アムジスト雑記

Home > THE DARKNESS

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート チャプター1開始~オリーブ・グローブ

カーチェイスからはじまる。銃を渡され撃つこともできるが、途中に出現する作業員を倒せずとも攻略上の問題は特にない。時間経過で目的地のグレイブスエンド建設現場に到着する。

銃が手に入る。運転手のマイキーから話を聞くことができるが、時間が惜しいのなら聞かずともゲームを進めることは可能である。マイキーの右手にあるドアにかかった南京錠を破壊して先に進む。

エレベーターを上がった先で作業員二人、そこから外に出たところで作業員三人、その次の部屋で作業員四人と戦闘。高難易度の場合、ここの作業員はのちに遭遇するマフィアと比べて攻撃の頻度と与えてくるダメージがともに異様に高く、いきなりの最大の難所となる。作業員四人と戦う部屋では、倒した後エレベーターに乗ることになるが、エレベーターが止まるまでは降りてはならない。(その場合追手に追いつかれほとんどゲームオーバー)

エレベーターが止まった上層階、ジャンプで段差を登るフロアを経てポーリーのビデオレターがある部屋にたどりつく、クローゼットを開けると爆弾がおいてあるのですぐに部屋を出るとイベントとなり、教会の敷地内に移動する。

教会の庭には追手のマフィアたちが複数配置されており、増援も多い。まともに戦っていては四方八方から撃たれてすぐに倒されてしまうので、教会の庭が見えたらまっすぐ走り、突き当り近くの左手にあるくぼみに飛び込むこと。ここは逃げ場がない代わりに敵の攻撃を一方向のみに抑えることができるうえ、マフィアの増援ポイントの手前なので、現れたマフィアが行動を起こす前に倒してしまうことができるのである。マフィアは作業員ほどに攻撃は激しくないが、数は多いのでこの行動を実行する際はそれなりの射撃精度が求められる。

マフィアを倒したら、教会の庭にある地下室への階段を降りてトイレに向かう。中にいるホームレスと会話した後に外に出ようとするとイベントが発生し、ダークネスの能力をジャッキーが使えるようになる。ホームレスを殺してしまった場合はゲームが進行しなくなるため、市民を撃つクセが付いている人は注意。

庭に倒れているマフィアの心臓を食べさせるとダークネスが能力を使えるようになる。そのままでは出られないが、ゲートから使い魔のバーサーカーを呼び出すことで門をふさぐ車をどけてもらえ、先に進める。

地下鉄入口は鍵を内側から閉めた男によって封鎖されている。地上の換気ダクトからダークネスの能力であるクリーピング・ダークを侵入させ、襲って鍵を奪うことで通行が可能になる。

駅の構内でジャッキーのガールフレンドであるジェニーからの連絡があるので、返答の電話を入れる。ジェニーの家はカナル通り駅(現在地)を出たところにあるチャイナタウンにあるので、電車を乗り換えてフルトン通り駅などに行く必要はない。

ジェニーの家への道筋は、チャイナタウンに出た初期位置から大通りまで直進後左折、次の曲がり角で右折(最初から右にしか行けない)、また次の曲がり角で右折(こちらも同様)である。ここから直進するとすぐ右手に細い路地への入り口があるのでここに入るとジェニーのアパートにたどりつける。途中多くのマフィアが配置されているが作業員に比べてあまり強くないので、高難易度でも特に脅威となることはない。

ジェニーの家では誕生日祝いのイベントを見た後、仕事仲間のブッチャー・ジョイスの電話番号が手に入る。ジェニーの家を出たのちに電話をかけにカナル通り駅に戻り、電話をかけると、レストランオリーブ・グローブで待つという指示が与えられる。

オリーブ・グローブはチャイナタウンにある。地下鉄から出た初期位置から直進して大通りで左手に曲がると、すぐに左手に緑色に光る目立つ看板が見えてくるので、そこを左に曲がる。電話をした後なら看板付近にマフィアが再配置されているため非常に分かりやすい。

道が車にふさがれているが、すぐ横にある段差に登りジャンプで柵を乗り越えて進むとオリーブ・グローブに到着する。中にいるブッチャーとのいったん店の外に出る会話イベント後、レストランに戻ろうとすると警官隊が押し寄せてくる。

