アムジスト雑記

Home > DmC Devil May Cry

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 プロローグ 字幕・英語

プロローグ

深夜の街。月は雲に隠れているが、街は行き交う自動車や電車で忙しい。
中央部に、ひときわ異彩を放つ、ツタ植物のような外観のタワーがある。

タワー上階の部屋。空間に、「魔力」の介在を感じさせる、異次元につながるかのような紅い穴があいている。
中年の男性が、その傍で電話をかけている。

ムンドゥス:
...そうだ 金曜日までにだ

Yes. By close of trading on Friday...

それ以上は待てん

no you can’t have more time.

払わなければどうなるか...

You know the terms, you know the consequences...

部屋の内装には監視カメラの映像を写したモニターなどがひしめいている。

ムンドゥス:
“遠回しな脅し”だと?

No this is not a veiled threat.

脅してるんだよ

This is a direct one.

経済破綻の責任を かぶって 今の地位を失いたいか?

Should you fail to comply, the collapse of the economy will be on your head.

ムンドゥスの愛人が同席し、このやり取りを聞いている。
派手な衣装をした金髪の中年女性。電話を続けるムンドゥス。

ムンドゥス:
あらゆる人々に忌み嫌われて...

I will make sure that you are stripped of power, shamed and hated.

ツバを吐かれるような身分に落ちるのがお好みか?

Is that clear enough for you?

電話の先の「大統領」がこれを受諾する。

ムンドゥス:
分かればいい

Well, Friday it is then...

おやすみ 大統領サン

You have a good night, Mr President.

ムンドゥス、電話を切る。電話を椅子の上に放り出す。
質問するムンドゥスの愛人。

リリス:
うまくいったの?

Did you get it, my darling?

ムンドゥス、リリスのほうへ歩きよりながら答える。

ムンドゥス:
1兆ドルだ もうすぐ何もかも手に入る

Over a trillion. Soon I will own everything worth owning.

向き合うふたり。

ムンドゥス:
金の力は偉大だよ… 神の如きだ

I will control the world through debt. I have absolute power.

リリス:
世界中があなたにひざまづくのね

The world is at last your bitch. As am I. Nothing left,

借金で弱みを握られて――

but to grab it by the hair, bend it over and...

ムンドゥスとじゃれあおうとするリリス。
ムンドゥス、顔をしかめて窓のほうを見る。

リリス、不安げに尋ねる。

リリス:
何よ? どうしたの?

What’s the matter? What? What’s the matter?

ムンドゥスの腕を抱いているリリス。
ムンドゥスの表情は重い。

ムンドゥス:
不安だ...

A loose end.

リリス:
“不安”?

A loose end? What?

ムンドゥス:
裏切り者の息子... ダンテ...

The son of the traitor Sparda... Dante.

リリス、ムンドゥスの周りを歩きながら話す。

リリス:
彼ね...

Him...

ムンドゥス:
ヤツがいる

He’s still out there.

リリス、腕を抱きながらムンドゥスに顔を近づけ、慰める。

リリス:
大丈夫よ... ハンターに任せておけば

The Hunters will find him. They found Sparde and his whore.

そうでしょ?

And when they do...

ムンドゥス:
この手でヤツの胸を引き裂いて

I will rip open hid chest with my bare hands

心臓を食らってやる

and feast on his beating heart.

ムンドゥス、ものを引き裂くジェスチャーをしながら語る。
邪悪な笑い。
スポンサーサイト
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 MIssion1  字幕・英語

MIssion1 追跡者

居住用トレーラーの朝。床にはブラジャーが落ちている。食べかけのピザ。散らかり放題。
全裸の若者が眠っているそばで、テレビがニュースを流している。

画面にはマスクをかぶった男。

マスクの男:
悪魔の力はどんどん強くなっていく一方だ

The demon's have been increasing their power for millennia.

ヤツらは人間を支配している

They are on the verge of controlling mankind.

マスクの男、祈るような仕草をとり、身を乗り出す。

マスクの男:
だが人間は 誰1人 それに気付こうともしない...

Citizens, We have been kept sleeping in a manufactured illusion for too long.

目を覚ませ!

We must wake up!

眼鏡をかけた中年男性のキャスターに画面が切り替わる。
若者がうっすらと目を開ける。

ボブ・バーバス:
このマスク姿のイカレ野郎は “ジ・オーダー”という組織の代表です

The masked lunatic you saw there claims to represent an organization called The Order.

若者、ベッドから起き上がる。

ボブ・バーバス:
多発している複数の暴行事件もコイツらの仕業だとか…

This group has claimed responsibility for several serious attacks in recent weeks.

つまりは テロリストですな

He in undoubtedly a traitor and a terrorist.

起き上がった青年の背には、剣を象ったような奇妙な紋章が刻まれている。
紋章の剣の部分が輝きだし、すぐに光を失う。紋章のほかの部分は吸い込まれるように消えてしまう。

ボブ・バーバス:
私個人は死刑制度には反対ですが――

And for one am not for the death penalty,

こんなヤツは 是非とも 射殺して頂きたい

so…there’s only one way to do it: illegally shoot the son of a bitch.

ベッドのそばの酒びんをとる。腕には昨晩連れ込んだ女性の書き置き。
酒びんの酒を一口飲む。

ボブ・バーバス:
神の代行者 ボブ・バーバスがお送りしました

This is Bob Barbas, just doin’ God’s work.

音楽とともにニュース番組が終了するやいなや、トレーラーのドアを激しく叩く者があらわれる。
女性の声。

キャット:
ダンテ! 今すぐそこから出て!

Dante! Get out of there, you’re in danger!

ダンテ、全裸のままドアを開ける。
フードを深くかぶった若い女性が立っている。

ダンテ:
アンタ 誰? 何の用?

Who are you? What do you want?

キャット、全裸にも特に動じていない。

キャット:
無警戒すぎるわ…

You were careless.

ヤツが追ってきてるのよ?

You left a trail. Now he’s onto you.

ダンテ:
俺が追われてる? 誰に?

What are you talking about? Who’s onto me?

キャット、ちらりとあたりを見まわしてから答える。

キャット:
ハンターよ

A hunter demon.

おたけびがどこからか響く。キャット、驚いて後ろを振り返る。

キャット:
近いわ

He’s here.

周囲が紅く染まる。猿のような顔の悪魔が現れる。

ハンター:
ダンテェエエエエ...

DAaaaAAaaaNTE...

キャット:
リンボに落とされるわよ

He is dragging you to Limbo.

ダンテ、はき捨てるようにつぶやく。

ダンテ:
クソ悪魔か...

Demon scum.

ハンター、大きく吠える。

キャット:
手遅れよ 戦うしかない

It’s too late, you’re gonna have to fight your way out.

ダンテの傍に立つキャットの姿は薄く透け、まるで霊体のようになっている。
ハンターの咆哮に呼応してところどころ地面がせりあがり、尖った岩山となる。
道路はねじれ、地形はゆがんでいく。

うんざりした面持ちでダンテがつぶやく。

ダンテ:
クソ! また“リンボ”か!

Shit! Back in Limbo.

ハンターが眼前に現れる。

ダンテ:
気持ちワリィ...

...Bad day for a hang-over.

ハンター、手に持ったアームのついた機械を構え、発射する。
ダンテ、これをかわすが背後のトレーラーにあたる。

ダンテ:
汚ねえ手で触りやがって!

Get your filthy fucking claw off my trailer!

ハンター、力を込める。トレーラーが引きずられる。
ダンテ、吹き飛ぶトレーラーに飛び込み、飛びながら衣服を着る。

ダンテ、トレーラーから飛び出す。ハンター、トレーラーを叩き割る。

ダンテ:
あーあ...

Missed.

ハンター、海中に姿を消す。下級の悪魔が現れ、ダンテに群がってくる。
ダンテの背の紋章が輝くと、呼応して背中に両刃の大剣があらわれる。

ダンテ:
よく来た リベリオンちゃん

Time for a little Rebellion.

にじりよる悪魔たち。

ダンテ:
ヤるってか?

You wanna fight?

仕方ねえ...

Let’s go.

悪魔の集団と戦闘。

ダンテ:
どんどん来いよ!

Keep coming.

悪魔たちを排除すると、通路の向こう側にキャットがいるのが見える。

キャット:
ダンテ! こっちよ!

Dante! This way.

怪訝なダンテ。

ダンテ:
誰だ…?

Who said that?

進んでいくと、遠くの鉄骨に吊り下げられたブラジャーに、ダンテの銃が結び付けられているのが見える。

ダンテ:
俺の銃!

My guns?

銃の元へに向かうダンテを、再び現れたハンターが襲う。
ダンテ、これを振り切り、銃を取り戻す。

ダンテ:
エボニーにアイボリー... 会いたかったぜ

Ebony. Ivory. I missed you girls.

ハンターに銃を連射するが、効いていない。ハンターほくそ笑む。
ハンター移動を開始し、姿が見えなくなる。空に別の悪魔があらわれる。

ダンテ:
…しかもオマケ付き

Target practice, right on cue.

