アムジスト雑記

Home > Devil May Cry 4

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 プロローグ 字幕・英語

プロローグ

とある大陸沿岸部に存在する城塞都市フォルトゥナ。
巨大な聖堂の内部で集会が行われている。

栗色の髪をしたキリエといううら若い乙女によって、神へと歌がささげられる。
そのころ、外では一人の青年が聖堂へ急いでいる。名前はネロ。
青みがかった黒のコートに銀髪の、端正な顔立ちの青年。
巨大な剣を背負い、右手を包帯で吊っている。

下等な悪魔が現れて妨害するが、意に介さない。
キリエの歌が終わるころ、ネロが聖堂へ到着する。
ネロの姿を見てキリエが微笑む。ネロはキリエに贈り物を用意している。

教皇:
今より2000年前―――

2000 years ago,

魔剣士スパーダは悪魔でありながら―――

the Dark Knight Sparda turned against his demon brethren

我ら人間の為に剣を取って下さった

and took up his sword for the sake of mankind.

されど人はその事実を忘れ去り―――

Though despite his brave efforts in our names,

今や堕落の妬みにあると言って良い

I fear some have forgotten the truth of that great sacrifice.

あの忌まわしき時代が再来すれば…

If the events of that terrible time were to reoccur,

封じられた魔界が復活すれば…

the fusing of both the demonic and human realms,

我らはあまりにか弱い

we, weak humans,

抗うことなどできようはずも無い

would have no means by which to oppose our submission.

我らはただ祈りを捧げよう

And so I ask you to unite! And pray

どんな困難が我らを襲おうとも

that even if such a dark time of chaos were to revisit us,

神が必ず救ってくださると信じて

our gracious Savior would shelter us from the storm.

祈るのだ…

Let us pray!

ネロは教皇が話している間に、キリエに贈り物を渡している。
うれしそうな顔をするキリエ。

大部分の信者は顔を伏せ、教皇の話に静かに耳を傾けている。
ネロだけがうんざりした面差しで立ち上がり、帰ろうとする。

キリエ:
ネロ… どうしたの?

Nero... What's wrong?

ネロ:
帰るのさ

I'm outta here.

キリエ:
お祈りが…

But it's not over yet.

ネロ:
眠たくなるだけだ

All this preaching's putting me to sleep.

ネロ、立ち上がって帰ろうとする。
右手の包帯の下からぼんやりとした青い光が漏れ出す。
立ち止まって振り向く。

突如、聖堂の窓を突き破って、赤いコートを着た銀髪の男が飛び込んでくる。
男は教皇に銃を突きつけ、発砲する。

クレド:
教皇!

Your Holiness!

聖堂内はパニックとなる。
クレドを長とする教団騎士が赤い男に立ち向かうが、手も足も出ない。
これを見たネロ、キリエの手を取って逃げようとする。贈り物の箱が落ちてしまう。

クレド、撃たれた教皇の元へ駆け寄る。すでに事切れている。

クレド:
くそ…

No!

教団騎士は次々と倒されていき、とうとう全滅する。
赤い男がクレドのほうを見る。

キリエ:
兄さん!

Credo!

ネロ:
キリエ!

Kyrie!

キリエがネロの手を振り切ってクレドに駆け寄る。
まだ死んではいなかった騎士が起き上がって赤い男に飛びかかり、吹き飛ばされる。
キリエは吹き飛ばされた男にぶつかって倒れてしまう。
赤い男がキリエに歩み寄る。キリエ、恐怖の表情を浮かべる。
うなり声をあげて駆け寄ったネロが、赤い男にドロップキックを見舞う。
男は吹き飛び、追い打ちをかけようとするネロとの間に攻防が起きる。

剣を地につきたてた姿の大きな神像。
その腕の部分で、ネロと赤い男が銃を向けあって対峙する。
男が背負っていた大剣はネロの攻撃によって神像の頭に刺さっている。

キリエ:
ネロ!

Nero!

ネロ:
キリエ!

Kyrie!

駆け寄ろうとするキリエをクレドが制止する。

ネロ:
クレドと逃げろ!

Go with your brother and get outta here!

クレド:
応援を呼ぶ!

I will return with help!

死ぬなよ!

You stall him until then!

聖堂に残されるはネロと赤い男のみとなる。

ネロ:
期待せずに待つさ

I won't hold my breath.

攻防が始まる。ネロ、剣を使わず右腕は吊ったまま。
ネロの攻撃は一度も当らない。男の手には剣が戻る。
余裕を見せる赤い男に対し、ネロは銃を男に向けたまま。

ネロ:
余裕たっぷりだな

You got a jacked-up notion of fair play pal,

ムカつく野郎だ

and it's beginning to piss me off.
スポンサーサイト
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 Mission1 字幕・英語

Mission01 ~赤の男~ BIRDS OF A FEATHER

赤い男と戦闘。(銃のチュートリアル)

ネロ、銃撃。予備弾倉を投げあげ、
素早くリロードをして男の方向へ向き直るが、男は消えている。
男、ネロの背後の柱の影から現れる。

ネロ:
銃だけじゃ無理か…

I guess this doesn't quite cut it.

