら、あの新しい「汽車」について何か役立つ話を聞かせてくれる?

Hearing something useful about this new "Train". would make for a change.

君は他人の苦しみを軽んじすぎだ。

You don't respect the suffering of others.

質問と生意気なひと言はイモ虫にでも話してくれ

Go ask your question and smart remarks to Caterpillar.

アリス・リデル:
ごめんなさい、提督。本当に。

I'm sorry, Admiral. Really-Please...

お願いだから、汽車について知ってることを教えて

tell me what you know about he train.

ウミガメモドキ:
伝染する汚濁から逃げ延びたんだ、とだけ言っておこう。

I'll just say we've escaped a contaminating corruption.

ここにいれるのは幸運なんだぞ

Count yourself lucky to be down here.

アリス・リデル:
私は逃げたいんじゃなくて、止めたいの。

But I don’t want to escape. I want to stop it.

自分と、ワンダーランドを救うにはそうするしかない...

I must stop it to save myself… and Wonderland, too.

ウミガメモドキ:
馬鹿げてる。馬鹿げてるよ。横道こそ本道さ。

Nonsense... Speak more nonsense. Diversions rule the day.

ショーは続けなきゃならない。そうそう、ショーと言えば...

The show must go on, and so on... Speaking of shows...

アリス・リデル:
言ってないわ

We weren't

ウミガメモドキ:
まあいい、とにかく。大工のやつが主催するショーのチケットをあげよう。

Yes, well never mind. Here's a ticket for the show Carpenter's mounting.

使ってくれ

Use it.


・大工の劇場に辿り着くアリス。


大工:
おお、アリス。また会えてうれしいよ。

Ah, Alice. Delighted to see you again, my dear.

君の登場はまさしく幸運性に満ちあふれている...

Your arrival is filled with fortunate-ality itself.

アリス・リデル:
そうかしら? それは意外... だわ

Really? I..Didn't even know...

大工:
まあいいさ。僕のショーがいよいよ破水しそうなんだ...

Never mind. My pregnant show is about to pop...

君からいささかの手助け性を借りたい

It requires only a medicament of your helpful-osity.

アリス・リデル:
私は不慣れだけど、作り直さないといけないのよね、自分の...

I don't hanve much experience., but I do need to reconstruct my...

大工:
交換条件といこう。新品同様のドライバーをあげてもいいし、

We can barter. I have screw-driver nearly new,

他が良ければ使いやすい金づちとか...

or a nice hammer, if you're more interested in...

アリス・リデル:
ワンダーランドを汚してる汽車があって、それを止めるか壊す手を探してるの

There's train that's corrupting Wonderland, and I'm looking for for restrain or destroy it.

大工:
それは極上のイラツキ性を伴うだろうね。

Most vexatatious, no doubt.

その化け物は直接、もとい、いずれ何とかしよう。

We'll adress that ah, monstrosity directly, that's to say, eventually.

今はもっと大事な話を交わそうじゃないか。

Now, let's intermidiate more important matters.

計画性のつまずきが原因で

Due to a logisterical foul-up,

ショーに欠かせない物を集める必要があるんだよ

some of the show's requisites need to be gathered.

自由な発想の台本がいるな、脚本家が想像力過多で、終わりかたを何通りかで決めかねている

The munificent script needs fetching. The writer's overly imaginative and is exploring several endings.

その次は、調子っぱずれな曲をショーのために用意してもらいたい

Then you'll need to assemble the show's tune-deaf music.

最後にショーの美味しい、もとい、いい味を出す役者たちを集めてほしい。

And finally gather our stars: the show's tasty... nay tasteful performers.

すぐに出発してくれ。急を要する要件だからな

You should leave now. The essentiality of haste is essential.

アリス・リデル:
ショーの準備は全然できてないみたいね。

It hardly seems you're ready for the show.

それって、自力じゃ無理なの?

Why can't you assemble these things yourself?

大工:
座長たる者、打ち合わせや、カモの料理やら、魚のフライやら、ニューキャッスル行きの石炭やら、いろいろあるのさ。

An impresario has arrangements, ducks in a row, fish to fry, coals to Newcastle, etcetera etcetera.

脚本家から台本をもらって来てくれ...

Fetch the script from the writer,

そうすりゃ喋るなり述べるなりたべるなりできるさ

then we can batter or clatter or natter as the case may be.

アリス・リデル:
偏屈な脚本家じゃないんでしょうね?

Is the writer cantankerous?

大工:
君のような名声性のある御方相手に?

To a personage of your distinguished repudiation?

考えただけで顔が真っ赤っかだ。それはそうと、タコなんだ彼は。

I blush at the notionality. He's an octopus, by the by.

あっちのほうに住んでる。それじゃ!

Lives over that way. Tata!


・タコの住処に辿り着くアリス。


アリス・リデル:
長年寝かせた蒸留所みたい。口臭や尿の臭いもするわ...

Place smells like a ripe distillery. With a whiff of halitosis and urine.

タコ:
認められざる才覚の芳香だ! わかったらサッサと消えてくれ!

It's the scent of un recognized genius, so piss off!

アリス・リデル:
ダブリンの醸造所以上に人影がないわね...

More empties than a Dublin brewery...

大工に言われて来たのよ

The Carpenter sent me.

タコ:
その大工だが、小心者の小金持ちの小姑気質の小馬鹿野郎だ!

For starters, the Carpenter is a pusillanimous, parsimonious, pettifogging moron.

アリス・リデル:
確かにそうね。けど、台本が必要だから取りに来たの...

That's as may be. But he set me for the script. I need...

タコ:
必要がどうした。俺に必要なのは酒だが、知ったこっちゃないだろ?

Your needs are shite! I need a drink! Who cares.

脚本業を低迷させやがったヤツラをとっちめる必要はあるが、見つかりゃしない。

I need those responsible for my abortive career in chains, no joy.

愛とは何かを知る必要があっても、この世にゃ当てがない。

I need to know what love is! The world is mum.

今の俺に必要なのは「かくれんぼ」だ。

Just now, I need a dose of hide and seek.

俺を「3回」見つけてみろ、お嬢さん。

Find me thrice, fair maid,

素早く見つけ出せたら、話を聞いてやろう

be quick about it. Then we can deal.


・タコを一回見つける。


タコ:
簡単すぎるな、これじゃ!

This is too easy!


・タコを二回見つける。



タコ:
今回は見つかったが、次はそうはいかないぞ!

Oh, you have me now, won’t have me again.


・タコを3回見つける。


タコ:
負けも遊びのうちさ。お見事、君の勝ちだ。いい勝負だったぞ。

It’s all in the game. A fair caught! You’ve won! You’re a good sport,

誰も死ななかったしな。書斎に来てくれ。

and no one died! Join me in the library.

支払いを誤魔化したりはしない

Unlike some, I don’t welsh.


・ピアノに向かうタコ。


タコ:
大工の注文は、生けるものの定命性をテーマとした歌劇だ。

The Carpenter commissioned a song and dance number on morality,

芸術や良識はどこ吹く風。

art and good sense be damned.

奴は笑いとバカバカしさ適度なドンチャン騒ぎを全編に入れろと言ってきた。

He demands mirth and silliness, and a straight debauchery all round.

セイウチが主演で死神の役だ。信じられんだろ!

The Walrus will do a hero turn as Death. Imagine!

台本は俺が劇場に持ってくよ。行く所あるんだろ?

I’ll bring the script to the theatre, you can be on yer way.

どうせ大工に言われて、魚の歌い手を探してるんだろ?

No doubt Carpenter’s got you collecting piscine divas for the musical portion,

あいつはろくな人材を連れてこない!

the man rarely hires a proper talent.

歌える魚もいるが、すべてがそうではない...

Some fish can sing! But not all.


・続いて、音楽魚のもとを訪問するアリス。


音楽魚:
まるで違うわよ!

It's all wrong!

耳があったら痛めてるところよ!

If I had ears, they'd be hurting!

アリス・リデル:
音楽の素養はそんなにないけど... 音を外してない?

I'm not terribly musical, but you seem out of tune.

音楽魚:
しょうがないの。

It's not my fault!

パイプが詰まってるせいで、自分の音が聞こえなくて...

I can't hear my notes! The pipes are obstructed!

アリス・リデル:
なるほどね。何とかしたらどう?

I can see that, why not do something about it?

音楽魚:
自分でやろうとして、傷つけでもしたら? お願いできないかな

And endanger my vocal chords? You might do it for me?

アリス・リデル:
ここでは誰もが言い訳ばかりで、自分で何もしようとしない。

Everyone here has an excuse for doing nothing!

あの病院を思い出すわ

Reminds me of the asylum...


・ひとつパイプを修理する。


音楽魚:
とっかかりとしては悪くないけど、もっと頑張らなきゃ、

You've made a respectable start to it; but a decent job would require considerably: more application...

ちゃんと終わらせたとは言えないわ。やるならちゃんとやりたいでしょ?

I'm sure you'd like to do a decent job.


・ふたつパイプを修理する。


音楽魚:
それは良かったけど、私の声域だとオーケストラが万全じゃないと駄目なのよね

It's all well and good, but my range a fulls functional orchestra.


・みっつパイプを修理する。


音楽魚:
どうもおかしいな。音がうまく見つからない

There's something wrong! I can't find the time for the notes!

アリス・リデル:
失くしたわけじゃないでしょ。ちょっと置き忘れたとか。

It's surely not lost, perhaps mislayed.