レストランの壁を輸送車で破壊してSWATが突っ込んでくる。攻撃力が高く普通に戦えば強いが、彼らが輸送車から降りてくるまではかなりの間があるため、安全地帯からクリーピング・ダークを伸ばして待ち受けていることで、安全に数人を始末することができる。また、柱の陰あたりで待ち伏せ、降りてくる瞬間のSWATめがけて銃を乱射するという手段もある。いずれにせよ、すぐ近くの扉を破って侵入してくる敵がいるので、この最初の交錯ののちは、おとなしく厨房に下がってさらなる待ち伏せを狙うのが賢明である。店舗部にとどまったままでは侵入組と突撃組両方に対処しなければならなくなる。
スポンサーサイト
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート オリーブ・グローブ~ダッチオーブン・ハリーのアジト

オリーブ・グローブから出ると外には警官隊が配置されている。彼らは物陰に隠れながらのクリーピング・ダークで処理できるためそれほど脅威ではないが、遅れて到着する武装ヘリはやっかいである。備え付けの銃に撃たれてしまうとあっというまに死んでしまう。細い路地に逃げ込めばほとんどの攻撃は当たらないので、発見された場合逃げ込んでやり過ごすのが得策である。

警官と交戦した大通りを左折、次に左手に見えてくる細い路地で左折という道筋で進むと、突き当りで梯子が見えてくる。この梯子は指示された目的地へのショートカットとなるのでぜひ利用したい。降りると警官が現れるが、攻撃が開始されるまで隙が大きいので特に苦戦することはないだろう。

目的地への道は最初は閉まっているが、彼らを処理した後に、突き当りの左手にある小さな空間に入ると警官がパトカーで壁を破るイベントが起き、目的地への道が開かれることになる。ここでいう左手の突き当りとは、梯子を降りた状態でジャッキーが最初に向いている方向の左手である。

地下へ進むことになり、中にはビリヤードクラブがある。ここに配置されている人間は銃さえ取りださなければ攻撃してこないので、なにもせず素通りすることが可能である。倒すのであれば、出口に近くにあるトイレが待機場所として勧められる。すぐ左手にいる二人組を撃って客たちを攻撃態勢に変えたあと、ここからクリーピング・ダークで敵を減らしていくことができる。その場合、光源を破壊することを忘れないようにしなければならない。

ビリヤードクラブを出たすぐ先には、ドラム缶で火を焚くホームレスがおり、話しかけることですぐ隣の区画に存在するダッチオーブン・ハリーの隠れ家の合言葉を聞くことができる。

隠れ家では奥の部屋にいるローチとは会話しないこと。最後まで会話を聞いてしまうと有無を言わさず殺されてしまうので、不意打ち気味に銃撃して倒してしまうのが得策であろう。隠れ家で発砲するとほかのマフィアたちが攻撃してくるので、そのまま移動せずに待ち伏せでひとりずつ処理していくべきである。ローチが配置されている部屋は一方向のみからしか侵入ができない構造になっているので、多人数を相手にするにはもってこいの場所なのである。

最初から強引に押し入る方法もある。この場合は、近くのゲートからバーサーカーを召喚しておき、見張り番を殺して扉を破ったらすぐにこれを突っ込ませることで簡単に攻略できる。
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート ダッチオーブン・ハリーのアジト~チャプター1終了

ダッチオーブン・ハリーのアジトを制圧したら、外に出た広場にある梯子を登って進んでいく。暗闇に溶け込んでおり見えにくいのだが、壁際に組まれた足場に登れるように配置されているので、見逃さないように注意したい。見つけられない場合、足場の上にいるマフィアに撃たれて死んでしまう。

階段を上っていくと、しゃがみを使う小さな窓が見えるが、ここですぐに入ってしまわないようにしたい。中には多数のマフィアが配置されているので、この窓の外からクリーピング・ダークを伸ばして中の敵をある程度削ることが有効となるのである。

先に進んでいき屋上までたどり着くと、イベントが発生し線路に降りることになる。線路の上に倒れている人間の心臓をダークネスに食べさせると新たな使い魔であるガンナーが召喚できるようになる。ガンナーをすぐに召喚すると電車を止めてくれるので、安全になった線路を進んでカナル通り駅に戻る。

