アムジスト雑記

Home > バイオハザード5

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バイオハザード5 ファイル 荒れた筆跡のメモ

(荒れた筆跡で文字が書き殴られている……)

招かれざる客には、裁きの刃を!

やつらに死の祝福を!

そして我らに救いを与えたまえ!!
スポンサーサイト
 
 

バイオハザード5 ファイル "タイプ2"プラーガについて

"タイプ2"プラーガについて

ヨーロッパの寒村で発見された「プラーガ」には、
寄生により宿主をコントロールするという特徴がある。
この特徴を用いることにより、命令に忠実な兵士を作り出すというのが、
このプラーガ商品化の狙いである。
しかし、商品化には一つの問題があった。
プラーガは、宿主の体内に投与してから精神を支配するまでの間に、
絶対的なタイムラグが存在するのだ。

これはプラ-ガが卵の状態で投与されるため、ふ化して成長し、
中枢神経に取り付くまでにどうしても時間が必要なためである。
プラーガの成長は決して遅くはないが、我々の顧客にはせっかちな人間が多い。
必要な時に、”すぐに”効果がないと、商品としての成功は望め ないだろう。

そこで改良型のプラーガが開発された。
我々は、この改良型を「プラーガ・タイプ2」と呼んでいる。
タイプ2では、すでに成長したプラーガを直接投与するため、
精神の支配が即時に行われるという特徴がある。

投与の方法は、経口投与。つまりは、口から無理やり押し込むわけだ。
荒っぽい方法だが、時にはシンプルな方法が一番のこともある。
経口投与されたタイプ2は、食道を破って体内に侵入し、延髄精神の支配を始める。

研究室内での実験では、タイプ2の投与から精神が支配されるまで、
平均10秒以下というタイムを記録している。
また、原種プラーガが持っていた特徴も併せ持っていることが確認された。
これだけの性能があれば、まずは商品として十分に売り物になるだろう。

残るは実験データの蓄積だが、これはキジュジュ自治区で行うことにする。
実験項目は以下の3点である。

1.感染
タイプ2の一次投与は10体の被験者に留め、その後の感染の拡散スピードを観察、調査する。
そのため、最初の10名の被験者には、あらかじめ十分な量のタイプ2を渡しておく。

2.抑制
プラーガが感染者にもたらす凶暴性を、どこまで抑制することができるかを実験する。
これには、同時にBSAA隊員を市街地深部まで誘導し、
3番の実験をスムーズに行うための効果も期待する。

3.戦闘
タイプ2の戦闘能力に関するデータを蓄積する。
戦闘対象は現地に出動してきたBSAA隊員とする。

以上の実験をもって、プラーガ・タイプ2の最終評価試験とする。

↑プラーガの原生地はスペイン。
2004年、エイダ・ウォンによって「支配種プラーガ」の残骸が回収された。
タイプ2は原種をトライセル社が改良したものである。
 
 

バイオハザード5 ファイル なにかのメモ

(何かのメモのようだ……)

プラーガ → 体内で変異?

低確率だが強力。
セールスポイントになるか?

ただし光に弱い  
  ↑
早急に改良を!!
 
 

バイオハザード5 ファイル 定時報告

定時報告

救援要請があったため出動したが、
通信から現地到着前にデルタチームはすでに全滅したと判断する。
だが、通信機から発信されるビーコンの一部が移動していたため、
目標を変更しビーコンを追跡。生存者の可能性あり。

残念ながらビーコンの発信は途切れてしまったが、この先から発信されていたのは間違いない。
扉が閉ざされているためこのままでは進入できないが、方法はあると思われる。
引き続き捜索を続行する。

以上。

↑ここでいう生存者とはデルタチームの隊長であるジョッシュ・ストーン。
デルタチームはエルヒガンテの改良種「ンデス」の襲撃にあい壊滅した。
なお、彼自身はプラーガによって凶暴化した先住民との戦闘によって死亡したものと思われる。
 
 