音痴を直すお手伝いをするわ。重症じゃなきゃいいけど...

I suppose I'll have to help you carry the tune. Better be light.


・音楽魚の音を合わせる手伝いをするアリス。


音楽魚:
きっとお客さんも感謝してくれるよ

The audience will be grateful for your efforts!

役者たちのつたない演技も、私の曲で映えるはず。

The performers' meager efforts will be enhanced by my musical score!

この目覚ましい報せを伝えてもらえる?

Please wake them with this exciting news!


・カキの俳優を呼びに行くアリス。


カキの新人俳優:
夢を見てたのに邪魔されちゃった。

You just interrupted my dreams.

さあ、そろそろショーに向かおうかな

Oh well, off to the show, I suppose.


・二人目のカキの俳優を発見。


カキの新人俳優2:
スターがまだよ。星よ、スターよ!

We still need the star! The star! The star!


・三人目のカキの俳優は、アリスに助けを求めてくる。


カキの新人俳優3:
助けて、アリス! ショーのポスターが台なしに!

Help me, Alice! This poster for the show, it's ruined!

元に戻せなかったら、大工に粉々にされちゃう!

If I can't put it back together, Carpenter will grind my pearls!


・ひとつピースを回収する。


カキの新人俳優3:
ポスターを今すぐ!

I need the poster now!


・ふたつピースを回収する。


カキの新人俳優3:
急がないと!いつ来るかわからない!

Quickly! They could be here any minute!


・みっつピースを回収する。


カキの新人俳優3:
早く、ショーが始まっちゃう!

Quick, before the show begins!


・すべてのピースを回収する。


カキの新人俳優3:
ポスターを直すのを手伝って

Help me put the poster back together.

カキの新人俳優3:
どうなってるの? これはどこの部品?

How does this work? Where do these pieces go?


・蘇るポスター。


カキの新人俳優3:
さあ、熱狂的なファンの待つ劇場に戻ろう!

Let us resume our place, before our adoring fans, at the theatre.


・劇場に戻る途中、セイウチに乗った大工に出くわすアリス。
・大工は劇場への道を破壊してしまう。


アリス・リデル:
あなたは座長どころか、人殺しじゃない! 犯罪計画の首謀者よ!

My god you're not an impresario, you're a killer! The mastermind of a criminal enterprise!

大工:
この世はそこまで白黒はっきりしてないよ、アリス

This world is not so either/or, Alice.

アリス・リデル:
言われたとおりにしちゃったわ!

And I've done your bidding.

大工:
君は雑用をいくつかこなして、手を汚してくれた。まあそんなとこだ。

You did a few errands, got your hands dirty. Big deal.

ショーが大衆の気をそらしてくれる。残念ながら君は現れない。

The show distrac-ulates the crowd. A shame you'll miss it.

船乗りたちの相手をしてもらおうか。さあ、君の出番だ

You need to deal with these sailors. It's your time.

セイウチ:
時間?時間だと?

Time? Time?

今は船と、船と、野菜と、王族と、王族と、ブタに羽根があるか否かを話す時間だろ?

The time has come to talk of ships and eh, eh, and vegetables and royalty and eh, and whether pigs have wings... and so on.

大工:
それはもういい、セイウチ君。

Enough of that, Walrus.

浜辺に砂が多すぎるとかわめいてみろ、君のアブラを朝食にいただく

You start wailing about there being too much sand on the beach, I'll have your blubber for breakfast!

アリス・リデル:
この恥知らず。約束したのに!

Shame on you Carpenter! You made a promise!

大工:
仕方なかったのさ。いつでもやりたいようにできるわけじゃない。

I had no choice. One can't always do as one would like.

君ならいいかげん、学んでいると思ったが...

I would have thought you'd know that by now.


・大工がさしむけた、亡霊。アリスに話しかけてくる。


さまよう亡霊の船長:
敵か?味方か?

Friend or foe?

アリス、誓いを果たさせてくれ。私には部下が必要だ。

Please Alice, help me fulfill my pledge! I need my men!

最初は敵意を剥き出しにしてくるかもしれんが、彼らの魂は閉じ込められている。解放してやってくれ。

They may be hostile at first, but their true souls are trapped! You must release them!

アリス・リデル:
彼らは平穏を欲しがってるの?

Do they want to be at peace?

自分で自分がわからなくなっている。

They do not know their own minds.

生者にありがちなことは、死者にもしばしばあるのだ

What's true of the living is often true of the dead.


・一人目の船員を倒す。


アリス・リデル:
待って、戻ってきて。私は救世主... みたいなものよ

Wait, come back here! I'm a savior, of a sort!


・一人目の船員の魂を解放。


さまよう亡霊:
解放してくれて本当にありがとう。こんな時が来るなんて...

Grateful thanks for releasing me, I never dreamed...

さまよう亡霊の船長:
そうだ、それでいい! 上出来だ

That's it, that's it! Good girl!


・二人目の船員を倒す。


アリス・リデル:
亡霊って、どうしてこうも鈍いの? 私は祈りへの報いなのに!

How can a soul be so ignorant? I'm an answered prayer!


・二人目の船員の魂を解放。


さまよう亡霊2:
船に戻してくれてありがとう...

Thanks for reuniting me with my ship!

さまよう亡霊の船長:
急ぎたまえ、アリス

Hurry along, Alice.


・三人目の船員を倒す。


アリス・リデル:
天使たちもこんな苦労をするのかしら?

Do angels have this much trouble?


・三人目の船員の魂を解放。


さまよう亡霊3:
それでいい これで船に戻れる!

That's the way, ah? It's back to the ship for me!


・すべての船員が揃う。


さまよう亡霊の船長:
大いに感謝するぞ、アリス。 我々にしてくれたように自分にも優しくな

Many thanks, Alice! Be as good to yourself as you've been to us!

野郎ども、錨を上げて前進だ。栄光の大海原へ繰り出すぞ!

Haul anchor and heave to, men! It’s the wide and glorious main for us!


・ようやく劇場へとたどりついたアリス。


大工:
紳士淑女の皆々様! ついにショーの始まりでーーーーーす!

Ladies and gentlemen! Welcome to the shoooooooooow!

アリス・リデル:
妙な内容のショーね...

Rather bizarre show.


・セイウチが降ってきてカキの俳優を押しつぶす。


セイウチ:
もう十分だろう。前座はもういい。いよいよ皆が待ち望んだ演目だ。

That's quite enough of that I think! That's enough preliminaries! Here's the performance you've been waiting

俺が偏見のない、鋭敏な笑いのセンスを持つことが証明される

for proves I am without prejudice and have a fine sense of humor.

ここに 武器や鎧を持ち込んでも 意味はない。

Sword and crown are worthless here,

みなさん、ご一緒に踊りましょう。地位は関係ない。踊りましょう。

I invite everyone to dance. Laborers,lawyers,church and gown all make their little prance.

突然やってくる死はごまんとある 悲しみも後悔もたくさんだ

This life is full of random death; And heaps of grief and shame.

「単なる事故」では気が休まる人は殆どいない 皆誰かのせいにしたいのだ

So few are soothed by "accident"; you want someone to blame.

火事に疫病、奇妙な病気 溺れて刺されて、

Fire, plague or strange disease; drowned, murdered or, if you please,

いや、もとい地下への怪談転げ落ち どれも唐突、誰も気にとめない

A long fall down the basement stairs; none are expected, no-one cares.

一所懸命働いて 汗が肌を伝って滴る

I often must work very hard; sweat running down my skin,

踊りが終われば一息ついて 食事を始められる

After the dance, I then must rest; And the eating can begin.

食事の時間だ。死は究極の釣り合いだ。食べられる権利は均等にある

Time to eat. Death is the ultimate equalizer! All have the right to be eaten.


・セイウチが集まった魚の観客を次々に食い殺していく。


大工:
さあさあ並んで、押さないで。順番はちゃんとまわってきますよ、遅かれ早かれね

Get in line creatures! Don't push. All will be served, so to speak.

アリス・リデル:
ひどいわ、ワンダーランドの破壊を尻目にたらふく食べてるなんて!

Wicked thing! Feasting while Wonderland is destroyed!

大工:
僕は君が探している敵ではないよ、アリス。

I am not the enemy you seek, Alice.

あのケダモノからワンダーランドのこの一角を隠そうとしたんだ。

I tried to hide this bit of Wonderland from that beast.

妥協策とは決してキレイ事ではない。

Appeasement's never clean.

それぞれが役割を果たさねばならない

We must all play our assigned roles.

君はポーンなのか、クイーンなのか?

Are you a pawn or a queen?

愚か者なのか、筋金入りのバカか?

An idiot or a practiced fool?

結果がどうであれ、自分が惑わされれた可能性を忘れるなよ、アリス。

However this turns out, consider the prospect that you have been misled, Alice.

その時は自問するんだ、「誰に?」とな

Then ask, by whom?

アリス・リデル:
そんな! あの汽車を動かしたのは誰? どこから来てるの?

Oh no! Who set that bloody train in motion?! Where has it come from?

大工:
君が来た時に現れた。そして君が今想像しうるよちもおぞましいものだ。あれは夢の死...

It arrived when you arrived. And it's more horrible than even you can currently imagine! The death of a dream!

イモ虫なら術を知ってるかもな...

Caterpillar may know how!
 
 

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第三章 東洋の森

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第三章 東洋の森


・ナニーといっしょに馬車に乗っているアリス。


アリス・リデル:
えっ... 一体何? 口の中が不快な血の味でいっぱいだわ!