カナル通り駅に着くとイベントが発生し、ポーリーとジェニーに電話することになる。フルトン通り駅に向かうように伝えられるので、ホームから電車に乗ってそちらへ向かうこととなる。まずジェニーと落ち合うことになるが、彼女は聖メアリー孤児院側の出口におり、会話するとジェニーに同行してきたジミー・ザ・グレイプからグラインダーズ・レーンへ向かうよう指示される。

グラインダーズ・レーン側出口はフルトン通り駅の、聖メアリー孤児院側出口のちょうど反対側にある。地下鉄から出て右手に進むと食肉工場が見えるので、クリーピング・ダークで塀を乗り越え、内側から電子ロックを破壊することで侵入することになる。見張りのマフィアに関しては数も少ないため特に脅威とはならないだろう。本格的な攻略に入る前に、右手の扉の奥にあるガソリンを忘れずに入手しておくことが重要である。

真ん中の扉から工場の中へ進んでいくと、途中小窓のついた扉がある部屋があるが、そこがここでの目的であるファミリーの金が保管されている部屋である。真ん中の扉から進んだ場合、最初に敵に遭遇する部屋の次がこの扉の部屋となるので見落とさないようにしたい。

部屋の中の敵を倒した後、小窓からクリーピング・ダークでダークネスを侵入させ、鍵を破壊すれば入れるようになる。そこでガソリンを使い、金を燃やせば目的達成となるので、フルトン通りに戻ってジミーに報告することなる。

聖メアリー孤児院側出口に戻るとジミーが倒れており、襲撃を受けてジェニーが連れ去られた旨が伝えられる。ジェニーを救出するため、地下鉄を出て聖メアリー孤児院に向かう。

孤児院では戦闘はなくイベントのみの構成。順番にジャッキーの過去をたどる回想を見ていくことになる。二階から三階へ続く階段は非常に見えにくいが、二階の焼けおちたフロアに入ってすぐの地点から右手にある。

孤児院の奥までたどり着くとイベントが発生し、チャプター1が終了となる。
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート チャプター2開始~イギリス軍のシェルター

このチャプターではまったく別のマップに飛ばされるのだが、面積自体が非常に広く、目印になるようなものも少ないので迷いやすい構成となっている。また、このチャプターに登場する敵は心臓を食べなかった場合、倒しても一定時間が経過すると再び立ち上がるので、倒したらすぐに心臓を食べることが重要である。

また、チャプターの特徴として敵の攻撃力が高いが、ダークネスエナジーをためることのできる暗闇の部分の割合も高い。できればダメージを肩代わりしてくれるダークネスを召喚しておくと死亡率は大きく下がるだろう。

細い通路から開始となり、少し進むとイベントが発生して新たなダークネスの能力であるデーモンアーム、新たな使い魔であるカミカぜを入手できる。前者は戦闘の用途以外に障害物を突き刺して移動させることが、後者は障害物を爆破して道を作ることが可能であり、これらを利用して先に進んでいくこととなる。

細い通路ではあるが待ち伏せがしやすい構造になっており、実際に敵が潜んでいるので通行には注意が必要。通路の構造として地面に落ちくぼんだ形となっており、上からの攻撃を受けやすく、見逃しやすいのでこの方向には注意を向けることが必要となる。

途中、望遠鏡が設置されており、覗き込むと丘の上にはりつけにされた人間が見えるが、これが目的地の目印となっている。

通路を出た先には荒野が広がっており、左手の崖によって、対岸の荒野と隔てられた地形となっている。先ほど確認したはりつけの人間がいる場所もこの崖際なので、目的地へは崖伝いに進んでいけばよい。はりつけの人間のいる場所近くに存在する通路から、対岸の荒野へ渡ることができる。