先へ進むと先行していたキャットが走り寄ってくる。

キャット:
ダンテ!

Dante!

疑うダンテ、キャットに銃を向ける。
キャット、両手を挙げながら話し始める。

キャット:
撃たないで!

Don’t shoot!

私はキャット 悪魔じゃないわ!

My name is Kat – I am not a demon.

現実世界に立っているキャットが映し出される。
こちらではダンテの姿が霊体のように見えている。

現実世界のキャット、霊体のダンテに語りかける。

キャット:
私はリンボにはいないの

I am still in the real world. You’re in Limbo.

ダンテ:
なんで 姿が見える?

How come I can see you clearly?

キャット:
そういう体質なの

I’m a medium – a psychic

リンボに干渉する力があって...

I can phase into Limbo and communicate with you.

だから実際に ここにいるわけじゃないわ

I can see you, talk to you, but I’m not actually in Limbo with you.

やりとりの最中も、ダンテは銃を向けたまま、キャットは手を挙げたまま。
リンボのダンテに場面転換。

ダンテ:
撃ってみりゃ分かる

And if pull the trigger?

ダンテ、銃を近づける。
キャット、手を降ろす。

キャット:

やめて…

I’ll die.

私はあなたを助けたいだけ

I’m risking my life here for you. I want to help.

ダンテ、銃をおろす。

ダンテ:
余計なお世話だ

I don’t need your help.

ダンテ、去ろうとする。キャット、ダンテに詰め寄る。

キャット:
私ならリンボから 出してあげられる

The Hunter has dragged you into Limbo. I can get you out.

ダンテ、迷惑そうに答える。

ダンテ:
初めてじゃねえ 自分で出られる

I’ve been down here before; I know how to get out.

アンタは悪魔と遊んでりゃイイ

You fight whatever shit-sucking demon dragged you in here.

キャット、強いまなざしでダンテの言葉を否定する。

キャット:
ハンターを甘く見ないで

You don’t want to fight the Hunter.

他の悪魔とは違うわ

He’s not your regular demon.

ついてきて!

Follow me. Now!

キャット、どこかへ走り去る。ダンテはうんざりした様子。

ダンテ:
あの女 どこ行った?

Where’d she go?

ダンテ、進んだ先でハンターと遭遇する。
観覧車にコートがくくりつけてある。

ダンテ:
俺のコート...? なんで あんなトコに...

Is that my coat? How did it get up there?

ハンター、観覧車を力任せに破壊する。
転がしてダンテにぶつけようとする。

ダンテ、これをかわす。コートを取り戻す。

ダンテ:
よっし

Sweet.

現実世界では突然壊れて転がりだした観覧車によって騒ぎが起きている。

レポーター:
速報です! 上空より生中継!

Breaking news – We go live to our eye in the sky.

自分の目が信じられないよ スティーブ!

Steve, I can’t believe what I’m seeing!

ハンター、遠方よりアームの機械を使ってダンテを捕縛しようとする。

ダンテ:
おい! こっちに来やがれ!

Hey, get down here and fight!

キャットが逃げ道を示す。建物の中に入っていく。

キャット:
こっちこっち!

Hey! Through here!

悪魔がドアを開けるが、ダンテを見てすぐに閉めてしまう。

ダンテ:
失せな! 

Get lost!

ハンターが壁を破って襲いかかってくる。
飛びかかるがダンテにいなされて激しく転倒する。ハンター逃げる。

ダンテ:
逃げんのかよ!

Hey! Get back here!

出口にたどりつく。

ダンテ:
よし… 出口だ

Exit. Good.

仕掛けが作動し、退路と出口がふさがれる。

ダンテ:
あらら...

Not good.

さらに仕掛けが作動する。

ダンテ:
ハイハイ

Yeah, whatever...

建物を出るとハンターに遭遇する。
ダンテに銀髪のかつらが偶然かぶさる。

ダンテ:
ダセェな...

Not in a million years.

ハンターに銃を連射するダンテ。
キャットが現れる。

キャット:
ムダよ

That won’t work.

ダンテ:
なぜ?

Why not?

キャット:
銃は利かない

He’s bulletproof.

ハンター逃げる。

キャット:
少し先に“リフト”があるわ

There’s a rift up ahead.

ダンテ:
何があるって?

A what?

キャット:
ここから現実世界に戻れるわ

I will take you back to the real world.

ハンターはまた今度ね

We’ll come back for the hunter.

キャットを追いながら暴走するリンボを進んでいく。
行き止まりの広場でハンターに追いつめられる。

ダンテ:
ヤる気になったか...?

OK then, let’s fight.

キャット:
待って!

Dante, wait.

キャットが火炎瓶を投げつける。顔面に命中しもだえるハンター。

キャット:
少しは弱ったはずよ でも 気をつけて ヤツは強いわ

It’s working, you can fight him now. It won’t be easy. Hunters are brutal fighters.

ダンテ:
俺もさ

So am I.

走り去るキャット。
ハンターと戦闘開始。

キャット:
ダンテ まだ聞こえる?

Dante, can you still hear me?

ダンテ:
あぁ聞いてるぜ

Yeah I hear you.

キャット:
顔を攻撃して!

Attack it’s face!

顔面を攻撃されたハンターがダウンする。

ダンテ:
これならどうだ?

Oh, you feel it now, don’t you?

ハンター、ダンテより離れて遠方よりアームの機械を使おうとする。

ダンテ:
戻ってきやがれ!

Get back down here!

キャット:
銃を使って倒すのよ!

Now use your guns to shoot him down!

撃たれたハンターが落下する。

キャット:
そうよ 効いてるわ

That’s it, it’s working.

ハンターがダウンする。

ダンテ:
クソ悪魔でも痛みは感じる?

Do you fucking demons even feel pain?

ハンターを倒す。

ダンテ:
ゲームオーバーだ

Game over.

倒れこんだハンター、語りだす。

ハンター:
スパーダの息子...

Son of Sparda.

ダンテ:
何だって?

Son of who?

ハンター:
もうオシマイだ 死ぬんだよ

You have been found. You are dead,

アバズレの母親と同じように

just like your whore mother.

ダンテ:
“アバズレ”…?

Whore mother?

悪いが母親のコトなんか 憶えてねえよ!

I don’t know my mother but if you’re calling me a son of a bitch – you wouldn’t be the first.

怒りにまかせた様子で剣を振りおろし、ハンターにとどめをさす。

死んだハンターを見下ろしながら、胸の赤い首飾りに手を伸ばすダンテ。

ダンテ:
母親なんて 俺には...

My mother... I barely remember her.

リンボから現実世界に戻ってきている。遊園地はぼろぼろ。

場面転換。歩道を歩いているダンテ。
車からキャットが声をかけてくる。

キャット:
ダンテ 大丈夫?

Are you ok, Dante?

ダンテ:
なんで俺の名を?

How do you know my name?

キャット:
ボスに聞いた 会いたがってるわ

My boss knows you. He wants to meet.

お願い... 助けたお礼と思って

Please. I helped you back there.

ダンテ、再び迷惑そうな様子。

ダンテ:
頼んでもねえのに...

I didn’t ask for your help.

通り過ぎるパトカー。ダンテ、ドアをあけて車に乗り込む。
キャット、車を発進させる。

キャット:
会えてうれしいわ ダンテ

We know all about you, Dante.

私は“ジ・オーダー”の人間よ 聞いたコトはある?

I’m with an organization called The Order. Heard of it?

ダンテ:
ネットで喋ってたイカレマスク?

Something to do with that masked freak on the net?

街に備え付けられた巨大スクリーンに、マスクの男が映し出されてる。

キャット:
彼がボス

That’s my boss.

ダンテ:
へえ... スゲー...

Wonderful. Can’t wait.

巨大スクリーンがニュース番組に切り替わる。

ボブ・バーバス:
市内西部ベルビューパークにて テロ攻撃があったとの報告が入りました

We’re just receiving reports of a terrorist attack that has taken place at the Bellevue pier in the western district of the city.

今後もテロ攻撃が続く可能性もあり 警察は市民に注意を呼びかけています

Police are asking the public to remain vigilant as further terror attacks could take place anywhere, any time, and when you least expect it.

場面変わってムンドゥスの部屋。このニュースを見ている。

ムンドゥス:
見つけたぞ スパーダの息子... 必ず殺してやる

We have your scent, Son of Sparda. Now it is just a matter of time.
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 MIssion2 字幕・英語

Mission2 廃墟の記憶

あたりはすでに暗くなっている。
ダンテとキャットを乗せた車が、ジ・オーダーのアジトがある場所に到着する。

さびれた町並み。人の姿はない。老朽化した建物や落書きが目立つ。

キャット:
ここがアジトよ

Welcome to The Order.

ダンテ:
ショボいな...

Not what I was expecting.

キャット:
あら そう?

That’s the idea.

キャット、落書きがなされているシャッターをくぐって進む。
倉庫のような建物。ダンテ、それについていく。

キャット:
悪魔は人間の中に紛れ込んでいて...

The demons are amongst us Dante,

そして人間を奴隷にしている

They are enslaving mankind.