Oh...What? The blood in my mouth tastes like bile!

私を殴った奴はどこなの、ナニー?

Where's the brute that hit me, Nanny?

ナニー:
きれいに気絶してるよ。死んじゃいない、あいにくだけど

Nasty prat's out cold. Not dead and more's the pity.

アリス・リデル:
何をよこせって?

What did he want?

ナニー:
いつものあれさ。自分で稼いでない金...

What they all want, money he didn't earn...

どうして首突っ込んだりしたんだい? 殺されたかもしれないよ!

What were you thinking butting into that mess? You could have been killed!

アリス・リデル:
ナニー、頭がメチャクチャなの。今でもひどい幻覚を見たり...教えてよ!

Nanny, my mind is in pieces. I still have terrible visions, and I need to know!

ナニー:
火事のことね... またその話。先に進まないとね、アリス。

About the fire... same as always. You need to move on, Alice.

あなたも私も...

So do I.

ナニー:
ま、少なくとも病院時代の脈絡の無いあれよりはましだ

Well at least she's not spewing that asylum nonsense.

「過去が死んだ、私が殺した。助けるべきだった!私が死ねばよかった!」って。

“My past is dead, I killed them, I should have saved them! I should have died!

彼女の精神はズタズタだったよ

Her mind was in shambles.

ラドクリフは、見覚えのある顔を見せれば彼女が目覚めるだろうと考えていた。

Radcliffe thought familiar faces would bring her around,

1年経つと、彼女の遺産に対する興味は薄らいだようだった。強欲な奴だ

After a year he lost interest in her inheritance, Greedy sod.

まだいつもの奇妙な質問をしてくる。言わせてもらえば狂気の沙汰だ!

Still, always asking his bizarre questions, a heavy dose of madness I'd say,

だけど、この世で正直者はバカをみるからね

but honesty's never the best policy, in this life.

昏睡状態じゃない時は、口を空け、目を車輪のように見開き、よだれを垂らしたり、時々悲鳴をあげたが、一度もまともな音は発しなかった。

When she wasn't comatose she gaped eyes like pinwheels; drooled, occasionally screeched, but never uttered a sensible sound.

そして子供らしく、秘密をしっかりと隠してしまった

And like the child she was, she kept her secrets close.


・馬車は中華街に差し掛かっている。
・怪しげな男が子供に声をかけている。


ナニー:
泥棒とロクデナシはゴキブリ並みにいるのさ!

Gonophs and lurkers! Common as cockroaches.

若い子たちは変態の餌食。

And those poor tykes are food for perverts.

カリバチが食べる罪の無いアリや、クモが狩る弱々しい獲物みたいに

Like the blameless ants that wasps consume, or a spider's feeble prey.

アリス・リデル:
ラトレッジで私の部屋に来たでしょ。一体何を...

You visited my room at Rutledge. What were you...

ナニー:
覚えてる?ラドクリフがしばらくお金をくれてて...

You recall that? Radcliffe paid me, for a bit...

独り身の女は、時に気乗りのしないこともやるのよ。わかるでしょ?

A woman alone sometimes does what she doesn't particularly feel like doing... as you know.

アリス・リデル:
ナース・ウィットレスが、あなたはつらい目に遭ってるって言ってたわ

Nurse Witless said you'd fallen on hard times.

ナニー:
あんな酔っぱらいとは違う。誰も傷つけちゃいない。

I'm no drunk like her. I'm hurtin' no one.

自分を売る暮らしも悪いもんじゃないよ...

Hooking's not a bad life...

アリス・リデル:
ロクデナシの男たちを除けばね。

Except for the pimps.

例のウサギをあなたが持ってるかも、とも聞いたわ。

She also said you might have my rabbit. Please Nanny, talk about...

お願いよナニー、話を...

Please Nanny, talk about...

ナニー:
火事の話? しても何にもならないさ。

...the damn fire? Never seems to help.

アリス、無いものはあげられない。

Look, Alice, I can't give you what I don't have.

調査報告を書いたのはラドクリフよ。彼に会わせるわ。

Radcliffe wrote the inquest Report, I'll take you to him.

それに、あんたのウサギを持ってるのも彼よ。覚えておいて

Besides, he's got your damned rabbit - you should remember that.

アリス・リデル:
いいけど、ミスター・ラドクリフは役立たずでしょ!

Alright, but Mr. Radcliffe's useless!

ナニー:
百も承知だよ

Don't I know it.


・目的地につく。馬車を降りるアリス。
・ウィルトン・ラドクリフ邸のドアベルを鳴らす。


ウィルトン・ラドクリフ:
はい? どちらさまで?

Yes? who is it?

アリス・リデル:
アリス・リデルです、ミスター・ラドクリフ

Alice Liddell, Mister Radcliffe.

ウィルトン・ラドクリフ:
ああ、また君か。上がってもらうべきだろうな。金具に注意してくれ

Ah you're back. I suppose you better come up. Mind the latch.


・ラドクリフは書斎で自分のデスクに座っている。


アリス・リデル:
私のウサギ、持ってるんですね!

You do have my rabbit!

ウィルトン・ラドクリフ:
マナーを忘れたのかな? 他にも忘れ物があるのでは?

Forgotten your manners. And what else I wonder?

あれはラトレッジ病院に置いてきたのだろう? 前にも話したはずだ

You abandoned it at Rutledge Asylum, my dear. We've been over this before.


ウィルトン・ラドクリフ:
いつもどおり不機嫌で、人を責めるような態度があからさまに見てとれた。

In a huff as usual, oozing with attitude and accusatory flummery.

私がウサギを盗んだと言い張るが、くだらん口実だ。

I've "stolen" her rabbit! Ridiculous pretext.

また火事のことで来ているのに! それしか話したがらないんだ!

She's here about the fire, again. All the mad child wants to talk about!

私は報告書に、彼女の家族は「偶発事故」により亡くなったと書いたが、彼女はこれに納得しないだろう。

My report found her family dead by misadventure'. she won't accept it;

「記憶を殺す」やら、「真実を知る必要がある」などと延々話し続けるに違いない...

goes on and on about her killing memories, and her need to know the truth.

報告されている原因はこうだ。

The alleged truth is:

出火元は書斎で、猫がランプを倒してしまったものとされている。

the fire began in the library when the cat knocked over a lamp.

火災で彼女の両親と姉は上の階から逃げられなくなってしまった

The blaze trapped her parents and sister upstairs.

姉のリジーは部屋の鍵を開けることすらなく、ベッドの中で絶命した...

Sister Lizzie never even unlocked her door, Died in her bed.

ネコに容疑をかけるといつも噛みついてくる。

The guilty cat always sets her off, she denies it:

「意味がわからない、そんなはずはない」などと否定してくるが、まったく同感だ!

'Makes no sense, it can't be!" etcetera. Agreed!

当初から、私が放火犯として疑っているのはアリス自身だ。

From the outset, Alice was my candidate for the pyromaniac.

あの子は火に魅入られていた

The girl has a fixation with fire.

あの悲劇の発生に、自分で自覚するよりも彼女自身が大きく関与しているかもと話したら、なんらかの精神科的な発作を起こしてしまった...

I once remarked that I thought she might have had a larger role in causing the tragedy. She suffered some sort of psychotic episode.


・いつのまにかあたりの様子が大きく変わっている。
・室内は荒れ果て、ラドクリフはいなくなっている。


アリス・リデル:
私があいつの頭を引きちぎったの? そうしたかったわ...

Did I rip his head off? I... wanted to...

脳の残りかすが爆発しそう!

What's left of my brain will explode!

幻覚がマシになるように祈るって、イカれてるかしら?

Is it mad to pray for better hallucinations?

今ここで絶命する運命なのかも

Perhaps I'm fated to expire right here.


・部屋から出ると広がっているワンダーランド。
・ひどく荒廃している。


アリス・リデル:
いまいましい汚れ! ワンダーランドのすべてを毒してる!

his bloody Ruin! It's corrupting all of Wonderland!

チェシャ猫:
邪な世界から逃げたがってるのか?

Seeking refuge from the wicked world?

もしかすると、物事というのは地獄に落ちたように「見える」だけなのかもな

Perhaps things only "look" like they've gone to hell.

アリス・リデル:
あんたはそこまで嘘がうまくないし、私もそこまで馬鹿じゃない。

You're not that good a liar and I'm not that stupid.

でも、もう少しマシな災難なら良かったのに

But something a bit less calamitous would have been welcome.

チェシャ猫:
この際限なき厄災の元凶は君だ。もっとひどくなるぞ。

This unmitigated disaster is your doing. And it will get worse.

君の汽車は地獄のような早さで走っている。急いだほうがいい!

Your train keeps hellish schedule. Get moving!

時間は待っちゃくれない。変化は始まっている...

Time waits for no one. The change has begun...

アリス・リデル:
あの汽車は十分怖いわよ。あなたが脅さなくても。

The train is perfectly capable of terrifying me, Cat. You should find another job.

望みは本当にそこまで薄いの?

Is there really so little hope?

チェシャ猫:
薄いどころか... 君が恐怖で動けなくなったら、いよいよおしまいだ

There's even less... and if fear paralyzes you, we're lost.


・「破滅の谷」を進んでいくアリス。


イモ虫の声:
千里の道も一歩からだ

A journey of 1000 miles begins with a single step.