ネロ、蹴りあげて刺さっていた自分の剣を手にする。

ネロ:
その剣 飾りじゃないんだろ?

What's the point of packin' a sword like that if you aren't even gonna use it?

赤い男、向き直ってネロの動きの真似をする。ネロ、飛び掛かる。

赤い男と戦闘。(剣のチュートリアル)

ネロと赤い男の間で剣の攻防。ネロの方が押され、剣を弾き飛ばされる。
赤い男、態勢が崩れたネロに渾身の突きを放つ。
ネロ、包帯で隠していた右手で防御。あたりの椅子が衝撃で吹き飛ぶ。

赤い男:
どういう仕掛けになってんだ?

You got a trick up your sleeve.

ネロの右手があらわになっている。さながら悪魔のような、人にあらざる腕。

ネロ:
喋れるのかよ…

I thought the cat had your tongue.

だが 種明かしは――

If it's a trick you're looking for...

してやれないな!

then try this!

力をこめ、赤い男を跳ね飛ばす。

赤い男:
まさかお前も…

Looks like you too are...

ネロ、唸り声をあげて、神像から外れた巨大な剣を赤い男に投げつける。
赤い男、体を少しひねって避ける。

ネロ:
人が来る前に終わらせてやる!

Hate to interrupt, but I wanna wrap this show up before the cavalry arrives!

赤い男と戦闘。(デビルブリンガーのチュートリアル)

再び攻防。ネロ、赤い男の一撃を、右腕で受け止める。
そのまま剣を掴み、投げ飛ばす。ネロ、少々息が上がっている。

赤い男:
まだやるか?

So, you're looking to play, huh?

来いよ 遊んでやる

Alright, I guess I got some time to kill...

ネロ:
タフだな…

Tough guy, huh?

剣を肩に担ぐ。

ネロ:
じゃあ――

Well...

素早く振り返って長椅子を蹴り飛ばす。
椅子は凄まじい勢いで赤い男へと滑っていく。赤い男、飛び上がる。
飛び掛かっていたネロと空中で剣が交錯。赤い男、着地する。
振り返ると、ネロが重なって山となった椅子の上に座っている。
挑発的な姿勢。剣は肩に担がれている。

ネロ:
徹底的に叩くまでの事だ

I think I'll have to take you down a couple notches.

赤い男:
そりゃ楽しみだ

Whatever you say, kid.

赤い男と戦闘。

ネロ、右腕に力を込めて赤い男を殴りつける。赤い男、防御した剣もろとも大きく吹き飛ぶ。
が、ネロに足を掴まれ、引き戻される。ネロ、そのまま顔面を殴りつけ、叩き落す。
石の床に亀裂が入る。ネロ、赤い男をさらに殴り、投げ飛ばす。
男は神像に激突。さらに男の剣を投げつける。赤い男は串刺しとなる。

帰ろうとするネロ。

赤い男の声:
やるな…

Getting better...

ネロ、驚いて振り向く。
串刺しのまま男がしゃべりだす。

赤い男:
ちょっとお前の力を――

I would even go as far as to say that I underestimated your...

甘く見てた

abilities.

力を込めて剣を像から引きはがし、着地する。
剣は男の胸を貫いたままである。

ネロ:
人間じゃない…

You aren't human, are you?

赤い男:
お互いサマだろ お前も――

We're the same... you and...

胸に刺さった剣を引き抜く。

赤い男:
俺も

I...

こいつらも

and them...

床に転がっている教団の騎士たちを指し示す。
常に身に着けている兜とフードが外れてみれば、明らかに人ではない風貌。

赤い男:
お前は少し違うみたいだがな

Though I suspect you carry something different from the others.

いつのまにか男が破壊された窓辺に移動している。

ネロ:
何の事だ?

What are you talking about?

赤い男:
そのうち分かるさ

You will come to learn the meaning soon enough.

俺は… 仕事があるんでね

But... business beckons.

去ろうとする。

ネロ:
おい!

Hey!

発砲。

窓辺から赤い男が顔を出す。

赤い男:
アバヨ 坊や

Adios, kid.

悔しそうな表情をするネロ。
応援の騎士が駆けつけてくる。ネロ、右手を隠す。
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 Mission2 字幕・英語

MISSION 02 ~地獄門~ LA PORTE DE L'ENFER

ぼろぼろになった聖堂。ネロ、キリエ、クレドの三人がいる。
キリエが大きな黒い箱を引きずっている。

ネロ:
持ってきたのか

You brought this here for me?

キリエ:
兄さんに頼まれたから…

Credo requested. She yearns for your touch.

ネロ:
助かるよ これで仕事が楽になる

Thanks. This blade's the best battle companion a swords man could wish for.