バイオハザード5 ファイル 村の青年の日記

村の青年の日記

4月5日
村に油田の所長と名乗る男がやってきた
油田のそばに住む住人全員に、伝染病の予防接種をしたいのだと言う。
あいつらは、我々の親の世代の者をだまして土地を手に入れ、あの油田を作った。
その負い目があるのだろう。ことあるごとに村に便宜を図ってくれる。

沼の行き来に不自由していると言えば、ワイヤーを張ってあのゴンドラを作ってくれたりもした。
時には外国の珍しい酒を振舞ってくれることもある。今回もそういうことなのだろう。

村人たちは喜んで申し出を受けたが、俺は断った。
別に、はっきりとした理由があったわけじゃない。
なんとなく、村に来た油田の所長の目つきが気に食わなかった。
ただ、それだけだ。

4月8日
予防接種を受けるため、村の者たちは、全員油田へと出かけていった。
いつも騒がしい村が静かだ。こういう日は、ゆっくりと昼寝をするに限る。

4月9日
昼寝をしすぎたせいか、なかなか寝付けないでいると外が騒がしい。
広場で、皆が真剣な様子で話し合っている。なんでも、子供が大変な高熱で苦しんでいるのだと言う。
それも一人ではない。全員が、である。

母親達は、汲んできたばかりの水で子供達の体を冷やしているが、いっこうに熱は下がらない。
明け方、全員が息を引き取った。朝になり、村長が油田へと出かけた。
皆、子供たちの死が、昨日の予防接種と関係あるのではないかと思っていた。

戻ってきた村長は、子供たちの死は伝染病の初期段階かも知れないので、
もう一度予防接種を受けることになったと皆に告げた。
俺は今回も拒否したが、伝染病にかかれば村の一大事だ。
皆に無理やり連れて行かれ、予防接種を受けさせられた。

4月10日
村で喧嘩が起こる。男達は全員殺気立っている。
子供を亡くしたばかりだからと思うが、どうも違うような気もする。
反対に、女性はぐったりとしていて元気が無い。すでに伝染病が広がり始めているのか?

4月11日
今日は、なぜか落ち着かない。体の芯がうずくようで、じっとしていられない。
仕方がなく、外へ出て体を動かすことにした。外に出ると、奇妙な格好をしている奴がいた。
服を脱いで武器を手にし、体中に戦士の模様をペイントしている。
村祭りの日ならともかく、なんて格好しているんだ。

一言いってやろうと声をかけたが、振り向いたその顔を見て何も言えなくなってしまった。
顔の半分が醜く膨れ上がり、人とは思えない顔つきになっていた。
一体、どうなっている!?

4月12日
昨日から、悲めいがたえない。
おとこたちは、昔にもどったかのようなカッコウであらそいをつづけている。
おんなたちは、ほとんどが死んだか、殺されたかしたようだ。

4月13日
アタマぼーっとしている。
熱ある?
かんがえまとまらない。
今、マドの外、大おとことおった。
3メートルぐらいあった。
幻覚?

4月14日
いい気ぶん……

ひめい……おち着く……

たのしい……

オレも……だれか殺……したい……

↑先住民に予防接種と偽って投与されたのは改良された「プラーガ・タイプ2」。
子供と女性が全員死んでしまったのは、体がプラーガの負荷に耐え切れなかったためである。
原生種の場合、子供が命を落とすのは変わりないものの、女性には定着例があった。
 
 

バイオハザード5 ファイル プラーガ・タイプ3の実験について

プラーガ・タイプ3の実験について

この地では改良型プラーガ「タイプ3」の実地試験を開始して1週間が経過した。
タイプ3は、これまでのプラーガではなしえなかった
「身体能力の飛躍的向上」をコンセプトに作られた改良型である。
原種プラーガでも、支配種と呼ばれる特別なプラーガを使用すれば身体能力の飛躍的向上は見込める。

だが、支配種は絶対的に数が少なく、
なによりも外見の劇的な変化を伴ってしまうため、状況によっては使いにくい。
それではダメだ。
我々が目指すのは、外見的な変化を伴わず超人的な身体能力を有する兵士を作りだすことなのだ。
それでこそ売り物になる。