アリス・リデル:
ロンドンブリッジから一歩踏み出せば、旅も終わるわね

A single step of London Bridge could end my journey.

イモ虫の声:
挫折を碑文とするのか? もう少し勇敢だと思っていたが

Failure as your epitaph? I'd hoped you were more courageous.


・イモ虫の声が足場を越えるたび、響いてくる。


イモ虫の声:
かすみのような足場だが、脆いかどうかは君の信念次第だ。

That vaporous ledge only appears as flimsy and insubstantial as your confidence.

きっと支えてくれるだろう。信じるんだ

It will hold you. Trust me!


・黒い汚れに侵食されているワンダーランド。汚れは以前より大きくなっている。


アリス・リデル:
打ちのめされた気分よ。美しかった私の谷が...!

I'm devastated. Look what's become of my beautiful valley!

イモ虫の声:
あらゆるものは時間の大きな流れの中で変化する。

All things change in the fullness of time.

しばしば悪い方へ

Often not for better.


・崩れた足場を越えて行くアリス。


イモ虫の声:
君だけの問題ではないのだ、アリス! 周囲の惨状を見てみろ! その原因を考えてごらん。 そのうえで、私の所に来るがいい...

It's not only about you, Alice! Look at the destruction around you! Consider its cause. Then, come join me.


・破滅の谷を抜けたアリス。煙が辺りに漂っている。


イモ虫の声:
たばこを吸うと成長が止まる、という話は聞いたことがあるかい?

You are familiar with the saying that smoking stunts your growth?

アリス・リデル:
大人が子供に投げかける言葉ね、おおかたパイプを吹かしながら

Adults assault children with that adage, usually while they've got a pipe stuck in their mouths.

イモ虫の声:
吸い込めとは言わない。煙を身にまとうのだ

I won’t ask you to inhale, Let the smoke envelope you.


・煙をまとうアリス。
・いつのまにか新たなワンダーランドへと移動している。

・ワンダーランドに住む、オリガミアリたち。


オリガミアリの僧侶:
長老と話してくれ

Speak with the Elder.

オリガミアリの僧侶:
そうだ、是非そうしてくれ

Yes, you really must.

オリガミアリの僧侶:
色々な事を知っている

He knows things.

オリガミアリの僧侶:
物事に考えをお持ちだ

He even think things.


・アリスはオリガミアリの長老と対面する。


長老:
君が戦いと苦境の中で収めてきた勝利から、この先の試練への適正がうかがい知れる。

Your victories in combat and conundrums suggest your fitness to confront the challenges ahead.

精神の力こそが、君にふさわしいか敗北に値するかの決め手となるだろう!

Mental strength will confirm your worthiness... or declare your defeat!


・精神の力を示すアリス。


長老:
君なら皆を救える... 道を開いてやろう

You can save us... I'll open the path.


・二人目の長老が待ち受けている。


長老2:
カリバチたちが頭上から我々を脅かし、東西両方の山に陣取っている。

The wicked Wasps lay siege above us, and control the Peaks to East and West.

イモ虫殿の隠居先に辿り着くには、彼らに打ち勝たなければならない

You must defeat them to reach Caterpillar's retreat.

アリス・リデル:
山の頂上まで行くしかなさそうね、待ってても来てはくれないし

I suppose I must go to the mountain top, as it won't come to me.

長老2:
我々は、奇妙で不可思議なイモ虫殿が困っている者たちを助けてくれると信じている。

We have faith that Caterpillar, the strange and wondrous, helps those in need.

いずれ証明されるだろう。

One day we'll have proof!

心の純粋とは、なにか1つを望むこと。

Purity of heart is to will one thing.

彼の聖なる高みに近づくには、行く手を塞ぐ野蛮な大名たちと対決することになる。

To approach his sacred aerie, you must confront the savage Daimyos, who prevent our access to his power.

聖なる洞窟への入口を開こう。旅はそこから始まる

I'll open the entrance to the Sacred Caves, where your journey begins.


・聖なる洞窟。聞こえてくるイモ虫の声。


イモ虫の声:
家庭的な調和と秩序の現れを見るがいい。

Regard this depiction of domestic harmony and order.

実り多き大地が勤勉、寛容そして協力をうながした。

The fruitful landscape encouraged industry, tolerance, and cooperation.

愛にあふれた家族が繁栄し、喜ぶ子供たちや大切な友人が増え、

Loving families flourished. Happy children and dear friends...

その幸せに感謝しつつ何世代にも渡り、安全で活発かつ自由に生きた。

grateful for their well-being, lived for generations, secure, active and free.

だが突如として外からの襲撃がその繊細な体を壊し、その寛大な魂を滅しかけてしまった...

But a sudden onslaught of alien attacks broke their fragile bodies and nearly crushed their generous spirits.


・カリバチに襲われているオリガミアリたち。


オリガミアリの僧侶:
何ということだ。偉大なるイモ虫殿、どうして我らを見捨てるのか?

This is terrible! Oh Great Caterpillar, why have you abandoned us?

前方の扉は塞がれている。鐘を正しい順番で鳴らさないと開かない

The door ahead is sealed. Only by playing the correct sequence of bells can it be opened!

アリス・リデル:
ありがたくない名誉じゃないの?

A dubious honor, I suspect?


・鐘を鳴らすアリス。


アリス・リデル:
曲が記憶に刻まれてるわ、「キラキラ、キラキラ、コウモリさん」みたいな感じ...

The tune's embedded in my memory, like "Twinkle, Twinkle, Little bat".

オリガミアリの僧侶:
木に向かうんだ、アリス。兄弟たちを助けてくれ。

Get to the tree, Alice. Help our brothers.


・待ち受けている長老。


長老3:
橋をかければ道は繋がるが、これが邪魔をしている。

A bridge will complete the path. but this substance has blocked the way.

どかすのに手を貸していただけないか?

Can you help us to remove it?

アリス・リデル:
ちょうどいい道具があるわ

I believe I've got the proper tool.

長老3:
山の頂上に、次の聖なる洞窟への入口があるはずだ

At the top of the mountain you will find the entrance to the next Sacred Cave.


・捕らえられていたオリガミアリを救出するアリス。


オリガミアリの僧侶:
救われたぞ!

We are saved!

オリガミアリの僧侶:
偉大なる恩人か?

Our benefactor!

アリス・リデル:
これで自由よ、みんな!

You're free, my friends!

オリガミアリの僧侶:
偉大なるレピドプテラ様、山の中に眠りしものよ...

Oh mighty Lepidoptera, oh sleeper in the mountain,

湖と山の脚多き主、神聖なる恩寵者よ...

Many-legged lord of the lake and peak, divine benefactor,

カエルと木の守り手よ、我らがアリどもにご慈悲を...

Prospector of the frog and tree, on your humble ants look kindly.


・山を登っていくアリス。2つ目の聖なる洞窟へと踏み込む。


イモ虫の声:
好戦的な彼らは、正当な理由も目的もなく、平和主義の獲物たちを虐げて殺した。

The belligerents, Without true cause or purpose, abused and murdered their pacific victims,

違うから憎んだわけだ。

whom they hated for being different.

侵略者たちは鮮やかな世界を汚し、襲われたほうは容赦無い暴力を理解しえなかった。

The invaders corrupted the vivid world. The assaulted could not comprehend the merciless brutality.

それでもそこに残り、抑圧者をなだめて過去を取り返そうとした。

Still, they stayed on, trying to placate their oppressors and recover their past.

残虐な侵入者たちは一度に皆殺しにはせず、間隔を開けて襲ってきた。

The cruel interlopers attacked at intervals, instead of killing them all at once.

惨めな生き残りたちは終わらない恐怖に苦しんだ。

The wretched survivors suffered in perpetual fear.

これ以上悲惨な運命があるだろうか?

Is there a worse fate?


聖なる洞窟を抜けたアリスに、声をかけてくるオリガミアリ。


オリガミアリの僧侶:
影の竜が再び道をうねっていく。竜を追うのだ、アリス

Once again, the Shadow Dragon winds along the path. Follow the dragon, Alice.

アリス・リデル:
なるほど、わかった。ちゃんとつじつまが合うのね!

Ah, I see how it goes. Makes perfect sense really!

今になってだけど!

At least now it does.


・アリス、封じられた門を開く。


アリス・リデル:
門が開いた! これで頂を目指すことは出来そうね。

The gate is opened! Now it appears that I can continue my ascent to the peak.


・道が塞がっている場所に出るアリス。カゴに閉じこめられたオリガミアリが声をかけてくる。


捕らえられたオリガミアリ:
そこの君、こっちに来てくれ。私は「赤ずきん」を逆順に暗唱できる。掛け算は11掛け11までおぼえてる。私には...

You there! Come close! I can recite Red Riding Hood backward; I know my multiplication tables to 11s!

知性があるのだ

I... I have intelligence.

アリス・リデル:
本当に? 証拠を見せて!

Really? Persuade me!

捕らえられたオリガミアリ:
障壁を取り除くには、カエルを起こして腹を空けさせればいい

To remove the obstruction, wake the frog and empty his belly.

アリス・リデル:
あれを起こすの? 舌はどうなるの? イボができたらどうするの?

Wake that? What about its tongue? And the prospect of warts?

それ以前に、どうしてそう言い切れるの?

Anyway, how do you know?

オリガミアリの僧侶:
どうすべきかを想像したのだ... 眠っている間に

I imagined how it was done... while I was sleeping.