誰もその事実に気付いていないわ

The world is asleep, brainwashed and helpless.

キャット、倉庫のような建物の壁に隠されたスイッチを操作する。
認証が行われ、壁の奥に空間があらわれる。

キャット:
だから私たちが戦うの

We’re fighting back.

アジトに備えられた監視カメラの画面。誰かがダンテを見ている。

キャット:
私たちは自由のために戦ってる

We are a small handful of freedom fighters.

私たちが人類最後の希望なの

We are the last and only line of defence.

ダンテ:
無駄な努力じゃないの?

Defence? You got no chance!

アジトの奥へ進むごとに、稼働する数多くのコンピューターや、研究員風の職員が目立ってくる。

キャット:
だからこそ努力は惜しまないわ

We don’t leave things to chance,

悪魔とその協力者について膨大な情報を集めたり…

we’ve accumulated vast intelligence on the demons and their collaborators:

世界の首脳陣 銀行員に芸能人... 彼らの弱みを握ったりね

World leaders, bankers, pop stars... We can hit them where it hurts.

鋼鉄の扉が開かれる。日本刀を持つ男がダンテたちを待っている。
銀髪に青い瞳、青みを帯びた黒いコートを着ている。
部屋の隅にはテレビに登場したマスクが置かれている。

バージル:
まさか...

Amazing...!

バージル、嬉しそうな様子で話しかける。

バージル:
本当にダンテか!

Dante – it really is you!

ダンテ、わからないというジェスチャー。

バージル:
...憶えてないのか

You don’t remember me?

ダンテ:
誰だよ...

No.

ダンテ、顔をそむける。
間があく。バージルが質問する。

バージル:
子供の頃のコトは 憶えてるか?

How much of your childhood do you remember?

ダンテ:
全然... 7才の時に熱のせいで記憶がフッ飛んでるケド?

Not much, I had meningitis when I was seven – wiped my memory – why?

バージル、ダンテの返答に軽く吹き出す。

バージル:
俺は交通事故で記憶を失ったと 聞かされてた

Hah! They told me I had a car accident that resulted in total amnesia.

それも... 7才だ

Age: seven.

ダンテ、事態が飲み込めないといった表情。

ダンテ:
...それで?

Your point?

バージル、ダンテに近づく。

バージル:
全部ウソなんだよ

Meningitis is a human affliction.

そもそもお前は人間じゃない

You are not human, Dante.

お前の今までは仮初の人生だ

All war is fought with deception and you have been deceived.

過去の事件のせいでな

Your past has been hidden from you for a reason.

ダンテ:
ちょっと待て アンタ 何者?

Rewind a bit – who are you again?

バージル、ダンテから離れ、歩きながら話しだす。ダンテに背が向く。

バージル:
俺はバージル 悪魔と戦うために この“ジ・オーダー”を設立した

My name is Vergil. I established The Order to help to find a way to fight the demons.

ダンテ:
悪魔とドンパチするってコト?

Besides swords and bullets you mean?

バージル、ダンテに向き直る。ジェスチャーを交えながら語りだす。

バージル:
それだけでは不十分だ

Such weapons can win battles,

これは戦争だからな 力だけでなくプロバガンダがなくては…

but not the war. We use force, yes, but we also use intelligence, politics, propaganda.

ダンテ、ついていけないといった表情。

ダンテ:
そんなんで勝てんの?

You really believe you can make a dent?

バージル:
勝てる 俺とお前が組めば… 怖いものなんか何もない

Make a dent? With the two of us working together, I believe that we can defeat them!

バージル、ダンテに詰め寄る。
ダンテ、顔を再び背ける。

ダンテ:
あー... つまり... 俺にも一緒に戦えって 言ってる?

So that’s what this is about. You need me to fight the demons, help you save the world.

バージル:
1人で戦うよりはいい

What else were you planning on doing with your life?

ダンテ:
アンタら いいヒトっぽいケド...

Well you guys do seem really nice,


離れた場所からやり取りを傍観していたキャットが少々顔をしかめる。

ダンテ:
...俺は群れるの好きじゃないワケ 人間不信でさ

but I’m more of a loner type: trust issues, work alone – That kind of thing.

キャット、ダンテに近づく。

キャット:
ダンテ... あなたは今の状況を――

Dante, I don’t think you understand what is at stake.

バージル、手で合図してキャットの話を遮る。
ダンテの目を見据えながら、語りかけるように話しだす。

バージル:
出ていくなら好きにしろ

If you want to leave – turn your back on me,

俺にお前を止める力はない

I’m powerless to stop you.

だがその選択は大きな誤りだ

But you’ll be making a grave mistake.

お前にとっても… 人類にとっても

Not just for yourself, but for mankind.

ダンテ:
“人類”!?

For mankind?

バージル:
そうだ

Yes!

ダンテ:
知ったこっちゃねえ!

What makes you think I give a shit?

バージル:
見せたいモノがある

At least give me a chance to show you.

ダンテ:
...何だよ

Show me what?

バージル:
お前の過去

Who you really are.

画面暗転。

バージルはダンテを荒れ放題の洋館へと案内する。門には「楽園」の文字。
車から降り、中へ入っていく一行。洋館の中も同様に荒れ果てている。

バージル:
ここで育った

This was your home.

ダンテがバージルの隣で立ち止まる。

ダンテ:
記憶にねえな

I don’t remember.

バージル:
すぐ思い出す キャット リフトの準備を

You will. Kat, open the gateway.

キャット、床に魔法陣が書かれた紙を広げる。
スプレー缶を取り出して紙に噴霧していく。

ダンテ:
何やってんだ?

What are you doing?

キャット、作業しながら答える。

キャット:
現実世界とリンボは 重なってるのよ

Our world and Limbo are very closely super-positioned.

ふたつの世界が衝突すると 亀裂がうまれる...

They collide in places causing what we call rifts.

ダンテもしゃがんで魔法陣の紙をながめだす。

キャット:
そこからリンボに出入りできるの 私たちはリフトと呼んでる

It’s here, in the rifts, where we can create gateways to and from Limbo.

手に付けたスプレーの中身の臭いをかいだダンテ、顔をしかめる。

ダンテ:
ひでえニオイ... 成分は何?

Doesn’t smell too good. What’s in the can?

キャット:
古代の魔術に使ったアレやコレね

A compound I created based on an old Wiccan recipe.

海の塩 サメの油 鉄くず リスの精液 オオカミの毛――

Sea salt, shark oil, iron shavings, desiccated squirrel semen, wolf hair...

ダンテ、キャットの肩に手を送って制止。

ダンテ:
もうイイ

Good stuff.

ダンテ、立ち上がる。
バージルとキャットが準備が完了したリフトの傍に居並ぶ。

バージル:
行け… その家にお前の過去がある

Go ahead. The house holds secrets.

俺はもう見つけた 次はお前の番だ

I’ve found mine. Now it’s your turn.

ダンテ:
...戻れんの?

How will I get back?

リフトから立ち上る魔力がダンテの体を包んでいく。

バージル:
心配するな だが気をつけろ 中は少々 荒れてる

We’ll take care of that. Just be careful, it can get rough in there.

ダンテ:
気にしないさ

I like it rough.

ダンテ、リンボに消える。

キャット:
大丈夫かしら? やる気がなさそうよ?

Is this really going to work? He doesn’t seem to care.

バージル:
まだ原石なのさ お前がそうだったようにな

He’s raw. Just like you were when I first found you.

リンボのダンテ、広間にたどりつく。

ダンテ:
これが俺の家... どこで過去が見れる...?

So this was my home. Well, show me your secrets.

ダンテ、大きな肖像画が飾られている部屋に出る。
肖像画の顔は傷つけられており判別できない。

ダンテ:
この場所… 見覚えあるな

I remember this place.

荒れ果てていないころの、ダンテの記憶の中のこの部屋が写しだされ、すぐに消える。
傷つけられた肖像画に近づくダンテ。

ダンテ:
どこの誰だ コレ?

And who the hell are you?

ダンテ、肖像画に記された名前を見つける。

ダンテ:
スパーダ...

Sparda...

ハンターの言葉を思い起こすダンテ。

ハンター:
スパーダの息子...

Son of Sparda...

ダンテ:
父さん…?

My dad?

呟くダンテの背後に悪魔の集団が現れる。
悪魔と戦闘。

悪魔を倒すと増援があらわれる。盾を持った上級の悪魔。

ダンテ:
まだ いやがる!

You’re up next!

悪魔を排除したダンテ、肖像画の下の紋章が輝きだすのに気づく。

ダンテ:
何かの装置か…?

What are you trying to show me?

紋章に触れると、ダンテの腕に触手のようなものが巻きついてくる。
ダンテに吸収され、背に赤黒い巨大な斧が現れる。
背後に再び盾を持った上級の悪魔があらわれる。

ダンテ:
これなら 潰せる!

Not so tough now!

悪魔がいなくなると、どこからか子供が遊ぶような声が聞こえてくる。

ダンテ:
誰だ!?

Who’s there?

広間に戻ったダンテ、おもちゃの剣で遊ぶ子供の幻を見る。

子供のダンテ:
ハハハ おぉい!