別の研究チームでは、
プラーガ以外を使用して似たようなコンセプトの商品を開発しているらしいが、
人間との親和性を考えればプラーガを使用するのが一番いい。
どんなに優れた兵士を生み出すことができても、定着率が悪ければ意味がない。

そこで我々は、従属種のプラーガ、
いわゆる”普通の”プラーガに支配種プラーガの因子を移植することで、
新しいプラーガを開発することにした。
それが「プラーガ・タイプ3」である。
タイプ3が完成すれば、生物兵器市場のトレンドを一気に塗り替えてしまうだろう。

だが、それは当分先の話のようだ。
今回の実地試験で、タイプ3の問題点がいくつか浮き彫りになった。

まず、定着率の低さ。
成人男性への定着率は92%と通常のプラーガ並みだったが、女性と子供への定着率はほぼ0%だった。

これでは定着率の高いプラーガをベースに開発した意味がない。
また、外見的な変化も致命的だ。体中のあらゆる部分に変化が見られた。
これは、支配種プラーガの因子が色濃く残りすぎているせいなのかもしれない。

だが、失敗ばかりではない。
目指していた身体能力の飛躍的向上については、ある程度達成されたと言ってもよい。
特に跳躍力については、目覚しい進化をとげた。

予想外だった点としては、一部の被験者が巨大化したことだろう。
3メートル近くまで巨大化した者までいる。
これも支配種プラーガのせいだと考えられるが、まずは許容範囲内といえるだろう。

今回の実地試験は残念な結果に終わったが、完全な失敗だったわけではない。
失敗だったとしても、次に活かせばよいのだ。まだ望みはある。

↑アンブレラ崩壊後の世界では彼らが開発した生物兵器の流出によって生物兵器市場が拡大、
道具を得たテロリストらによってバイオテロが頻発していた。
別の研究チームが開発している商品、とは「ウロボロス・ウイルス」のことである。
 
 

バイオハザード5 ファイル 工場責任者の日誌 施設管理者の日誌

工場責任者の日誌

苦労してンディパヤ族を遺跡から追い出したのは、
この“お花畑”を奪うためだったと聞くが、その後の工事のお粗末さはどうだ。

遺跡の中にムリヤリ実験棟を作ったために、地下水脈の流れを変えてしまった。
おかげで“お花畑”は干からび、花は枯れる寸前だ。

それもこれも、研究のことしか頭にない主任研究員のブランドンが
研究施設を当初の予定の3倍の広さにしたいなんて言い出すからだ。
それを受け入れた結果、俺の前任だったピーターは、
とうとう工事責任者から解任されてしまった。
かわいそうに。

もっとも、この花を枯らしてしまったら俺も同じ運命だ。
あまり同情もしていられない。早く新しい水源を確保しなければ。
地質調査の結果、ここの地下500メートルの位置に水脈が存在するらしい。

かなり深いが、ファビアノ社製の最新型ポンプシステムを設置すれば大丈夫だろう。
問題はいつまでにそれをここまで持ってこれるかだ。
どう楽観的に見積もっても、年内に必要な機材を搬入し、設置までするのは到底不可能だ。
それまでは人力で水を運び、水を絶やさないようにするしかないだろう。
どうやら、俺の60年代最後のクリスマスは水汲みで終わってしまうらしい。
最悪だ。

(ここからは紙が新しい)

施設管理者の日誌

地下水を汲み上げ、始祖花に水を供給しているポンプシステムは、
今はまだ正常に動作しているが早急なメンテナンスが必要だ。

アンブレラがこのポンプを設置したのは30年以上前。
それから水を汲み上げ続けてきたのだから無理もない。
特に地下水をろ過するためのタンクはもう限界だ。
これだけでも早急に交換する必要がある。

幸いなことに、アンブレラの工事責任者の日誌が見つかった。
これによると、ここで使われているポンプシステムはファビアノ社製のものらしい。
ファビアノ社製のポンプシステムなら、うちの資源開発部門の施設でも使っているはずだ。

たしか、ミスター・アーヴィングが所長をしている小さな油田がこの近くにある。
そこからまわしてもらうことにしよう。

↑前者はアンブレラ、後者はトライセルの人間が書いた日誌。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。