荒野では頻繁に空から爆弾が落ちてくるが、歩いていれば命中することはほとんどないのであまり気にする必要はない。

はりつけの人間はときおり叫び声をあげるが、このとき空へ立ち昇る黒いものに当たると即死するため注意。また、崖から落ちても当然ながら即死となる。

対岸の荒野にわたると幅が狭く、ほぼ一本道の構造となっているので、ほぼ迷うことなく進んでいくことができる。

突き当たりで、基地のような建物に行き当たる。そのままでは入れないが、右手に見える見張り台の窓からクリーピング・ダークを使って内部にダークネスを侵入させ、裏側から鍵をあけることで入ることができるようになる。基地の内部にはすぐ右手に再度、クリーピング・ダークで鍵をあける扉が配置されている。侵入口となる小窓が見えにくいため、見落とさないようにしたい。

右手の扉の先に進むと、そこ自体にはなにもないが、カミカゼを召喚することによって壁を破壊し、外に出ることができるようになる。外にでて左側に進んでいくとイギリス軍の陣地にたどりつき、イベントとなる。
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート イギリス軍のシェルター~チャプター2終了

イギリス軍の陣地は細長い構造になっている。通路を進んでいった先の少し広くなった広場にいる兵士に話しかけると、街へと続く地下通路への道を開いてくれる。地下通路を抜けると街にでるが、ここで第一に必要なのはジャッキーの祖父であるアンソニー・エスタカードに会うことである。アンソニーは野戦病院の中にいるので、あたりに見える看板で病院の位置を確認してそちらに進む。

アンソニーに会うとイベントが発生し、兵士によってふさがれていた門が通行できるようになり、その先にある丘が目的地となる。門を抜けて先に進んでいくと、巨大な鐘が通路をふさいでいて通行できないが、これはデーモンアームで突き刺して引きずり出すことが必要である。ここまでこの能力を使ってこなかった場合など、デーモンアームを使用したまま動けることに気づかないと通ることができないので注意しよう。

通路を抜けると、ダークネスの丘にたどりつく。ここで行うことは丘の上で逆さ吊りにされている男から話を聞き、新たな能力であるダークネス・ガンを手に入れることであるが、この逆さ吊りの男はダークネスを召喚した状態でないと見えないためこれには気をつけたい。

ダークネスの丘は逆さ吊りの男がいるポイントから先に進もうとすると、ある程度のところで丘の手前に戻される構造となっている。逆さづりの男に気付けなかった場合、こちらを謎ときと勘違いしてしまいやすい。

ダークネスガンの能力を手に入れたら、街にいるアンソニーの元へ戻る。イベントの後、地下水道への道が開くため、こちらを通って先に進むこととなる。

地下水道を進んでいくと、途中でロックされた扉が存在し、上層のエリアでふたつのバルブを操作して水を抜かなければ先に進むことはできない。

扉の近くにある階段から上層エリアに行くことができる。このエリアは敵の数自体は多くないものの、多くの照明が配置されておりこちらの行動が縛られてしまうという特性を持っている。ちょうど召喚できるようになる、照明を破壊する使い魔であるライトキラーを召喚するのが得策であろう。

敵の攻撃は、前述したロックされた扉の部屋近辺から激しくなる。ロックされた扉の部屋では入ると段差の上の遠距離から敵兵士が銃撃を仕掛けてくるが、このチャプターの敵が持つ一定時間が経過すると復活するという特性上、そのまま遠距離で応戦することはおすすめできない。敵を倒した時など、折を見て段差をのぼっていくか、できるのであれば遠距離からクリーピング・ダークを伸ばして直接心臓を奪いに行くのが賢明である。

扉のロックを解除して先に進んでいくと、地下水道の出口にたどりつく。この出口には敵兵が多く待ち伏せしており、照明も数多く設置されているので通り抜けるのにはなかなか厄介な場所である。近くにゲートが設置されているので、そこから使い魔を召喚して敵を襲わせるのが基本となるだろう。

地下水道を抜けて進んでいくと列車砲がある。車体の後部から乗り込んで進んでいき、操縦席に乗り込めばイベントが発生し、チャプター2が終了となる。
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート チャプター3開始~ガンヒル屋上

ロウアー・イーストサイドはこの駅に隣接しているので電車を乗り換える必要性はない。ジミーと会話した場所のすぐ近くに出口案内の看板がかかっているのでそれを見ながら進んでいこう。出口は左側がチャプター1で通ったトリニティー教会、右側が今回の目的地のロウアー・イーストサイドなので間違えないようにしたい。