Hahahaha, woooo!

子供のバージル:
ダンテ こっちだ

This way Dante,

子供のダンテ:
うん! 捕まえてみろよー!

Ok! Raaaaa! Hahaha, can’t catch me!

ダンテ:
ダンテ...? 今 そう言ったよな?

Dante...? Did I hear that right?

遊ぶ子供の幻を追って進んでいく。奥の部屋で記憶を取り戻すダンテ。

ダンテ:
アレは俺だ... 思い出した

That was me! I remember this!

子供の幻が消えていったベットの下をのぞくダンテ。
家の紋章をあらわしたプレートを拾う。

気がつくと洋館とはまるで違う場所に移動している。
青い空と海が広がっている。海の一角に巨大な石像が立っており、鎖で周囲の建造物とつなげられている。
ところどころの建造物は、宙に浮きながら存在している。

ダンテ:
どこだ ココ?

Where am I?

これは夢か…?

Am I dreaming?

巨大な石像とつながっている鎖の根元にたどりつく。

ダンテ:
今度は…?

What now?

鎖を切断するダンテ。切断された鎖は海中へと沈んでいく。
鎖を解かれた石像は首を動かし、ダンテのほうを見る。目が赤く輝いている。

いつのまにか元の洋館へと戻っている。

ダンテ
まだ何かあんのか…?

OK, so what else have you got?

先に進むダンテの前に、叫ぶ女性の幻があらわれる。

エヴァ:
スパーダ…! アイツらが来たわ! 見つかったのよ!

SPARDA! They’re here. THEY’RE HERE! They’ve found us.

ダンテ:
何が起こった?

What the hell happened here?

エヴァ:
逃げないと...! 急いで!
We’ve got to get out... NOW!!

急ぐのよ! 早く!

Hurry... Come on! Quickly...

幻を追って広間に戻ると広間が崩れて別の空間へと変貌する。現れる悪魔。

悪魔を排除すると女性の幻が扉の奥へ消えるのが見える。

エヴァ:
ダメよ! ダメ! どうして見つかったの...?

No no no! Come on. How did they find us?

ダンテ:
あの声... どこかで...

I know that voice.

扉の先には再び肖像画がかけられた部屋がある。
傷はつけられていない。真っ赤な頭髪、緑の目をした女性の肖像。青いバラを持っている。

ダンテ:
こっちは... 母さん?

Is that...Mom?

ダンテ、肖像画の女性が自分と同じ首飾りをしているのに気づく。

エヴァの声:
愛してるわ ダンテ...

I love you, Dante.

記憶を取り戻し、当惑するダンテの背後に悪魔があらわれる。

ダンテ:
クソ悪魔め...

Fucking demons.

悪魔を排除すると、肖像画の下の紋章が輝きだす。
ダンテが紋章に触れると、力が流れこみ、背中に巨大な鎌があらわれる。

悪魔を排除すると奥へ走っていくエヴァの幻があらわれる。

悪魔の声:
女を逃がすなよ!

You! Get after her – down there!

ドアを押さえろ! 急げ!

Cover the doors. MOVE!

エヴァ:
触らないで! 触らないでよ!

Uh! Get away from me! Get away from me!

幻を追っていくと、床に青いバラが落ちている。

ダンテ:
青いバラ...

A blue rose.

気づくと再び先ほどの世界にいる。
石像を縛り付けている鎖まで道がつながっている。

鎖を切断するダンテ。鎖は海中に没する。

ダンテ:
アレは何なんだ...?

What am I unleashing?

ダンテのほうに首を向ける石像。目が赤く光っている。

再び洋館に戻っている。床に落ちている写真立てを拾い上げるダンテ。
ふたりの子供、顔がつぶされた父親らしき人物、そして肖像画と同じエヴァの顔がうつっている。

ダンテ:
思い出した...

I remember...

母さん... 名前はエヴァ...

I remember my mother...her name was Eva.

母さんがコレをくれた

She gave this to me.

幼いダンテに首飾りを渡すエヴァの姿が映し出される。

ダンテ:
兄貴もいて...

I had a brother too.

ダンテとおもちゃの剣で遊ぶバージルの姿が映し出される。

ダンテ:
優しい両親の前で ケンカしたり 遊んだり… 俺にも家族が…

We were a family.

手をつないで夕陽を眺めている家族の姿。

ダンテ:
でも 俺は何も知らなかった 悪魔のコトなんて

I had no idea of the danger we were in.

あの日までは…

The demons found us.

夕日が悪魔の顔に変わる。

ダンテ:
ヤツらが来た時... 俺は見たんだ

When they broke in, I saw him.

押し入るムンドゥスの姿。

ダンテ:
母さんは命を賭けて 俺たちを逃がしてくれたんだ

She gave her life so that we could escape.

ムンドゥスに心臓を引き抜かれるエヴァの姿。

ダンテ:
ヤツさえいなければ...!

I will never forget what he did to her.

死んだエヴァを抱える幼いダンテを取り囲む天使の姿が映し出される。
スパーダに手をひかれるダンテに画面が切り替わる。

ダンテ:
父さん... スパーダは 俺たちを連れて逃げた

Our father, Sparda took my brother and I away.

そのまま別々に人間の中に隠されて

He separated us, hid us safely amongst the human,

記憶を消されて...

wiped our memories to protect us.

だから... 忘れてたんだ

That’s why it went all went black...until now.

写真立てを床に落とし、立ち去るダンテ。

記憶を取り戻し、形を変えた洋館を進んでいくダンテ。

ダンテ:
いつ出られるんだ...

I’m getting outta here.

崩れていく通路を進む。

ダンテ:
その調子!

Keep goin’.

崩れていく通路の突き当たりにリフト。ダンテ、飛び込む。
現実世界に帰ってくる。

バージルに向き直るダンテ。

ダンテ:
アンタ 兄ちゃん?

You’re my brother.

バージル:
双子のな

Your twin brother.

バージル、ダンテに歩み寄る。

バージル:
ずっとお前を探していた

I’ve been looking for you for a long time now.

バージル、青い首飾りをダンテに見せる。

ダンテ:
母さんがくれたモノだ

Our mother gave these to us.

分かってたんだろうな... 俺たちが再会するコトを

I think she knew this moment would come. That we’d find each other.

ダンテ:
スパーダ... 父さんは?

And our father, Sparda?

バージル:

…消された。

Banished forever.

死より過酷な仕打ちだ

A fate worse than death, they say.

悪魔につかまり、拷問を受けている様子のスパーダが映し出される。

バージル:
二度と会えない

He’s never coming back.

顔をそむけるダンテ。バージルに背を向けるが、すぐに向き直る。

ダンテ:
...他には? 子供の頃 何が起こったんだ?

I want to know more. Where we come from, what happened to us. Above all,

そもそも離れ離れになった理由は?

I want to know who is responsible for all this.

バージル、うなづく。ダンテ、出口へ向かって歩いていく。
キャットに合図するバージル。キャットほほえむ。
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 Mission3 字幕・英語

Mission 3 ネフィリムの血統

荒れ果てた公園を歩きながら話しているダンテとバージル。バージルは山高帽をかぶっている。
あたりは落書きだらけ。ブランコが風で揺れている。

バージル:
この場所のコトは?

Do you remember this place?

ダンテ:
来たコトがある

Yeah, I remember coming here.

バージル:
母さんと一緒にな

Our mother used to bring us here.

ダンテ:
何もかも話せ

Tell me everything.

バージル:
昔話をしてやろう

Some things have always been.

この世界では天使と悪魔が ずっと争いを続けていた

There have always been angels; there have always been demons.And they’ve always been at war.

天使と悪魔が戦っている様子の落書きが映し出される。

バージル:
9000年前 悪魔のボスが入れ替わった

Nine millennia ago, one demon rose through the ranks to take power over the dark hordes:

今までで最も残忍で凶悪な... ムンドゥスという悪魔に

the strongest, the cruelest---Mundus.

公園の向こうに、ムンドゥスがリリスと話していたタワーが見える。
ダンテとバージル、ブランコのそばに移動している。ダンテはブランコの支柱に手をかけている。

バージル:
ムンドゥスには腹心がいた 優秀な力を持ったその悪魔が――

But Mundus did not rise alone. At his right hand was his most trusted lieutenant, his blood brother...

ダンテ:
スパーダか

Sparda.

ダンテ、支柱から手を離し、ブランコから離れる。
ダンテがいた場所の壁に、抱き合う悪魔と天使の落書きがみえる。

バージル:
だが スパーダは裏切った 天使エヴァと恋に落ちて

But Sparda betrayed him. He fell in love with an angel, Eva.

悪魔と天使... 禁断の恋さ

The secret union between angel and demon was inconceivable.

ベンチに腰掛けるバージル。

バージル;
その結果 生まれたのがお前と俺... 天使と悪魔のハーフだ

But it happened, and with it came new life: twin boys, you and I---hybrid of the warring angel and demon races.