・カエルの頭上には、大きな鐘。


アリス・リデル:
あの鐘を打てば目を覚ましそうね

Bet if I hit that gong he'll wake up.


・カエルの目を覚まさせ歩を進めたアリスは、3つ目の聖なる洞窟へと進んでいく。


イモ虫の声:
個人的な都合で悲劇に満ちた土地を訪れた、落ち着きのない探求者。

A restless seeker, on private business, arrived in the misery-infested land.

彼女は無知と迷いと自分の人生における不満を抱えつつも、彼らの苦しみを看過しきれなかった。

She, despite ignorance, uncertainty and unhappiness in her own life, could not endure to see them suffering.

そして野蛮な殺りく、虐待や冒とくと戦い始めた。

She began to fight against the savage murderers, abusers and defilers

理由や、誰のために戦うのか、そして闘争の結末がどうなるかをよく理解せぬままに...

without quite knowing why or for whose sake she truly fought, or how the struggle would end.


・ついに聖なる山の頂上に辿り着くアリス。


アリス・リデル:
遠路遥々辿り着いたら、紛い物だったわけ?

I've come all this way to find a simulacrum?

イモ虫:
時間があれば、君がいかに現実のものではなく錯覚や思い込みとばかり関わっているか指摘したいところだ。

If I had the time, I'd detail how often you prefer dealing with illusions rather than the real thing.

接するのを拒めば、問題は霧散する!君は現実を否定したがるからな

Problems you refuse to deal with don't exist! You deny reality.

アリス・リデル:
それは違うわ。何が本物かはわかってる

That's not right. I know what's real.

イモ虫:
いいや!何が本物ではないか、他人に言われるままに決めている... さあ、中にお入りなさい

No! And you allow others to tell you what isn't real... Now, come inside.


・アリス、床が崩れ、下に落ちる。


アリス・リデル:
記憶が粉々になってしまった。あの邪悪な汽車は思い出せるものをほとんど壊滅させてしまっている。

My memories are shattered. This wicked train has ruined nearly all I can recall.

私が正気を失えば、ワンダーランドは完全に滅亡してしまうかもしれない。あまりに多くのことが変わってしまった。

and Wonderland will perish completely as I lose my mind. So much has changed.

自分を救えないと、ワンダーランドも救えない

I can't help Wonderland if I can’t help myself.

イモ虫:
多くのものが変化している。だが、君は逆に理解している。ワンダーランドを救えば、君自身も救えるかもしれない。

Much has changed. But you've got it backwards. Save Wonderland and you may save yourself.

あの大工は手がかりを見つけていた。だが現実から隠れてしまっていた。君が目指すべきは、現実を受け入れることだ...

The Carpenter was on to something, but he was hiding from the real. Your goal is to accept it!

アリス・リデル:
どこへ行き、何をすればいいの?

Where should I go then? What I should do?

イモ虫:
女王には仕えなければならないのだ、アリス。その姿がどうであれ、女王には常に仕えなければならない

The Queen must be served, Alice. The Queen, in all her guises, must always be served.

アリス・リデル:
一体どうやって拡大する崩壊を止め、私の探し物を見つける手助けをしてくれるの? 私が知らない何を知ってるというの?

How can she stem this growing corruption or assist my search? What does she know that I don't?

イモ虫:
彼女は君がかつて知り、愛していた存在だ。時間は万人を変化させる

She is someone you once knew and loved. Time changes us all.

アリス・リデル:
変化が良いとは限らないわ!

Not all change is good.

イモ虫:
女王に会った時こそ、思い出すといい

Remember that, when you find the Queen.


・イモ虫は翅を生やし、飛び去っていく。


イモ虫:
(日本語字幕無し)

Time changes us all.
 
 

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第四章 クイーンズランド

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第四章 クイーンズランド

・牢屋に入れられているアリス。

警官:
おいおまえ、いいかげんにしろ

Oy, you there! That's enough of that!

馴染みの顔になってきたな、アリス。今度は何をやったんだ、フレッド?

Becomin' a regular in this nick, Alice? What's it this time, Fred?

フレッド:
オールド・レディー亭の外で大声出して、スレッドニードル通りの人殺しについて何かつぶやきながら、虫や国有鉄道を罵ってたんだよ。

Howling outside the old lady, muttering about a murder in Threadneedle Street, cursing insects and the National Railroad.

連れてくるしかないだろ?

Had to bring her in, didn't I?

警官:
いやいや。本人には危険かもしれないが、他人には無害だろ。

Tsk, tsk. A menace to herself; but no danger to others, surely.

牢屋に入れとくべきじゃない

She don't belong in gaol.

フレッド:
確かにな。なら、どこに行かせるっていうんだ?

Too true, but where then does she belong?

警官:
釈放してやろうぜ、フレッド。バンビー先生のところに送り返そう。

Let walk her out, Fred. Send her back to Doctor Bumby.

この前一泊させた時にゃ、凄い剣幕だったからな

He raised holy hell last time I kept her overnight.

フレッド:
どうなった?

What happened?

警官:
あのおぞましいジャック・スプラッターとやらが、おんぼろ人魚亭の外で太った女性を殺して捕まったあの晩...

Same night Jack Splatter, that waste of mother's love, was nabbed for gutting that heavy outside the Mermaid.

アリスを下に連れていこうとして... ジャックを連行中の刑事に会ったんだ。

I was taking Alice down and we meet two coppers walking Jack to the cells.

奴はやってないだの、人違いだの、決まり文句を並べ立ててたよ。

He's mousing the usual, "I never, Wrong bloke" nonsense,

ところがアリスを見た途端、「その女が犯人だ」とか絶叫しやがった...

when he sees Alice. "That's the bitch what done it!" he yells.

すると彼女も「このロクデナシ、ごく潰し、ひと様に働かせて美味しい思いして」だの、叫び返したんだよ...

She screams: "You miserable cur! you leech! You maggot! Living off another"s labor!" etcetera, etcetera,

なかなかいい指摘だと聞き入ってたら、急に頭をぶつけたか何かで気絶しちまった。家に届けるわけにもいかねえだろ?

I'm admiring her line of inquiry, but suddenly she hits her head or something and faints. Couldn't send her home, could I?

警官:
で、バンビー先生が激怒したって?

And Doctor Bumby pitched a fit?

フレッド:
俺の仕事とケツをさっさと差し出せと言うから、なら仕事だけにしてくれって言ってやったさ!

Said he’d have me job and my ass on a plate! Told him he could have the former, Leave the latter alone,

ケツには触らんでくれ、とな!

thank you very much!

お休みアリス、出口はわかるな?

Good night, Alice. You know the way out.


・アリス、牢屋から出される。
・すぐに意識は混濁。いつのまにかワンダーランドに立っているアリス。


チェシャ猫:
自分のしたことを眺めに戻ったのか? 現場に戻る犯人のごとく?

Back to admire your handiwork? Returning to the scene of the crime.

アリス・リデル:
やるしかなかったわ、あなたもそう言ったでしょ?

It had to be done, Cat. You said so yourself.

「君と赤の女王が両方生き残ることはできない。

"You, and this, Red Queen cannot both survive.

彼女は君の体に巣食う病気だ。切り取らなければ自分が死ぬことになる」ってね

She is a cancer in your body. Excise her or perish."

チェシャ猫:
彼女は闇の中心に潜む悪だったからね

Well, she was the face of evil in the Heart of Darkness.

アリス・リデル:
前回はあなたもひどい目に遭ったでしょ?

She didn't treat you too well last time,

首を落とされたんじゃなかった?

lost your head as I recall.

チェシャ猫:
彼女はすっかり混乱していたな。

She was completely deranged.

君は王冠を拾ったものの、下ろしてしまった。

You picked up her crown, but now you've put it down.

女王と話すといい、残された抜け殻だがね...

You must speak to her; what's left of her anyway.


・女王の宮殿への道を塞ぐ白の王。


アリス・リデル:
赤の王国は壊滅してるけど、あなたも似たようなものね
The Red Kingdom's in ruins, but you're no better off.

白の王:
あなたが女王を倒した時、城の奪還を試みました。

When you defeated her, I tried to reclaim the castle,

ですが彼女の手下の化け物どもに襲われたのです。

But I was set upon by her monstrosities.

邪悪な女王はいまだに玉座を離れません

The malignant royal bitch still reigns.

アリス・リデル:
女王に直訴しに来たの。中に入れてちょうだい

I'm here to petition her. I must get inside.

白の王:
ならば私を倒すしかありません。何事にも犠牲が伴います

The only way in is through me. Sacrifices must be made.

アリス・リデル:
そういう人は大抵、他の誰かが犠牲になればと思ってるわ

Those who say so usually mean they should be made by others.

白の王:
皮肉は病気です、治癒は可能ですがね。

Cynicism is a disease! It can be cured.

領地に入ったら、領地内をうろつく巨大な手下に気をつけてください。

Once inside beware of the outsized killer who patrols her domain.

無敵の強さですので、戦ってはなりません。

Never confront him; he is invincible.

さあ、私を解放してください。犠牲の意味をご覧に入れましょう

Now, cut me loose. I'll show you the meaning of sacrifice.


・アリスの一振りでバラバラになる白の王。

・宮殿へ侵入したアリスを襲う忠実なしもべ、死刑執行人。


アリス・リデル:
我ながら間抜けね。

I'm an idiot.

風車相手のドン・キホーテのほうが勝算があったわ。

Don't Quixote had a better with his windmills.