地下鉄からロウアー・イーストサイドにでたらすぐ右に進むと、玄関に電気の付いている家があり、そこが目的地のサラの家である。中に入るとイベントが発生し、目的地がフルトン通り駅に存在するガンヒルに更新される。

ガンヒルへはフルトン通り駅の線路の向こう側にある従業員用通路から行くことができる。このゲームでは走る電車に触れてもゲームオーバーになるので轢かれないようにタイミングを見計らうことが必要である。

ガンヒルに侵入して少し進むと、サラとの会話で登場したエイブハンターという老人と合流できる。会話後、エディ・シュロートのアパートの鍵を貰えるので、同じ部屋の中に存在するエレベーターを使って上階にあるエディの自宅へ向かう。

エディの部屋への奇襲は必ず失敗するので気にする必要はない。逃げるエディを追って上階に向かうと応援を呼ばれ、ヘリコプターがこちらを襲ってくる。少しの間死なずに堪えると、ヘリからミサイルが発射され、建物の壁が破壊されるので、そこを通って外の通路に進む。

外の通路に出た後は道に迷いやすいので注意。通路はすぐ行きどまりになり、下に飛び降りることが可能な、別の建物の屋上が存在するのでそこに飛び降りる。その後はビルの壁面を伝っている配管の上を進んでいくことになるのだが、これが非常に分かりにくい。飛び降りた屋上にある大型の空調の室外機からジャンプで登れる配管が見落としやすいながらも正しい道である。この室外機に登るには屋上の外側にある配管にいったん登らなければならないが、ここで操作を誤って落下すると即死してしまう。

配管をつたって別の足場に到着すると警官隊と戦闘になる。戦闘では特に苦労することはないと思われるが、扉を封鎖されるので、窓ガラスを破壊してそこから侵入することになる。

侵入して少し進むと、警官隊が詰めている部屋がある。数が多いので、戦闘がつらいと感じた場合は、いったん発見されてからすぐ通路に戻れば待ち伏せを行うことができ、攻略が楽になると思われる。そこからクリーピング・ダークを伸ばしてもいいが、初期状態では通路と部屋がドアと窓ガラスで隔てられているので、窓を割るなどしてダークネスの侵入経路を開けておくとスムーズに能力を使える。

階段を登って屋上にたどりつくとヘリに乗ってエディが逃走するイベントが発生する。機銃やミサイルを撃たれるが、屋上のフェンスに開いた隙間から飛び降りるとイベントが発生し、その場から脱出できる。

数発の間ミサイルの発射を耐えきっても自動的にイベントが発生して屋上から脱出する。この場合、ミサイルをやり過ごす場所としては屋上へ出てきた階段出口のすぐそばにある角の部分をお勧めする。ヘリの真下に近い画面奥側の位置取りでは、複数発射されるミサイルの流れ弾に当たって死亡するパターンが多いが、この場所であればほぼすべてのミサイルがたどり着く前に着弾し、命中しないのである。
 
 

ザ・ダークネス 詳細な攻略チャート ガンヒル屋上~チャプター3終了

ガンヒルの屋上から逃げ切った後はフルトン通り駅へ戻ることになる。途中でブッチャーから電話をいれるように連絡が入るので、これに従って電話をかけると、フルトン通り駅の公衆トイレで旧市役所駅のカギを入手することが可能になる。

旧市役所駅は、フルトン通り駅のプラットホームのはずれにある鍵のかかった鉄格子を抜けた先にある。旧市役所駅には中盤から通路に罠が仕掛けられるようになるので、走ったりはせずに慎重に進んでいくことが重要となる。罠の破壊に関しては破壊できる物体を自動で捉える性質があるデーモンアームなどがおすすめである。特に電線が水たまりでショートしている場所は、電線を前もって破壊しなければ即死してしまうので注意が必要である。

つきあたりにたどり着くと鍵がかかっていて入れない扉があるので、扉の上にある鉄格子を破壊してクリーピング・ダークを侵入させ、裏側から扉の鍵をあける。

なお、この周辺には緑色の毒ガスが充満している。噴出孔に箱をデーモンアームで移動させることでふさぐこともできるが、おそらくは扉を開けたらすぐに先へ進んでしまうほうが無駄が少ないだろう。扉の目の前にあるワイヤートラップはデーモンアームで破壊できないが、触ってもダメージを受けない空の罠なので気にする必要はない。