怒りに満ちた表情の男の落書きに視点が映る。
巨大な男の手に女性が握りつぶされている。

バージル:
裏切ったスパーダを ムンドゥスが許すはずもない

When Mundus learned of Sparda’s betrayal, his fury knew no limit.

ヤツは2人の居場所を突き止めた

He hunted lovers down.

まずエヴァを殺した そしてスパーダには罰を... 永遠の苦痛を与えた

Eva was murdered by his own hand. And for Sparda he demanded a more brutal fate: endless punishment and pain.

無数の鎖に縛られ、叫びをあげる様子の男の落書きが映し出される。
再び歩き出すダンテとバージル。

バージル:
エヴァは殺され スパーダは封じられていたが...

But even as Eva was destroyed and Sparda was imprisoned for eternity;

復讐の種は すでに撒かれていたんだ

each knew that the seed for their revenge had already been sown.

歩みを止め、バージル、ダンテに向き直る。ダンテもバージルに倣う。

バージル:
悪魔の王を討てるのは 天使と悪魔の子… “ネフィリム”だけ

Because according to legend the only beings that can slay a demon king are nephilim, a hybrid of angel and demon.

つまり... 俺とお前さ

Those hybrids now exist: you and I.

壁には半分が悪魔、半分が天使という姿をした人間の落書きがある。
公園を抜け、ダンテとバージルは薄汚れた地下通路に入っていく。

バージル:
ヤツは俺たちが双子とは知らない

Mundus believed that only one child was born,

双子の落書きが壁にある。

バージル:
だからうまく隠れていられた

but there were two nephilim and each had been hidden well.

スパーダの形見と共にな お前のリベリオンと… 俺の閻魔刀だ

Sparda armed his sons: the Rebellion for Dante, the Yamato for Vergil.

立ち止り、確認するような口ぶりでバージルに問うダンテ。
バージルはまっすぐダンテの目を見つめている。

ダンテ:
ムンドゥスが母さんを殺し... 父さんを消した...

So Mundus killed our mom and imprisoned our dad?

バージル:
そうだ

Yes.

ダンテ:
俺たちは天使と悪魔の子供...

And we’re the offspring of angels and demons?

バージル:
悪魔の父と 天使の母... それがネフィリムだ

Demon father, angel mother. We are nephilim.

俺たちで悪魔の王を討つ

The only ones that can slay the demon king.

ダンテ:
了解 方法は?

Good. How?

地下通路の奥に悪魔の姿。

悪魔:
ダァンテェエエ...

...Daaannnteee...

バージル、短刀を投げつけてこれを一撃で仕留める。

バージル:
スポッターか! ムンドゥスの手下だ!

A Spotter! Fucking demon collaborators.

地揺れが起き、辺りが紅く染まって行く。

バージル:
リンボに落とされる! キャットを探してくるから そこで待ってろ!

You’re being dragged into Limbo! I’ll find Kat---she’ll get you out. Stand firm!

街はいびつに歪み、リンボが出現。大量の悪魔も出現し、ダンテを襲う。

悪魔を排除すると、通路の奥でバージルに連れてこられたキャットがリフトを準備している。

キャット:
リフトの準備ができたわ! 来て!

Dante! The gateway’s ready! Come on!

ダンテ! こっちよ!

Dante! Over here!

近づこうとすると地形が変化し、キャットのいる地点までの間に大きな穴があいてしまう。

ダンテ:
ワオ!

Woah!

キャット:
渡れそう?

Can you get across?

ダンテ:
無理っぽい

I’ll have to find another way.

回り道をすることになったダンテ、道中で青いバラが落ちているのを見つける。

ダンテ:
また青いバラ...

Another blue rose?

青いバラを拾ったダンテ、巨大な石像がある世界に再び迷い込む。
石像はやはり鎖に縛られている。

ダンテ:
分かってきたぜ...

Getting the hang this...

ダンテ、石像を縛り付ける鎖を破壊する。

ダンテ:
あそこに何がある...?

What are you hiding in there?

石像がこちらに首を向けると、やはり依然と同様に元の世界へと戻っている。
戻ったダンテに間髪を入れずに悪魔の群れが襲いかかる。

ダンテ:
うざってえ...

Flying rats.

悪魔を排除し、キャットの元へ向かうダンテ。

ダンテ:
キャット! 今行く!

Kat, on my way.

ダンテ、リンボを脱出する。
場面変わってジ・オーダーのアジト。作戦を話し合うダンテとバージル。

モニターにはムンドゥスのタワーが映っている。

バージル:
シルバーサックスタワー... 世界最大の投資銀行だ 会長を知ってるか?

Silver Sacks Tower. The world’s most powerful investment bank. And who runs it?

モニターがムンドゥスに切り替わる。

バージル:
カイル・ライダー... ムンドゥスが人間に化けた時の名さ

CEO, Kyle Ryder. A human vessel: the physical manifestation of Mundus, the demon-king.

金の力で全てを操ってる

Through debt, he controls everything.

キャットはふたりの後ろで話を聞いている。

バージル:
奴にとってこの世界は... 食らう魂を生産する“工場”だ

To Mundus, the world is a factory farm for human souls. And he likes to keep his animals monitored and docile.

モニターが切り替わり、町中に設置されている監視カメラが映し出され、
ラプターニュースネットのタワー、そしてキャスターのボブ・バーバスと順々に切り替わる。

バージル:
ラプターニュースネットは その“工場”を監視するためのシステム...

The monitoring done by the Raptor News Corporation, a global network of CCTV cameras, satellites and spies.

そして 製品である人間も 狡猾なやり方で管理してる

The way he keeps us docile is a...a little more insidious.

ダンテ:
...どうやって?

What is it?

ダンテ、緑の缶の炭酸飲料を飲みながら質問する。

バージル:
そのジュース... 世界人気ナンバー1の“ビリリティ”だが――

It’s in your hand. Planet Earth’s most popular soft drink, Virility.

毒入りだ

The demons have spiked it.

飲み物を吐きだすダンテ。

バージル:
心配するな 人間にしか効果はない

It’s ok! It has no effect on us. Only humans.

ダンテ、缶を投げ捨てる。

バージル:
特製ジュースさ

It’s lobotomy in a can.

ダンテ:
で... 計画は?

So what’s the plan?

モニターに「地獄門」の模式図が映し出される。

バージル:
あれが地獄門 ムンドゥスのパワーの源だ

That’s the Hell Gate. A conduit from which Mundus draws his power.

地獄門と繋がっている限り ヤツは不死身だ

While he is connected to the Hell Gate, he is immortal.

しかし門から引き離せば 殺すコトができる

But if we get him away from the Hell Gate, our swords will do the rest.

ダンテ:
どう引き離す?

So how do we do that?

バージル、モニターから目を離し、ダンテのほうを向く。
背後のキャットもダンテのほうを見ている。

バージル:
陽動作戦だ ヤツは怒りやすいからな

We get his attention. Mundus is petty, he’s impulsive.

挑発して煽れば... 策に乗ってくる可能性は高い

If we hit him where it hurts, let his anger rule him, I believe we can draw him out.

確認をとるようなジェスチャーを交えてダンテが話し出す。

ダンテ:
つまり キレさせて 追いかけっこするってコト?

Ok, so to kill Mundus we need to drag him away from the Hell Gate.

んで ズバッとやる...

We do that by pissing him off.

バージル:
ラフに言えば そうだ

Roughly speaking, yes.

ダンテ:
そのためにテレビ局とジュース工場に チョッカイかける?

And we piss him off by taking out the Raptor News Network and Virility?

モニターを指さすダンテ。

バージル:
そうだ

That’s it.

ダンテ:
どっちからヤる?

Which one do you wanna do first?

質問するようにバージルとキャットの両方を見やるダンテ。
うなづくバージル。
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 Mission4 字幕・英語

Mission 4 監視する街

ビリリティの工場へと向かうダンテとキャット。足取りは遅く、慎重。
通りにはビリリティの大きな広告が貼られている。

バージルの言葉を思い起こすダンテ。

バージルの声:
お前はヤツに知られてる 慎重に行動しろ

They’re aware of you now Dante, so stay low.

俺はムンドゥスを殺る時まで 身を隠す

Mundus doesn’t know I exist so I’ll remain hidden until we’re ready to strike.

工場の構造は キャットが詳しい 案内してもらえ

Kat know the Virility factory, what lies beneath. She will be your guide.

ダンテ、すれちがいの太った男が飲もうとしたビリリティの缶をはたきおとす。
怪訝な顔をする太った男。キャットに声をかけようとするダンテ。

ダンテ:
あのさ...

It’ll kill ya.

キャット:
静かに!

Don’t draw attention!

このやり取りを街に設置された監視カメラが発見する。

悪魔の声:
ダァンテェエエ...

...Daaannnteee...

監視カメラが目玉の悪魔へと変貌する。同時に町がゆがみ始め、リンボが現れる。

ダンテ:
めんどくせえ...!

Oh c’mon!

キャット... またリンボに落とされた

Kat, they’ve dragged me into Limbo.

キャット:
何があったの?

What? How?