命の危険はなかったし

And without of decapitation.

チェシャ猫の声:
賢明な撤退は、急いでも賢明でなくなることはない!

A prudent exit is no less so for being hasty!


・宮殿の最奥、ハートの女王の玉座へ辿り着くアリス。


アリス・リデル::
別の誰かかと思ってたのに!

I was expecting someone else!

ハートの女王:
自分の精神も理解してないのね

You don't know your own mind?

アリス・リデル:
ほとんど見覚えがないわ

It's nearly a complete stranger.

ハートの女王:
知らないと言い張ってるものは、否定してきたものに過ぎないわ。

What you claim not to know, is merely what you've denied.

さまよっていた記憶をもう一度捕まえただけ。

You've recaptured your vagrant memories,

アリス・リデル:
それでどうしようというの?

what are you doing with them?

ハートの女王:
あなたは一度、皆の暮らしを律しようとした私を力づくで拒絶した。

You once rejected my attempts to control our lives, forcefully!

それなのに、別の物が私の役割を継ぐのは看過してしまった...

But now you've allowed another to succeed in my role.

アリス・リデル:
その触手がなくなって、せいせいしたわ

I won't miss your tentacles.

ハートの女王:
強大で、話が通じず、感情がない、はた迷惑な者による、熱くて悪臭がする息と絶え間ない監視を望むの?

You'd prefer the hot, stinking breath and unyielding attention of a potent, unreasoning, unfeeling, hellraiser?

ありえない

I don’t think so.

アリス・リデル:
警告以上のことを何か話してくれる?

Can you give me more than a warning?

イモ虫が、あなたが力になってくれるかもって

Caterpillar said you might help.

ハートの女王:
返答したくなるような条件を提示してほしいものだわ

I'd need a better reason to respond than what's currently on offer.

アリス・リデル:
手を貸してくれないなら、私たちは全員破滅よ

If you don't we're all doomed.

ハートの女王:
破滅じゃなくて、忘却よ。

Not doomed, forgotten.

私はここで生き延びれるかもしれないけど、あなたはおしまいね。

I may survive here; but you're finished!

破壊の法則性には気づいてるんでしょ? そうでしょ?

You see the pattern of destruction, I know you do.

あの汽車はあなたの過去の証拠を、とりわけあの火事のことを抹消しようとしてるのよ。

The Train is trying to destroy all evidence of your past, and especially the fire,

そうなると得をするのは誰?

Now, who would want that?

あなたがイカれて得しているのは誰?

Who benefits from your madness?

アリス・リデル:
ワンダーランドの破壊は、私自身の破壊なのね?

The destruction of Wonderland is the destruction of me?

ハートの女王:
そのとおりよ。逆もまた然り

Indeed. And vice versa.

アリス・リデル:
私が動かし始めたなら、脱線させることもできるはず。

I've set it in motion; I can derail it.

これは良いことよ、私はイカれてなんかいない!

This is good for me, I’m not insane!

家族を殺してもいない。私は大丈夫、おかしくなんかない、潔白...

I didn't kill my family. I am fine. I'm not mad, I'm innocent...

いえ、無罪なのよ!

I... I mean not guilty!


・ハートの女王の触手がアリスへ向けて動き出す。


アリス・リデル:
どうしたの? 何をしてるの?

What's happening? What are you doing?

ハートの女王:
汽車を止めなければならない。でもそれだけじゃない。

The Train must be stopped. But there's more to do.

あなたには悲劇が見えていない。

Your view conceals a tragedy.

求めている真実の全容が見えてこないのは、あなたが周囲にあるものを見ようとしないからよ!

The whole truth you claim to seek eludes you, because you won't look at what's around you!

ハートの女王:
これは狂気の沙汰だ!

There is no method in this madness!


・画面暗転。


ヒエロニムス・ウィルソンの声:
専門家の意見として、精神病はしばしば治療可能な疾患なのです。

In my professional opinion, madness is often a treatable disease

今回もそうとは限りませんが

- though perhaps not in this case.

ハートの女王:
権力には従うか、転覆させるかのどちらかよ!

Authority must be obeyed, or it must be overthrown!

プリス・ウィットレスの声:
あたしはいわゆる愛のムチを振るうわけだけど...

Cruel to be kind, That's my technique, as they say.

あの子は心底イカれてるわ!

But she's as mad as a hatter, poor dearie.

アンガス・バンビーの声:
...辛いのは終わりだ、終わった、終わったんだ。 忘れろ、アリス。

...worst is over, and over, and over. Forget it, Alice.

忘れるんだ

Forget it!
 
 

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第五章 ザ・ドールハウス

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第五章 ザ・ドールハウス


・地下の独房のような部屋に閉じ込められているアリス。髪を剃られてしまっている。


ヒエロニムス・ウィルソン:
現実と幻覚の区別ができない?

Can't distinguish reality from illusion.

最後に行った場所は思い出せるか?ゾウは鼻を置いた先を忘れたりはしない。

Remember your last journey? An elephant never forgets where she left her trunk.

汽車で旅行するなら、スーツケース...

But when travelling by train, a valise,

自分の頭より大きくてはいけない確証はありません。

never bigger than your head. I may be wrong, Your Grace,

ですが十中八九そうでしょう... 原初のヘドロに彩られたこの道を下り...

but I doubt it. Down this path of primordial ooze... and sideways... once again.

クラチェット看護師:
そうですわ、先生。妥当な要求かと思いますよ。

Indeed Doctor, well demanded, I'm sure.

もとい、ここは非常に暑いのですもとい... あいまいと言いたいのです!

I mean to say... it's... very hot in here... I mean to say... fuzzy!

彼女は非協力的です。とにかく非協力的です!

And she's not helping. Oh no! No help at all!

ヒエロニムス・ウィルソン:
恥をかかせてくれたな!

Humiliation, I say!

出所を認めてやったと思ったら、厄介者のように舞い戻って来た評判が地に落ちた!

I approve your release and back you come like a bad penny. Reputation in ruins!

人の口に戸は立てられないのだ、アリス!

People talk, Alice!

私は骨を埋めた老犬だ... わからんか?忠誠心だ...

I'm an old dog... buried the bone... Don’t you know? Loyalty...

家出なんて許されんぞ。おすわりだ、アリス。おすわり!

You must never run away from home. Stay, Alice. Sit!


・去るウィルソン医師。残されたアリスは幻覚の中に飲み込まれていく。
・幻覚の中で院内を徘徊するアリス。


ツイードル勤務員の幻覚:
あれ、イカれ病棟の「例の誰かさん」じゃないか?

If it isn't what's-her-name from the idiots ward!

ツイードル勤務員2の幻覚:
そうだ、アリスだ! 伯父さんお得意のイカれ患者!

Yeah! It's Alice! Uncle's prize lunatic!

クラチェット看護師の幻覚:
恐ろしげな器具ね!

The instruments are gruesome!

でも頭に穴を空けてやれば、面倒事の入る余地が増えるわ。

but a hole in the head gives the troubles more space.

あなたの「病んだ石」にはちょうどいいかもね。

Just the thing for your "stone of madness".

けいれんにも効果があるとか。おそらくだけど。

Good for seizures, too. maybe.

よく愚痴に出てくるかも、うんざりしてるんでしょうね!

You must be as sick of those as I am hearing you whinge about them!


・幻覚の中で病院の奥へと進んでいくアリス。


クラチェット看護師の幻覚:
精神状態によっては「しゃ血」して血を出せば、軽くなることがある。

Some mental conditions are relieved by bloodletting.

先生はあなたの症状には効かないっておっしゃるけど、

Doctor thinks it won't be effective against your symptoms,

あたしは我慢の限界だし、ヒルたちにも仕事させないとね...

but I'm at the end of my tether, and these leeches need the work.

ツイードル勤務員の幻覚:
パン屋の1ダースだ。看護師さん。俺がくっつけてやるよ

A baker's dozen, nurse. Let me put'em on her.

ツイードル勤務員2の幻覚:
いや、俺だ、俺がやる! 痛い場所を知ってんだ

No, me, me! I can make them hurt.


・アリスが奥へと進むのを尻目に、勤務員たちがなにか話している。


幻覚のツイードル勤務員:
だろ?

I know...

幻覚のツイードル勤務員2:
どっちが上でどっちが下だ?

Which way is up and which way is down?

幻覚のツイードル勤務員:
それを言うなら...

I was gonna say...

幻覚のツイードル勤務員2:
祈りをささげる?

Your prayers?

幻覚のツイードル勤務員:
口を挟まないでくれ。

Don't interrupt!

この調子じゃ...

If I can't...

幻覚のツイードル勤務員2:
便所に行く?

Go to the lavatory?

幻覚のツイードル勤務員:
頭来るよな...

Maddening!

幻覚のツイードル勤務員2:
おまえはな。なら、おいらは?

Yes, you are, but what am I?

幻覚のツイードル勤務員:
おまえにくれてやるよ

I'll give you...

プレゼントを? いいのに。お返しにあげるものがないし

A present? You shouldn't. I've nothing for you.

幻覚のツイードル勤務員:
おまえの巨大なケツに委ねてやるよ。ただの気取り屋...

I defer to your enormous ass, your Worship.

ただのネコかぶり... ネコ科のネコだ。

Just a cox comb...a catacomb...the cat...a felix feline!

幻覚のツイードル勤務員2:
ネコがどうした? どこにいる? キツネがハトの中に入り込んだのか?