扉の先に進むと狂気に支配された男と戦闘となる。鉄格子で部屋が遮断されており、男に近づくことが出来ないが、攻撃で鍵を壊すことで通行が可能になる。男の心臓を食べることで、ブラックホールの能力が入手できるので奥の明るい通路が見える鉄格子にこれを使って先に進む。

奥の通路ではすぐに行きどまりになるが、柵に切れている部分がありそこから下のフロアに降りることが可能である。下のフロアにある梯子を登ると目的としているサウナにつながっている。

サウナではしばらく敵が出ない。途中にある道をふさぐがれきの山はダークネスの能力で簡単に壊せる。

二階との吹き抜け部分から敵が出現するようになる。この近辺から敵の装備が強化されるうえに有利な配置で待ち伏せされているので、身をさらして銃撃戦を行うのは得策ではなく、吹き抜けの手前の通路のあたりからクリーピング・ダークを伸ばして敵を減らしていくのがここでも有効となる。この方法では二階の敵は倒せないが心臓を奪うこともできない敵を無理に倒す必要はなく、一階の安全を確保したらすぐに走り抜けてしまうべきである。

以降、部屋ごとに多くの警官が配置されているが、それほど部屋が広くなく、配置が固まっているので先ほど入手したブラックホールの能力が有効となる。敵は部屋で待ち伏せている形となるのでクリーピング・ダークで遠距離から減らすのもよい。

道なりに進んだ最後の部屋で、エディ・シュロートのブリーフケースを入手。目的達成となるので来た道を戻る。

帰り道では出現する敵が強力なSWATに変化している。ライオットシールドを装備しており、正面からの銃撃がほとんど通用しないので、倒す場合はダークネスのブラックホールといった能力がほぼ生命線となる。

サウナの中では出現するSWATも少なく対処も簡単だが、サウナを抜けて旧市役所駅に入ると数も増え、急激に対処が難しくなる。特に難易度が高いのが、公衆トイレのすぐそばの広場とプラットホーム出口である。

広場ではダークネスの力を封じる照明が多数もちこまれているのでこちらの動きが制限されてしまううえ、広場に足を踏み入れるとすでに囲まれているという配置になっているため、突進するのは自殺行為である。この状況を打開できるのはやはりブラックホールで、敵が隠れている障害物に向けて放つことで効率よく敵を倒していける。さいわい、比較的安全な通路部分でダークネスエナジーの補給が可能である。また、近くにゲートも存在するため、使い魔を呼び出してもよい戦力となるだろう。

広場を抜けた先は複数のSWATが配置された部屋が続くが、配置が固まりすぎているためブラックホールを使うことで簡単に突破することができる。付近のゲートから半永久的に使い魔を呼べるので、彼らを先鋒として送り込んだすきに放つのがより安全であろう。

最後の難関となるのが、旧市役所駅のプラットホームである。

障害物もほとんどないプラットホームに隊列を組んだSWATが待ち伏せており、マシンガンによる弾幕を張ってくる。まともに撃ちあっては一瞬で倒されるので、ダークネスの能力を駆使して少しずつ敵を減らしていくこととなる。手前に配置されている隊は比較的安全な場所から射程に入るためブラックホールを使用することを、奥側の隊はプラットホーム中ごろに配置されている木製の足場の陰からクリーピング・ダークが届くためこれらの使用を推奨する。この場合の陰とはより敵に近いほうの陰である。

木製の足場の陰は完全な安全地帯ではなく、線路側からの攻撃は通さず、プラットホーム側からの攻撃は通すというもである。このため、ここに移動する際にプラットホームに配置されたSWATを倒すことは優先的な事柄となる。

フルトン通り駅へ帰り着くとブッチャーと公衆トイレで落ち合い、ブリーフケースを渡したのちに、エディとの交渉のためトリニティー教会へ向かうイベントが発生する。

トリニティー教会ではエディとの会話の後、待ち伏せしていたSWATと戦うイベントが発生する。敵をすべて倒すと再びイベントが発生し、チャプター3終了となる。イベント中では特定のタイミングでデーモンアームを使うよう指示されるので画面の指示に従うことである。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。