アムジスト雑記

Home > ガンサバイバー

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル 教会のマネージャーの日記

教会のマネージャーの日記

10月7日
今日私を含むこの街の各セクションの担当責任者全員が司令官に呼び出され
先日のアメリカ・ラクーンシティ崩壊の一件についての報告を受けた。

会議ではGウィルスを我が手中に納めんがために裏切った
ウィリアム・バーキンに対しての非難が集まった。
司令官は我々に対しバーキンのような裏切り者がこの街に存在するならば
ソイツを容赦なく殺してもいいと命じられた。

司令官の命令はもっともだと私は感じる。
この街はアンブレラ本社にとってラクーンシティの研究所同様、
いやそれ以上の最重要施設のはずである。決してバイオハザードを起こしてはならない。

ひとたびバイオハザードが起これば、何十億ドルもの巨額を投じてこの街全体を買い取り、
施設を建造したこと全てが無駄になってしまう。
今後は今以上に社員たちの動向に目を光らせる必要がある。
スポンサーサイト
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル レストラン支配人の日記

レストラン支配人の日記

とんでもない話を聞いた。
先週アメリカのラクーンシティって名の小さな街が突如崩壊したそうだ。
何でも住民はみんな化け物になっちまって人っ子一人生き残りはいないらしい。

その事件はアンブレラ製薬が関わっているって話だが詳しいことはよく分からない。
海の向こうの話とはいえアンブレラが関わっているとなりゃ只事じゃねぇ気がする…。
この街に何事もなければいいのだが…。

今日聞いた話じゃラクーンシティを壊滅させたのはウィリアム・バーキンって野郎なんだと。
奴は自分が作ったTやらGやらいうウィルスを一人占めしようとして
アンブレラ本社とウィルスの奪い合いをしてたんだ。

その時なぜか奴は自分の体にウィルスを投与して化け物になっちまい、
ついでに下水に漏れたウィルスがドブねずみを介して街全体に広がったって話だ。

どうする?
昼飯を食いに来たアンブレラ社員の客が例のTウィルスがこの街にもあると話していたんだ。
ソイツはここでは事故なんて絶対起きないって笑っていたが万が一って事もある。

破格のギャラに釣られてアンブレラに雇われた俺だがこのヘンピな街で
アンブレラの社員相手だけに商売するのもそろそろ飽きてきたところだ。
万が一が起きる前にこの街から逃げ出す時が来たのかもしれない。
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル ラクーンシティ崩壊後レポート

ラクーンシティ崩壊後レポート

1998年8月5日

U.B.C.S.調査隊員からの報告書1

5月11日に発生した生物兵器研究所、及びスペンサー卿の洋館におけるバイオハザードは、
S.T.A.R.S.アルファチームのジル・バレンタイン、クリス・レッドフィールドらが
7月25日に施設を爆破する形で一応の終結を見た。

8月5日今現在Tウィルスの周辺への漏洩は確認できず。
しかし更に注意は要するものと思われる。未確認ながら、わが社の元社員である
S.T.A.R.S.アルファチームリーダー・アルバート・ウェスカーは死亡したと思われる。

ジル・バレンタインとクリス・レッドフィールドが、今回の一件をマスコミ関係者
および警察関係者に広く公表する準備を進めているらしいとの情報を入手した。
この件に関しては本社の迅速なる政治的処置を望む。

U.B.C.S.隊員ニコライ・ジノビエフ

1998年9月30日

U.B.C.S.調査隊員からの報告書2

私は今ラクーンシティの一角にある時計塔にいる。街は既にゾンビ達に占領され、
ラクーンシティはバイオハザードにより完全に壊滅したといっても過言ではない。

だが今回は、洋館での偶発的なバイオハザードとは異なり、
わが社の研究員であり、TウィルスとGウィルスの発明者であるウィリアム・バーキン博士の
謀反による人為的事故の疑いが強いようだ。

今回の2つのバイオハザードを調査した結果、私が強く感じたことは、
全世界に散らばるわが社の施設におけるウィルスの管理体制を強化すること、
社員に対する再教育を徹底すること、この2つである。

生物兵器ウィルスは将来わが社の主軸となる貴重な商品となるものである。
今後、二度とバイオハザードが発生しないよう、全社員心してかかって欲しい。

U.B.C.S.隊員ニコライ・ジノビエフ

1998年10月6日

ラクーンシティのバイオハザードにおける、
Tウィルスの感染データ及びB.O.W.との対戦データの収集は困難を極めた。

特にタイラントを改造した、我々が「追跡者」と呼ぶ新種B.O.W.の実戦データ収集に関しては、
こちらが想像する以上にターゲットが狂暴であり知的頭脳を有していたため、
我々が派遣したU.B.C.S.隊員達にも相当の犠牲を強いられた。

研究者諸君においては今回の実戦データを分析することで、
更なる進化した究極のB.O.W.を開発されることを切に願う。

アンブレラB.O.W.開発チーム
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル 患者のカルテ

患者のカルテ

名前:スミス・J・ウィリアムズ
性別:男    年齢:17歳
身長:181cm   体重:72kg
健康状態:良好 精神状態:無気力
投薬:毎朝食時:精神安定剤トランキライザー10mg粉末をスープに混入。
   毎夕食時:睡眠薬ハルシオン5mg混入のパンを与えること。

名前:ジェニファー・キャンベル
性別:女    年齢:18歳
身長:165cm   体重:47kg
健康状態:良好 精神状態:不安定
投薬:長期にわたる隔離生活の為かなり猜疑心が強く
他のもの達のように食事に精神安定剤を混入する方法は効果がない。(食事を残すため)
よって飲料水に精神安定剤を溶かして飲ませる方法が最良と思われる。