What cat? Where? Is a fox amongst the pigeons?

ずる賢いヤツだ!

Sly devil!

幻覚のツイードル勤務員:
ニワトリ小屋から外に出たのか? 何だ何だ?

Moved out of the hen house then, what, what?


・アリスの前に浮かんでくるよく知る人物たちの幻覚。


アンガス・バンビーの幻覚:
私にも、女王と同じくらいの敬意と忠誠をみせてくれてもいいんじゃないかな?

Come now, Alice. Am I not to be as much honored and obeyed as the Queen?

高望みだろうか? 私も彼女が欲したものが欲しいのだよ。

Is that asking too much? I want what she wanted.

受け入れてくれ。触手の代わりに汽車がいい。

Give yourself over to that. Trade the tentacles for the train.

総じて乗り心地がマシだろう。ラトレッジに戻りたくはないだろ...

It's altogther a better ride. It's that or back to Rutledge.

プリス・ウィットレスの幻覚:
心のこもったひと言も、尽くしてあげたご褒美すらない。

Never a kind word, or reward for services rendered.

少しぐらい幸せになってもいいでしょ?

Don't I deserve a bit of luck?

何が正しいのかを、あたしに対する義理をないがしろにしないでってことよ。

Don't piss on what's right and owing to me, I say.

病院から出してあげたでしょ... 今度は自分の力で戻るのよ!

Brought you out of the asylum... Now you'll go back of your own accord!

ナニーの幻覚:
お母さんにはお話しといたわ。

I told your mother, dear.

あなたは心ここにあらずの、頑固な子供よ。

You were a distant and stubborn child,

自分の世界で満足しすぎてる。

too content in her own world.

若い娘はワンダーランドを離れないと駄目なのよ。

Young women need to leave their Wonderlands.

本物の世界はそこまで素晴らしくないわ。大人にならないとね。

The real world is not so wonderful. You'll need to grow up.

「治療」をもうしばらく受けたらどう?

Perhaps some more time in "care"?

ウィルトン・ラドクリフの幻覚:
君には一見まともそうだが、外見は紛らわしいものだ。

You look decent enough, but appearances deceive.

君が不安定で暴力的な人物であるのは承知している。

I know you for an unstable and violent person.

君が病院に連れ戻されたのは正直、驚きではないよ。

I can't say I'm surprised you've been incarcerated in the asylum again.

監視下での長期入院が妥当だろう...

A long stay under supervision would serve you right.


・公園のような場所に立っているアリス。髪がもとに戻っている。


切断されたインセイン・チルドレン:
助けて、アリス。力を貸して! もう二度と、見捨てないで!

Help, Alice. We need your help! Don't desert us... again.

無視しないでよ...

Don’t ignore us.

アリス・リデル:
どうして苦しんでるの? 女王の暴政はただの記憶よ。

Why do you suffer? The Queen's tyranny is just a memory.

あなたたちをどうこうできないはずよ?

She has no power over you, does she?

切断されたインセイン・チルドレン:
敵は時と共に去来するんだ。でも今は新しい悪が君臨している。

Our enemies come and go. But now a new evil reigns,

そしてその悪鬼の邪心は、負かされた女王の影響を上回る...

And this fiend's malevolence has eclipsed the conquered Queen's.


・ワンダーランドへと再び進んでいくアリス。
・ワンダーランドに住まう「インセイン・チルドレン」に出会うアリス。


インセイン・チルドレンのリーダー:
不安定な連中は単におかしくなってるだけじゃない。

The unstable are more than merely mad.

他にも要素がある。

They have other parts.

ドールメーカーは歪んだ魂の残りを彼らから奪ってしまう。

The Dollmaker will deprive them of what remains of their deranged souls.

彼らは助けが必要だ

They need care.

アリス・リデル:
彼らの痛みはわかる。力になりたい。

I know their pain. I would assist.

でもそれは正気じゃないと無理なの?

But is sanity required for the job?

インセイン・チルドレンのリーダー:
少しばかりの正気が必要だよ。

A limited quantity.

それを拒絶するほどイカれてはいないだろ?

You're not mad enough to be rejected.

君はあいつらと似てるんだ。ある意味同類でもある。

You're like them... Of them, in a way.

でも奴らの仲間じゃない。「ボクたち」の仲間じゃないと言うべきか。

but not them. I should say not "us".

ボクはあいつらの一員だけど、君は前に進んでいる。

For I'm them, but you are on your way.

道ははっきりと示されているんだ

The way is clearly marked.

アリス・リデル:
その道なら知ってるわ。そして、これ以上そっちに進みたくない

I believe I know that way, And I'd rather not travel further along it.

インセイン・チルドレンのリーダー:
奴が来たぞ、おまえら。中に入れ

It's here you dimwits! Get inside.


・現れるドールボーイ。

・音楽を使った仕掛けがある。

アリス・リデル:
どんなメロディーも、この怒りを納める事は出来ない。

No melody should sooth this outrage.


・ドールハウスの最奥へと辿り着くアリス。ドールメーカーと対峙する。


アリス・リデル:
幸せを追う道化たちの中でも、私こそ最もひねくれて利己的なんじゃないかしら?

Am I not the most wretched and selfish of fortune's fools?

そうとは知らずに身売りする女の調教場に住んでいる。

Oblivious, I live in a training ground for prostitutes;

先生は虐殺者で調達役。

my mentor is an abuser and purveyor;

私は精神を汚され、姉と家族を殺した犯人に加担していた!

I've been complicit with my sister's murderer, and the killer of my family, as he corrupted my mind!

苦痛からの平穏を求めたのに、真実から目を背けさせられていた!

I sought relief from my pain and you turned me away from the truth!

ドールメーカー:
恐れるものから解放されるまで、もう少しだったのに。

You were almost there. Almost free from what you fear.

治して、忘れることもできたかもしれなかった...

You could have been cured, you could have forgotten.

アリス・リデル:
家族の思い出を捨てろというの?

Abandon the memory of my family?

ドールメーカー:
彼らは死んだ... 君も死ぬべきだ

They are dead... and you should be, too.

アリス・リデル:
このおぞましい化け物め、人殺し、吸血鬼め! 子供たちに何てことを...

You misbegotten abomination... murderer! You blood sucking parasite. The damage you've done to children...

なんてひどいまねを!

The abuse!

ドールメーカー:
私は娯楽を提供している。

I provide a service.

広大で残酷な都会では、多様多彩な欲求に応えなければならない...

In the great and awful metropolis, appetites of all sorts must be gratified.

アリス・リデル:
私の家族、私の精神、地獄の汽車...

My family, my mind, the Infernal Train...

ドールメーカー:
汽車は君が... 発明したものだ。君を守るためだ。

The Train is your... invention, your defense.

私はその時間と行き先を指定しただけだ

I merely set its schedule and itinerary.

汽車が来るぞ、きらめく車両を引き連れて。

The train is coming with its shiny cars.

座り心地のいい座席と、星でできた車輪が見える。

With comfy seats and wheels of stars.

だから子供たち、恐れることはない。運転手は月の人だよ!

So hush my little ones have no fear. The man in the moon is the engineer.

アリス・リデル:
汽車を止めてやるわ、命に替えてでも!

I’ll stop that Train... if it’s the last thing I do!

ドールメーカー:
お望みどおり、そうなるだろう!

As you wish... it will be!

君は迷っている。そして身体を精神が追随するだろう。

You're lost. And where your body is, your mind will follow.

もう合流済みかもしれん

Perhaps it's already there.


・ドールメーカーに捕まり、人形にされてしまうアリス。

・場所変わる。ロンドンの駅、プラットホーム。
・アンガス・バンビーが立っている。


アリス・リデル:
このろくでなし!

You oozing sore of depravity...

子供の首に名札をつけるなんて、家畜にでもしたつもり?

children wearing their names around their necks, as if they're breeding livestock!

アンガス・バンビーの幻覚:
血の証だよ。君にもあればねえ。

A declaration of their pedigree. You could use one.

彼らは自らの出自を誇り高く主張しているのだ

they're proud to display their provenance.

アリス・リデル:
このケダモノ!

You brute!

自分が誰なのかも、どこから来たのかも覚えていないわ。

They can't remember who they are or where they're from.

一体何人の精神を忘却に引きずり込めば気がすむの?

How many minds have you twisted into forgetfulness?

アンガス・バンビーの幻覚:
まだまだ足らんよ!君のが陥落すれば大成功だったんだがね。

Not enough! Yours would have been a triumph.

それでもイカれた役立たずにはできたから、完成とは言えるがな!

Still, you're an insane wreck. My work is done!


場面戻る。人形から再び人間の体に戻るアリス。
地獄の汽車へと落ちて行く。
 
 

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第六章 地獄の汽車

アリスマッドネスリターンズ セリフ集 第六章 地獄の汽車


・ドールメーカーの戒めを破り、地獄の汽車へと降り立ったアリス。
・先頭車両へ向けて、汽車の車両を進んでいく。

・第一の車両。


アリス・リデル:
ハッター、地獄の汽車と、それを動かしている邪悪な力を止めないと!

Hatter, I must stop this Infernal Train and the evil force that drives it!

マッドハッター:
君にはすべてが釘に見えるのかい、トンカチ頭さん?

Everything's a nail, is it Miss Hammerhead?

最初は恐怖と記憶の断片にかられてあちこち探しまわり...

First it was your search, freighted with fear and fragmented memories.

今度はあの汽車か。お茶の時間がないじゃないか!