リンボに落とされたダンテからは、キャットの姿が透けて見えている。
正面の門に監視カメラが変化した目玉の悪魔がいる。

キャット:
監視カメラよ あなたを探してるのね

The camera spotted you. They must have been looking out for you.

壊した方がいいわ

You’ll have to take it out.

監視カメラに発見されたことによって、大量の悪魔が現れる。

ダンテ:
知ってる しかも お仲間のご登場...

I know. And here comes trouble.

キャット:
ダメ... ここは私には危険だわ

Shit. I’m not safe here.

ダンテ:
先に行け

Then go.

その場から走り去るキャット。
悪魔を排除したダンテは、監視カメラに向けて挑発する。

ダンテ:
ズタズタにしてやる!

I’m gonna get up there and rip you apart!

ダンテ、監視カメラの目玉を引き抜く。

ダンテ:
よお おめめチャン

Hey, snake-eye.

蹴り飛ばして壁にぶつける。監視カメラは機能を停止する。
先に進もうとするダンテだったが、リンボの地形が変化し、道が断たれてしまう。

ダンテ:
招かれざる客ってワケ?

Whoah! Someone doesn’t want me here!

逃げていたキャットがダンテに歩み寄る。

キャット:
街自体が あなたを止める気ね

The city itself is trying to stop you.

ダンテ:
やるジャン

Great.

キャット:
バージルからカメラの位置情報が 送られてきたわ

Vergil sent me the camera locations for this area.

避けていくわよ ついてきて

Best avoid them if we can. Follow me.

キャットは階段を下りた路地裏に入っていく。
路地裏には発光する爆弾のような物体。

ダンテ:
なんだコレ?

What the hell?

ダンテ、謎の物体を除去する。

ダンテ:
やるじゃねーの

Nicely done, girls.

路地裏を抜けて進んでいくと先行していたキャットが待っている。

キャット:
ここにいたの?

There you are.

ダンテ:
ご覧の通り

Here I am.

ふたりの会話のそばで、地鳴りとともに街が少しずつ歪んでいく。

キャット:
ヤな予感...

This isn’t good.

街が動き出し、壁がダンテを押しつぶそうと迫ってくる。

キャット:
壁が...! すぐに逃げて!

It’s the walls! Get out of here!

迫る壁を抜けると、二台の監視カメラとともに悪魔たちが待ち伏せをしている。

ダンテ:
来やがれ!

COME ON!

監視カメラの目玉を引き抜き、破壊するダンテ。
リベリオンをバットのように振り抜くと目玉は空高く吹き飛んでいく。

ダンテ:
あと 1個...

One more.

路地裏からキャットがダンテを呼ぶ声がする。

キャット:
こっちよ ダンテ ここは安全... 今のところはね

Over here Dante. We’re clear...for the time being.

落書きだらけの路地裏ではキャットがダンテを待っている。手にはスプレー缶を持っている。

キャット:
こっちよ

Over here.

キャットに促され、連れ立って歩きだすダンテ。
キャットはしきりにスプレー缶を振っている。

ダンテ:
魔女って昔からスプレー使うの?

Never seen a witch uses a spray can before.

キャット:
魔術って手間がかかるのよ

Well, spells can take hours if not days to prepare.

だから前もって缶に詰めてる

So why not can it for instant use later?

ダンテ:
そういうチーズあったよな 魔法はどこで習った?

And they do it with cheese... Where’d you learn this stuff?

キャット、かがんでスプレーで作業をしながら話しだす。

キャット:
バージルに教わったのよ 魔術に関するコトは全部ね

Vergil taught me the basics of demonology and occultism.

私には才能があるって

Then thought I had a natural talent for it.

おかげで今の私があるわ もうちょっとで危うく――

Said it would help me to focus on something constructive instead of...

ダンテ:
危うく... 何?

Instead of what?

キャット:
悪夢に飲み込まれそうだった

Instead of focusing on the nightmares.

これで良し...

Ok, there you go.

キャット、何かに気づいたように後ろを振り向く。

キャット:
ヤバイ... 警察だわ 逃げるわ また後でね

Shit. Cops. I gotta go. I’ll find you.

ダンテのいるリンボにもかすかにサイレンの音が聞こえている。

キャット:
カメラを壊すのよ

Take out the camera.

歩き去るキャット。後にはダンテとキャットが作った魔法陣が残される。
魔法陣の先で監視カメラを破壊すると、悪魔の群れが現れる。

ダンテ:
チビスケどもが

Come on then you little shits.

悪魔の全滅に呼応して魔力で閉ざされていた門が開く。

ダンテ:
やっと進めるぜ...

And we’re good to go.

門の先ではダンテを押しつぶそうと左右の壁が迫ってくる。
地下通路に逃げ込むがここも同じ。ダンテ、続いて教会に逃げ込む。

教会では悪魔が待ち伏せしている。

ダンテ:
最悪だ クソ!

Unh! Ah, great!

倒しても悪魔は続々と補充されていく。

ダンテ:
おい キャット? 聞こえてるか?

Kat? You there? Can you hear me?

返事はなく、肥満体をした人型の悪魔が代わりに現れる。
全身に鎧をまとっている。

ダンテ:
お呼びじゃねえぞ デブ!

Who invited you, fat ass.

悪魔を仕留めると、地鳴りによって教会が震えだす。

ダンテ:
自分の体重で潰れてろ

The fatter they are...the harder they fall.

キャットが現れる。

キャット:
ダンテ! ここは崩れるわ! 早く脱出して!

Dante! It’s chaos out here. But I found a way out.

ダンテ:
どっから?

Where?

キャット:
アレよ 印のところ!

Up there. I’ve marked it.

キャット、教会のステンドグラスを指し示す。魔法陣が描かれている。

キャット:
走って!

Dante! Run!

ダンテ:
もう走ってるよ!

I am running.

ダンテ、ステンドグラスを破って教会から脱出する。
外に出るとすでに現実世界に戻っており、キャットが待っている。

ダンテ:
死ぬかと思った… 教会パねェな

It just seemed to drag on forever...Church.

ダンテ、にやけながら立ち去る。
キャットの背後で教会が音を立てて崩れ落ちる。
キャット、足早に立ち去る。

場面変わってニュース画面。
ボブ・バーバスがニュースを伝えている。
崩壊した教会に集まる人だかりや、作業をする警察の映像が流されている。

ボブ・バーバス:
先日のアガレス教会でのテロ行為 首謀者の映像が公開されました

The police have released footage of the terrorist responsible for the recent attack at Saint Agares’s Church.

ダンテという名だそうです

He goes by the name of Dante.

監視カメラにうつったダンテの顔が映し出される。

この顔ですよ 皆さん ピンときたら110番...

Remember this face, people. If you see him, inform the police immediately but do not approach.

近づいちゃいけません クレイジーなサイコ野郎ですからね

He has a history of physical violence and is a known sexual deviant.

神の代行者 ボブ・バーバスがお送りしました

This is Bob Barbas, just doin God’s work.

ニュースが終了する。
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 Mission 5 字幕・英語

Mission 5 魔法の粉

ダンテとキャット、ビリリティの工場にたどり着く。
ビリリティのマスコットが見学客を出迎えている。客入りはまばら。

ダンテとキャット、奥へと進むながら会話をしている。

キャット:
子供の頃 ここに来たわ 冒険気分でね

I was here years ago as a child. I explored the whole facility unseen.

その時 地下に悪魔がいるのを感じた ...サキュバスよ

I sensed a demon under the factory. The Succubus, an ancient one.

アイツが人を操る毒を生み出して ビリリティを作ってる

We believe it’s the source of the psychotropic ingredient. That’s what they use to control us.

ビリリティのひときわ大きいマスコット人形が見える。

ガイド音声:
ビリリティ工場へようこそ

Welcome visitors to the Virility factory.

我らがビリリティは世界の人々に 最も愛される清涼飲料水です

Virility’s secret ingredient is what makes Virility the number one soft drink in the world.

毎日飲めば21%の体重減少効果が!

And best of all, it has been scientifically proven to improve weight loss by 21%

壁に埋め込まれたモニターからもビリリティのコマーシャルがながれている。
ダンテとキャット、エスカレーターに乗り込む。

ガイド音声:
また性的機能も63%向上という実験結果が――

and enhance sexual performance by 63% if drunk daily!

館内に響き渡るガイド音声を聞いて、ダンテがつぶやく。
エスカレーターの手すりに手をかけ、冷めた目付き。

ダンテ:
こんなの信じるバカがいるか?

How do people actually fall for this crap?

キャット:
繰り返し聞かされたら その気にもなるわ 信じない私はビョーキ扱い

If you’re told something is true often enough, you tend to believe it. They told me I was crazy for seeing demons.

ダンテ:
俺も似たような経験あるよ

Yeah. They tried telling me I was a basket case too.

キャット:
危うくクスリ漬けよ “これを飲めば治る”って

They wanted to put me on drugs. Said it would make me better.

でも そんなのは嘘 従順な人形にされるだけ...

They lied. They just wanted to keep me weak and docile.

ダンテ:
よく抜け出せたな

How did you figure it all out?

キャット:
バージルが助けてくれたのよ あなたは?