INVARID

名前:リョウジ・ヨコタ
性別:男    年齢:18歳
身長:177cm   体重:59kg
健康状態:MRI検査の結果小脳に静脈癌あり。商品価値なし。

名前:カレリーナ・アルバチャコフ
性別:女    年齢:17歳
身長:155cm 体重:43kg
健康状態:良好 精神状態:良好
投薬:毎朝食事:精神安定剤トランキライザー10mg粉末をスープに混入。
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル アンブレラ極秘ファイル

アンブレラ極秘ファイル

アンブレラ社極秘資料
関係者以外の閲覧を禁ず

このファイルは1998年5月11日を発端とする
アメリカ・アークレイ研究所において発生した”Tウィルス”の流出事故及び
その約4ヶ月後ラクーンシティにおいて発生した大規模なバイオハザードによって
誕生したウィルス感染による新種の生命体・B.O.W.のデータである。

なお未確認ながらここに記した以外にもB.O.W.は複数存在していたと思われる。
それらについてはデータが揃い次第ファイルに記載するものとする。

B.O.W.ファイル1[ゾンビ]

Tウィルスを感染させた人間。人間としての理性を失い本能、
特に食欲に突き動かされ常に人肉を求めて彷徨い歩く。

対処法:動きは遅いので離れた場所からの狙撃により簡単に倒す事ができる。

B.O.W.ファイル2[ケルベロス]

Tウィルスを感染させた犬。
人間のゾンビに比べ肉体の腐食化はあまり進んでいないので俊敏な動きで襲ってくる。
物音に敏感で走る音を聞きつけて遠くから襲いかかってくる事がある。

対処法:ハンドガンで十分対処できるモンスターではあるが動きが速く照準を合わせる事が困難である。

B.O.W.ファイル3[リッカー]

ゾンビとなった人間が更にTウィルスに侵食され突然変異を起こし生まれた。
変形に伴い四足歩行や脳の露出という際立った特徴を持つに至る。
ゾンビに比べ瞬発力が飛躍的に向上し視覚器官を持たない代りに聴覚が異常発達している。

対処法:音に反応し襲ってくるので、銃攻撃での攻撃は注意を要する。
また、足音にも敏感に反応するので無闇に走ると危険である。

B.O.W.ファイル4[イビー]

植物をベースにしたB.O.W.。体表から水蒸気を摂取することで自立歩行を可能にした。
ムチのような触手攻撃に注意されたし。

対処法:火に弱いので、火炎弾を装填したグレネードランチャーが有効。

B.O.W.ファイル5[ハンター]

人間をTウィルスでDNA操作して作り上げたB.O.W.。
特に下半身の筋力が高められており、高くジャンプして攻撃をしかけてくる。

対処法:獲物に飛びかかる直前に一瞬ではあるがその俊敏な動きが止まる瞬間がある。
そこを狙って攻撃するのが最良だろう。

B.O.W.ファイル6[タイラント]

わが社が総力をあげて創りあげたTウィルスB.O.W.の究極形態。
更にタイラントをベースに、より凶暴化させた通称「タイラント改」
および知的生物を寄生させた通称「追跡者」がヨーロッパ支部で開発された。

対処法:この強靭な防御力と破壊力に対しては何の手立ても無いに等しい。

B.O.W.ファイル7[ ]

まだ完成には至っていないが、理論上はタイラントの遺伝子培養時に、
ある物質を投与することで、更に凶暴なるB.O.W.を大量に生産することが可能である。
しかし問題は…。
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル 管理人アンディの日記

管理人アンディの日記

嫌な噂を聞いた。赴任してきたビンセント司令官の奴、
工場の連中に命令して、毎日、世界中から連れてきた若者達に残虐な行為をしているらしい。

元々あの若者達が何の為にこの街に連れてこられたのか、
その理由自体知らされていない俺だが、あまり気持ちのいい話じゃねえな…。
まあ、この俺にそのとばっちりがこなければ何の問題もねえのだが…。

10月10日

昨日の夜、上で何か大きな事件が起きたらしい。
詳しい事は知らないが、ビンセント司令官がまた何か残虐なことをしでかしたっていう話だ。

11月9日

今日、とうとうビンセント司令官がここへ視察にやってきた。
たわいもない世間話をしただけだったが見るからに残忍そうな奴で、
記念に1枚ってノリで写真を1枚撮ってやったら、すごく怒りやがった。
噂どおりの嫌な奴だった。
 
 

バイオハザード ガンサバイバー ファイル 刑務所長の日記

刑務所長の日記

10月20日

本日、アンブレラ本社から先日報告書として提出した
原材料20体の集団自殺事件についての返答が返ってきた。

本社は今回の事件について何も疑っていないのか、
すぐさま世界各地から次なる原材料を供給する予定であるとの返答だった。

私は今更ながらビンセント司令官に命じられるまま、
あの集団脱獄事件を集団自殺として虚偽の報告をしてしまった事を後悔している。

だがこの街にいる限りビンセント司令官を敵に回すことは死を意味する。
私はあの夜、集団脱獄を謀った若者たち全員を虫けらを殺すがごとく
射殺する時のビンセント司令官のあの残酷な微笑みが忘れられない。

ビンセント司令官は噂どおり血も涙もない冷酷無比な男だった。彼は殺人鬼だ。
本来なら私は真実を本社に報告すべき立場にいる。
だが私は怖い。ビンセント司令官が。私は一体どうしたらいいのか…。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。