Now it's the train! Never time for tea.

君の脳が休暇としゃれ込んでる限り、我々は破滅だよ

While your brain's on holiday, we're out ruined.

ここにいる我々はみんなイカれてる。

Now we're all mad here and

ティーポットに乗って地獄にいく口実にはなるが、

that's a good excuse for going to hell in a teapot,

君の感覚が「見た」ものを忘れていい理由にはならない

but not for forgetting what your senses saw.

忘却は忘却に過ぎない、例外を除けばな。

Forgetting is just forgetting, except when it's not.

そうなると名前が変わる。

Then they call it something else.

私も君がしたことを忘れようとしたが、無理なのだよ...

I'd like to forget what you did. I tried, but I can't.


・場面変わる。駅のプラットホーム。
・再びアリスとバンビーの対峙。


アリス・リデル:
私を利用して虐げても、破滅させることはできないわ

You've used me and abused me, but you will not destroy me.

アンガス・バンビー:
そうか? 十分破滅させたと思うがね。

No? The damage is done.

かつてのアリスとそのワンダーランドは瓦解した。

The old Alice and her Wonderland retreat are demolished.

君には何が起こったかの片鱗すら掴めやしない。

You can't even recognize what's happened.

そしてその状況を変え、私に対抗する力も君にはない。

And you're powerless to change it or move against me.

そこは確実に封じたからね

I've made certain of that.


・地獄の汽車に戻る。
・第二の車両に進むアリス。


蝶になったイモ虫:
罰を受けにでも来たのかい?

Come to receive your punishment then?

アリス・リデル:
自分に罪があるのはわかってる...

I know I'm guilty of something

けど罰というものは、決して罪の犠牲者を満足させはしない...

but punishment never suits the victims of the crime.

蝶になったイモ虫:
虐待とは香車が弱者に行う罪だ。そして君の言うとおり、彼らに対する罰は軽すぎる

Abuse is a crime the strong visit on the weak. And you're right, Abusers are insufficiently punished for the damage they do.

虐待を目にしつつ、その被害者のために報復を求めない者は、代償を払う。

Those who witness abuse without seeking retribution for the harmed, pay a penalty.

自分の場合は、もっと早くに行動しなかったことの代償は自らの苦痛で帳消しとなるが、

Your own pain mitigates your failure to act earlier,

他人の苦痛を見過ごした場合はそうもいかない

but you may not have paid enough for witnessing the pain of others!


・駅のプラットホーム。


アリス・リデル:
記憶を汚されたけど、私に忘れさせることはできなかった!

You corrupted my memories, but you failed to make me forget.

アンガス・バンビー:
君を美味しく料理できたのにな。

I could've made you into a tasty bit.

妄想にかられ、たわ言を口にし、過去の記憶もなく、未来を解しない美女。

Clients out the door waiting for a piece from a raving delusional beauty,

扉の外で顧客が列をなしていたよ。だが君は忘れなかった。

with no memory of the past, or no sense of the future. But you wouldn't forget;

空想に頑なに固執した。君は正気じゃない。姉と同じくな

you insisted on holding on to your fantasies. You're mad. Like your sister.

アリス・リデル:
リジーのことは口にしないで。何も知らないくせに...

Don't you speak of her! You didn't know her...

アンガス・バンビー:
君の姉にはずいぶんじらされたよ。

Your sister was a tease.

わたしを軽蔑するふりをしていたがね。

Pretended to despise me.

欲しがっていたものをあげたのだ... 最後の最後にね

She got what she wanted... in the end.


・地獄の汽車、第三の車両へと進むアリス。


アリス・リデル:
リジー... 汽車はどこへ向かってるの?

My Lizzie... What is this Train's destination?

ハートの女王:
錯乱と破壊よ。答えを知っている問いを尋ねるべきじゃないわ。

Madness and destruction. You shouldn't ask questions you know the answer to,

無礼でしょ? それにあの音は、リジーの寝言じゃないの

it's not polite. And that noise wasn't Lizzie talking in her sleep.

アリス・リデル:
嘘よ! かわいそうなリジー!

Oh no... Poor Lizzie!

ハートの女王:
あと、オックスフォードにケンタウロスはいないわ!

And there are no centaurs in Oxford.

自分が生き延びたことに意味をもたせるのね。

Make your survival mean something,

じゃないとみんな破滅よ!

or we are all doomed!


・先頭車両へと辿り着いたアリス。ドールメーカーが現れる。


ドールメーカー:
自分の殻に閉じこもるがいい

Hide in your sham!


・ドールメーカーを打ち倒したアリス。

・駅のプラットホーム。


アリス・リデル:
告発してやる。

I'll see you charged.

牢屋で頭の鈍いごろつきの慰みものにされたうえで、縛り首にされればいい!

In prison, some half-wit bruiser will make you his sweetheart... and then you'll hang!

アンガス・バンビー:
ほう?

Indeed?

元患者のヒステリー気質の女が、社会の構築に貢献している名士である科学者に対し、突拍子もない濡れ衣を着せるというのか?

A hysterical woman, former lunatic, roaring outrageous accusations against a respectable social architect and scientist.

アリス、誰が信じてくれる? 私だって信じられないくらいだ

My god, Alice, who would believe you? I scarcely believe it myself.

アリス・リデル:
この人でなし... 悪行には罰が下るわ!

You monstrous creature... Such evil will be punished!

アンガス・バンビー:
誰が、どうやって? イカれたマヌケな女め。

By whom? By what? Psychotic, silly bitch.

罰が下るのはイカれた君にだ。さあ、帰りたまえ。

Your madness will be punished. Now leave.

君の代わりが来る頃だ

I'm expecting your replacement.


・バンビーを突き飛ばすアリス。
・線路に落ちたバンビーは列車に接触、轢死する。

・外へと出て行くアリス。ロンドンであるはずの外はロンドンでなくなっている。


チェシャ猫:
アリス、もう家には帰れないよ。驚くことでもないが。

Ah, Alice, we can’t go home again. No surprise, really.

道を見つけられるのはごく一握りなのさ。

Only a very few find the way;

その多くは見つけても気づかないしね。

and most of them don’t recognize it when they do.

思い込みもなかなか消えない。

Delusions, too, die hard.

苦痛に耐えることが人としての価値になるのは野蛮な連中だけだ。

Only the savage regard the endurance of pain as the measure of worth.

苦痛の忘却は好都合、追想は苦悶なのだ。

Forgetting pain is convenient. Remembering it, agonizing.

だが真実を取り戻せるのであれば、苦痛の甲斐がある。

But recovering the truth is worth the suffering.

そして我らのワンダーランドは、傷を負ってはいるものの、記憶の中で無事に残っている。今のところはね...

And our Wonderland, though damaged, is safe in memory... for now.


エンディング。
 
 

アリスマッドネスリターンズ アリスの記憶

アリスの記憶

書斎は脱出困難だった The Library was a Firetrap

あの素敵な書斎は火事があったらお終い。いつ大惨事があってもおかしくなかった

Our lovely library was a fire trap. A conflagration waiting to happen!

書斎内にいた最後の一人 The Last one in the Library

あの火事の夜、書斎内にいた最後の一人は私だった。

I was the last one in the library, the night of the fire.

ダイナと寝に上の階に向かった時点では、暖炉にくべた薪は燃え終わってた

The log I added to the grate was dead when I went upstairs to bed with Dynah.

もしそうじゃなかったとしたら、家族が死んだのは私のせいなのかも!

If it wasn't, I may be responsible for my family's deaths!

ダイナが命を救ってくれた Dinah Saved My life

ダイナに救われた!私が生き延びたのはダイナが逃げ道を教えてくれたから。

Dynah saved my life! I survived because... she showed me how to escape!

ランプを書斎に置き忘れてないし、ダイナが倒したわけでもない

I didn't leave the lamp in the library and Dynah didn't knock it over!

ランプは私がベッドに入った時点で上の階にあった。ダイナもそう。

The lamp and Dynah were upstairs when I went to bed.

火事になった時、ダイナは私の部屋に一緒に居た

Dynah was in the room with me when the fire started!

リジーは施錠された部屋が嫌い Lizzie Hated Locked Rooms

リジーは施錠された部屋が嫌いだったし、部屋も私より火元から遠かった。

Lizzie hated locked rooms. Her room was farther from the fire than mine.

煙で死んだはずなんてない。鍵をかけることなんてなかった。

Smoke could not have killed her. She never locked her door!

しかも彼女は家の外に出る別の方法を知っていた。窓からよ!

And besides, she knew another way out of the house... out of the window!

誰かがリジーを殺したか、動けなくして、ドアに鍵を掛けて、ランプを持って下に下りて、

Someone incapacitated or killed Lizzie, then locked her door, then took the lamp downstairs

証拠を消すために火事を起こしたのよ!私たち全員を殺すつもりだ!

and started the fire to cover up their crime! Their plan was to kill us all!

ケンタウロスはどこに Centaurs Don't Live in Oxford

私は家族の死には関わっていたものの、火事を起こしたわけではない。

I had a role in my family's demise, but I did not start the fire.

ケンタウロスはオックスフォードにいないけど、ある先生ならそこにいる

Centaurs don't live in Oxford, but a certain doctor did.

昔あったのよ、彼に。すまし顔の学部生だったわ。思い出したわ!あの鍵は、リジーの部屋のものよ!

I saw him; a preening undergraduate. Now I remember him! That key belongs to Lizzie's room!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。