Vergil pulled me out of the nightmares. You?

キャット、ダンテに向き直って質問する。
ダンテ、一瞬の沈黙。ダンテの記憶の中の光景が映し出される。
ダンテが暮らしていた孤児院。

ダンテ:
信用してた人間が――

When the people you are supposed to trust most...

クソみてえな人殺しだった

...turn out to be demon scum...

孤児院が炎上している。幼いダンテが燃える孤児院より走り去っている。

ダンテ:
しかも仲間がワンサカいて...

Your eyes really do open up to evil every where.

切り取られた悪魔の首を持っているダンテの姿。

ダンテ:
気に入らねえからブッ潰した 報復なんてお構いなしに

I took a stand.Fought back, killed...No matter the consequences.

複数の裸の女性に囲まれるダンテの姿。
警察と争っている様子のダンテの姿。

ダンテ:
そういう生き方しかできないんだ

So I chose my path, and I lived by it...

でも怒り任せに暴力ふるってると 時折 不安になってさ

...And then after all that anger, violence and death, you have to dig deep...

鏡の前で自分の胸に指を突き立てているダンテ。血が流れている。

ダンテ:
で 自問するわけだ

...deep into your own heart...

“俺はまだマトモか? 俺はまだ――

...to see if you are still sane. Or if you can still call yourself...

人間なのか?“

...human...

場面はビリリティ工場に戻る。

ダンテ:
俺は自分がイカレてないと信じてた

I just knew in my heart I wasn’t crazy.

ダンテとキャット、ミキシングルームに入場する。多くの人影が見える。
ビリリティを試飲できるタンクの前に人だかりができている。

音声ガイド:
これがビリリティの味の秘密... “魔法の粉を入れる場所です”

This, ladies and gentlemen, is where the magic ingredients are mixed together to give you the unique taste of Virility.

キャット:
サキュバスの所に行くのは 現実世界からじゃ無理よ

The Succubus is hidden deep inside the factory but there is no physical way to reach it from our world.

リンボから侵入するの 中にリフトがあるから

Only from Limbo. There’s a rift inside.

ダンテとキャット、関係者専用口に近づいていく。

音声ガイド:
ビリリティは健康にもグッド! 世界中の科学者のお墨付き! 国宝級ドリンク!

Rest assured that it has been deemed both safe and beneficial by our trustworthy and ethical scientists. Virility truly is a national treasure!

ダンテとキャット、関係者専用口から工場の奥へ侵入。
走りながらキャットの過去について話している。

キャット:
こっちよ... たぶん

This way... I think.

ダンテ:
来たコトあるんだろ?

You said you’d been here before?

キャット:
幽体離脱でね でも ずいぶん昔の話

Yes, but it was during an out-of-body experience, years ago.

ダンテ:
霊になってフラフラと?

Flying around in spirit form?

キャット:
そう リンボの中をね バージルは便利がってるけど...

Yes. In Limbo. Vergil says it could be an effective intelligence gathering tool

自由にできるワケじゃないのよ

but I can’t do it at will.

ダンテ:
でも その時はできたんだろ?

So... how did you do it before?

キャット:
強いストレスで勝手になったのよ 悪夢みたいな毎日だったから...

It was triggered by extreme psychosomatic trauma... the nightmares.

ダンテ:
どんな悪夢?

What are the...nightmares?

キャット:
思い出したくない

It’s in the past now.

工場の奥へ進んでいったダンテとキャット、倉庫にたどり着く。

キャット:
ここが完成した商品の倉庫ね

This is where they store the merchandise ready for export.

キャット、倉庫を見まわして怪訝な顔をする。

キャット:
変ね...

It’s funny...

ダンテ:
どうした?

What is?

倉庫に入り込んでいた鳥が飛び立っていく。

キャット:
もっと広いと思ってたの もっとずっと...

I expected it to be bigger, a lot bigger...

まあでも前に来た時のも昔の話だし その時はリンボの中だったしね...

But then I was just a child when I was here and I was in Limbo.

ダンテ:
何でこんなトコに来たんだ?

What were you doing here?

キャット:
悪夢から逃げてるうちにね

Escaping my nightmares.

ダンテ:
悪夢から逃れてリンボに?

You came to Limbo to escape your nightmares.

キャット:
そうよ

Yes.

キャット、リフトを探すために歩き出す。
その陰でダンテ、当惑した表情を見せる。

キャット:
リンボに落ちたら ミキシングルームまで戻って

Once you’re in Limbo, all you have to do is retrace your steps back to the mixing room.

ダンテ:
大したコトねえよ

Should be easy enough.

キャット:
だといいけど... リンボの悪魔には気をつけて

Maybe, but the demons may sense you once you’re in Limbo, so stay alert.

ダンテ:
着いたらどうすりゃいい?

And once I’ve reached the mixing room?

キャット:
そこから工場の最下層まで降りられるはずよ

You’ll be able to descend deep down into the factory.

ダンテ:
で ご対面か...

And kill me a succubus.

倉庫内を検分していたキャット、広くなっている一角で足を止める。

キャット:
ここにあるわ

OK, it’s here.

キャット、魔法陣が書かれた紙を広げ、リフトの準備をする。

ダンテ:
了解 向こうで会おう

Alright, see you on the other side.

倉庫内の荷物が震え、動き出し、空中に静止して足場となっていく。
空間は巨大に広がり、リンボが出現する。

上方からキャットの声がする。

キャット:
ダンテ?

Dante?

ダンテ、上を見上げて答える。

ダンテ:
こっちだ!

Down here!

キャット:
...良かった

Oh, good.

ダンテ、あたりを見回す。

ダンテ:
言ってた通りだ リンボの方がむちゃくちゃ広い で? 次はどこだっけ?

You’re right. It’s a lot bigger here in Limbo. What next?

上方の足場にキャットの姿が見える。

キャット:
ミキシングルームに戻って! そこで会いましょう!

Head back to the mixing room! I’ll meet you there.

キャット、その場から立ち去る。
リンボの壁面には“Obesity”“Stupidity”の文字。

ダンテ:
バカもマヌケもビリリティ飲もうぜ か!

Obesity, stupidity...Drink Virility!

上方へ登っていくと悪魔がダンテの妨害に現れる。

ダンテ;
来る頃だと思った

What took you so long?

上層にたどり着くと悪魔が現れてダンテの行く手を阻む。

ダンテ:
ミキシングルームってどっちだ?

Hey! Could you point me to the mixing room?

工場を進むダンテの目の前に、ミキシングルームが見える。

ダンテ:
よし!

Ah ha!

ミキシングルームに帰り着いたダンテ。
はじめにみた、ビリリティのタンクがリンボからはまるで別のものに見えていることに気付く。

中央の試飲タンクは悪魔の心臓のようなものに姿を変えており、
その血管を通して、黄色い吐瀉物のような物体が各タンクに注ぎ込まれている。

ダンテ:
なんだ この胸クソ悪いのは?

What in the shitting hell is going on here?

現実世界ではそのタンクから見学客がビリリティを試飲している。

悪魔の心臓のようなものをながめるダンテの傍らに、先行していたキャットが現れる。

キャット:
ミキシングルームね 肝心なのは作ってるヤツだけど

The mixing process...But it’s the source we’re interested in.

ダンテ:
愛しのサキュバスは この反対側てコト?

I’m guessing our succubus is on the other end of that?

キャット:
さあ... こっちよ

That’s right. This way.

サキュバスへと通じる道へ進もうとするキャットだったが、
悪魔が現れて道がふさがれる。

ダンテ:
ちょい待ち トラブル発生

Trouble. Gimme a minute.

現れた悪魔を倒すと巨大な体躯をした悪魔が二体現れる。

ダンテ:
リンボ対抗負け犬コンテスト… やってみるか?

So which of you fatesses wants to be Limbo’s biggest loser?

ダンテ、悪魔の一匹目を倒す。

さっさと消えろって

You’ve been eliminated.

ダンテ、悪魔の二匹目を倒す。

ダンテ:
お前が優勝だ オメデト

Congratulations. You win.

悪魔を一掃したダンテにキャットが声をかける。

キャット:
ダンテ

Dante.

...大丈夫? 顔色悪いわよ

You OK? That looked pretty nasty.

ダンテ:
ヨユーさ 朝飯前ってカンジ

That? Nah. That was just a big fat joke.

サキュバス退治だ 行くぞ

C’mon, let’s go get this Succubus.

ダンテ、通路の奥へ消えていく。キャットが後を追う。
 
 

DmC Devil May Cry セリフ集 Mission6 字幕・英語

Mission6 刃を抱いて眠れ

ダンテとキャット、血管をたどって工場の奥へ進んでいく。
巨大な縦穴が口をあけている。中を覗き込むダンテとキャット。
穴の底まで、ミキシングルームにあった悪魔の心臓のようなものの血管が続いている。

ダンテ:
この先は?

Now what?

キャット:
トンネルの奥にサキュバスが

This tunnel leads you to the Succubus.

ダンテ:
どうやって入んの?

How do I get down there?

キャット:
リンボからよ だから私はここまで

You can only get there from Limbo. I can’t follow.

キャット、ふところからなにか丸いものを取り出す。

ダンテ:
何それ? キッチンタイマー?

What’s that? An egg-timer?

キャット:
呪文の瓶詰よ 材料は――

It’s a vial containing a spell made from a variety of...

ダンテ、手でキャットを制する。

ダンテ:
そこ興味ない

I don’t need to know.

キャット:
じゃ 飛び降りて

You jump, I twist.

ダンテ、驚いた表情。

ダンテ:
マジで?

Are you serious?

キャット:
早く

Trust me.

ダンテ:
信じるぜ...

I jump, you twist.

キャット:
がんばって

Good luck.

ダンテ、背面から巨大な穴の中に飛び込む。
キャットが瓶詰を操作すると、空間がゆがみ、穴が横に倒れる。
穴の側面だった部分に立つダンテ。

キャット:
時間がないわ 急いで!

You don’t have long, hurry!

悪魔が現れてダンテの妨害をしてくる。
以下道中でダンテが発するセリフ。

ダンテ:
さっさとおっ死ね! 時間がねえんだ!

Damnit. die already. I don’t have time for this!

邪魔だバカ!

Get outta my way.

急いでんだよ!

I’m in a hurry.

ヤベえ 急がないと!

I don’t like the sound of that - better hurry up!

ダンテ、穴の底にたどり着き、側面に設置されたハッチをこじあける。
キャットの手元にある瓶詰が、アラーム音を発し出す。

ダンテ:
マジでキッチンタイマーだな...

Un! That really was an egg-timer!

大きな揺れ。がれきが落下してくる。ダンテよろける。
キャットの魔法が解け、横に倒れていた縦穴が元の位置に戻ろうとしている。
急いでハッチに飛び込むダンテ。

ダンテ:
なんだ このニオイ!

Ugh! What a stink!

通路を進んでいくと、広くなっているところに出る。ダンテ、工場の最深部にたどり着く。
奥にサキュバスと思われる悪魔が見える。こちらには気付いていない。

ダンテ:
ゲロ以下のニオイだ...

Ugh, smells of sick...

ダンテ、サキュバスと対面する。
チューブによって天井にぶらさがっており、手足の生えた巨大な芋虫のような風貌。
足場の下は溶岩のようなものが広がっている。

ダンテ:
アンタが“魔法の粉”?

So you must be the secret ingredient.

ぶらさがっていたサキュバス、話しかけられたことでダンテに気付く。

サキュバス:
誰だい...?

Who are you?

ダンテ:
お見合い相手だよ ブサイクちゃん

I’m your prom-date you ugly sack of shit!

ダンテ、挑発的な言葉でサキュバスを怒らせる。
ダンテの背後で壁が崩れ、退路が絶たれてしまう。

サキュバス、ダンテのいる足場に飛び降りてくる。

サキュバス:
もう一度言ってごらん...!

WHO THE FUCK ARE YOUUUUUUU!?

サキュバス、黄色い吐瀉物を吐きだす。
ダンテ、これをよける。

ダンテ:
危ねえ

You missed.

自己紹介が先か? 俺はダンテ

My name, by the way, is Dante.

ダンテ、挑発的な態度を崩さない。

サキュバス:
ダンテ...? スパーダの息子...? あのアバズレの息子ォオオ!?

Dante? Son of Sparda? And Eva the whoooorrrreeee?

サキュバス、ダンテの名前を聞いてさらに怒り出す。

ダンテ:
“デーモンキラー”って呼んでくれるか?

Yep.But you can call me Dante the demon killer.

そっちのが イケてるだろ?

Has a nice ring to it, don’t you think?

サキュバス:
私を殺すって? 無理に決まってんだろ!

You want to kill me? You can’t kill me!

1200年生きてるんだよ!

I’m twelve hundred years old!

ダンテ:
そうなの? 若く見えるネ

You don’t look a day over twelve thousand.

サキュバス:
クソガキ!

Fuck You!

ダンテ:
クソババア!

Fuck You!

サキュバス:
クソガキャアアアアア...

FUCK YOUUUUUU...

サキュバス、再び吐瀉物を吐きだす。
ダンテ、よける。

サキュバスと戦闘。
以下、戦闘中のセリフ。

サキュバス:
そんなチンケな豆を飛ばすのはやめな! このチビのクソ野郎!

Stop spitting those pathetic little peas at me. you scrawny little turd!

サキュバス:
腰抜けめ! 女の抱き方も知らないんだろ? 気持ち悪いんだよ!

You coward! You’ve don’t know what to do. do you? Slimy tossrag!

サキュバス:
怖いのかい? ママのオッパイでも吸ってな!

You’re afraid! Why don’t you go back to mummy and suck on her putrid test!

サキュバス:
チョコマカしやがって...! 押し潰してやる!

Stop that! I’ll get you, you wrinkly little scrotum.

サキュバス:
ミンチにしてやるから 覚悟しときな!

I’m going to smash you to bits, you pitiful pile of pus.

サキュバス:
さっさと死にな! そのガリガリの体 食べてやるから!

Hahaha, you’re goint to die, and then I’m going to eat your tiny body.

サキュバス:
アバズレの母親と同じ目に合わせてやる!

You’re gonna be pulled to pieces. just like your mother!

サキュバス:
このガキ! 縛りつけてやる!

Stay still you flea ridden boil bag.

ダンテ:
爪の手入れでもしてやろうか!

Nice nails – let me cut them for you!

ダンテ:
痛え! クソッ! 吐きそうだ!

Ah! Ow! Damnit!

ひでえな! 何食ったらこうなるんだ!

what have you been eating?

サキュバス、ダンテの攻撃でダウンする。

ダンテ:
おい、サキュバス!

Hey, Succubus!

靴でも舐めてな!

Suck on this!

ダンテ、サキュバスの顔面にとび蹴り。サキュバス気絶する。
ダンテ、サキュバスを吊り下げているチューブの一本を引きちぎる。

サキュバスが気絶から立ち直る。
以下気絶からの復帰時のセリフ。

サキュバス:
腕と足をもぎ取って噛み砕いて... ゲロにしてやるよ!

AAAGG, I’m going to pull off your arms and legs, chew them up and puke them all over your pathetic face!

しつこいヤローだね...! 黄金プレイの材料になりたいかい!

Whhhhhhhyyyy don’t you just die you stinking little pus globule. I’m going to eat you, shit you out and smash your tiny shit covered little bones.

薄汚いガキめ! 首をチョン切って私の聖水をブッかけてやる!

AAAAGH You disgusting fuck child! I’m going to pull off your head, piss down your neck and shit on your worthless carcass

サキュバスが足場を崩そうとする。

ダンテ:
クソ! ここから離れないと!

Shit! I’m out of here!

サキュバス、ダンテの攻撃でダウンする。

ダンテ:
愛の鉄拳だ

Donkey punch!

ダンテ、サキュバスの顔面を殴り飛ばす。サキュバス気絶する。
ダンテ、サキュバスを吊り下げているチューブの一本を引きちぎる。

サキュバスが気絶から立ち直る。

サキュバス:
薄汚いガキめ! 首をチョン切って私の聖水をブッかけてやる!

AAAGH You disgusting fuck child! I’m going to pull off your head, piss down your neck and shit on your worthless carcass.

足場が崩れてしまう。
サキュバスががれきを投げつけるが、ダンテはこれの隙間をすり抜ける。

サキュバス、ダウンする。
ダンテがサキュバスを引っ張ると、サキュバスを吊り下げていたチューブの最後の一本がちぎれてしまう。
悲鳴とともに溶岩のようなものに転落するサキュバス。

ダンテ、落ちていくサキュバスに向かって決め台詞。

ダンテ:
カップル不成立か

You’re dumped!

戻ろうとしたダンテだったが、サキュバスが足場を破って溶岩のようなものの中から飛びかかってくる。
暴れるサキュバス、ダンテを狙うが飛び上がって交わす。空を切った攻撃は足場に当たり、足場は粉々になる。

溶岩のようなものには流れがあり、サキュバス流されている。流れる先には巨大なスクリューが見える。

サキュバス:
言ったろう! 私を殺すのは無理だって!

I told you...You can’t kill me!

ダンテ、サキュバスがしがみついている足場を破壊する。
転げ落ち、流されるサキュバス。

サキュバス:
このクソ野郎! 私は... 絶対に...!

You! Little! I’m...Gonna...Argh.

ダンテ、サキュバスを転がしてスクリューに追い込む。

ダンテ:
さっさと消えちまいな!

Aaaaaaagh,why won’t you just die!!!

サキュバス、スクリューの手前でがれきにしがみつく。

ダンテ:
性格もブスじゃな...

You know what your problem is?

しつこいんだよ!

You’re too clingy!

ダンテ、サキュバスの手を引き離す。
サキュバス、スクリューに巻き込まれてばらばらになる。

ダンテ:
よく混ぜてもらいな

I think you’re all mixed up.

サキュバスの魔力がダンテに宿り、手にガントレットがあらわれる。
新たな力を得る。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。