ネロ、キリエから受け取った箱を開ける。なにやら整備を始める。
キリエ、先ほど落とした贈り物の箱へ歩み寄る。
踏み潰された箱からは贈り物の首飾りが飛び出している。
首飾りは傷ついていない。キリエ、首飾りを拾い上げて微笑む。

ネロ:
フォルトゥナ城か…

Fortuna Castle, huh?

クレド:
目撃者がいる

That's what the witnesses said.

ネロ:
殺人鬼が観光名所めぐりとはね

Guy just came from Hell, he's gotta hit up a couple tourist sites.

クレド:
真剣にやれ!

You jest so lightly in a time of crisis?

ネロ、整備を終えて立ち上がる。クレド、ネロの方に向きなおる。

クレド:
逃がすなよ

You must capture him.

ネロ:
分かってるさ

Trust me, I'll get it done.

キリエ:
無理をしないようにね

Please be careful. You still haven't recovered.

ネロ:
それが仕事なんだ

There's no time and duty calls.

ネロ、キリエのほうを振り向く。
彼女の胸には彼が送った首飾りが光っている。ネロの口元がほころぶ。

ネロ:
非常事態だしな

Can't pass on an emergency.

クレド:
私は本部に戻る

I must return to headquarters and report.

足早に歩き出すクレドだが、地鳴りが起きて足が止まる。
あたりを見回す三人。外に出る。

聖堂の外。

市民:
誰か助けてくれ!

Someone help me!

一人の市民がふらふらとした足取りで歩み寄ってくる。
追ってきたと思われる悪魔が現れ、背後から襲い掛かる。
ネロの陰で目を追うキリエ。市民は物影に引きずり込まれ、投げ出される。

逃げ惑う市民。現れた大量の悪魔によって次々と犠牲者が増えていく。

ネロ:
ヤツの仕業か

Is this him?

クレド:
…そうかもしれん

I... I'm not sure.

あまりの惨状に、キリエがネロの陰で目を伏せ、おびえている。

ネロ:
クレド

Credo,

キリエを頼む

take care of Kyrie.

ここは俺が

I got this!

ネロ、剣を構えて飛び出し、悪魔をなぎ倒していく。

クレド:
住民は本部に避難させる

We must evacuate the residents back to Headquarters.

クレド、話しながら住民を誘導している。

クレド:
何かあったらお前も本部に来い

Report back as soon as you can, and be careful.

ネロ、悪魔をなぎ倒しながら答える。

ネロ:
了解!

I got it already!

クレド:
キリエ 早く避難しろ!

Kyrie, run! Go with the others!

泣き続け、その場から動こうとしない子供がいる。悪魔に襲われようとしている。
逃げようとしていたキリエ、子供へ駆け寄り、抱きかかえて守ろうとする。
悪魔の刃がキリエの首元へと伸びていく。目を閉じるキリエ。

間に入ったネロの一撃で数体の悪魔が吹き飛んで消滅する。

ネロ:
行け! 早く!

Go! Get outta here!

キリエ:
ネロ…

Nero!

キリエ、子供と共にその場から離れる。

ネロ、隠していた悪魔の右腕を露わにする。

ネロ:
焦るなよ…

Not so fast...

ネロ、右腕を伸ばして背後の悪魔を掴み、振り回す。
数体の悪魔を巻き込んで石造りの門にたたきつける。
衝撃で門が崩壊する。

キリエ、この様子を心配そうに見やったあと、子供と共に避難していく。

ネロによって悪魔が次々と倒されていく。

ネロ:
お仕置きの時間だ

This baby sure can pack a punch.

赤い男が目撃されたというフォルトゥナ城に向かうネロ。
廃墟が立ち並ぶ町はずれにたどり着く。
異質な、巨大で黒い石板がある。

ネロ:
アレから悪魔が湧いてるのか

Let me guess, more demons?

地鳴り。石板の表面が赤く染まり、火炎を纏った巨大な悪魔が飛び出してくる。
悪魔の咆哮によってあたりの廃墟が燃え上がる。手のひらで顔をあおぐネロ。

ベリアル:
久しぶりの人間界よ…

The human world. It's been a while...

ネロとベリアルがすれ違うがベリアルは問題にしない。
突然ネロが足を止め、背中の剣を振り回す。
発生した風圧で廃墟の炎が消える。

振り向くベリアル。

ベリアル:
面白い真似をする

How curious...

ネロ:
暑いのは苦手なもんでね

Fire's bad for the complexion. I burn easily, never tan.

地響きを立てながら歩み寄るベリアル。

ベリアル:
2000年前の人間界には――

When I came to this world 2,000 years ago,

貴様のような者はおらなんだ

there was no such human as the likes of you.

ネロ:
長生きな爺さんだ

Wanna make it another 2,000?

ベリアル:
黙れ!

Silence!

ベリアル、手にしていた巨大な剣でネロを突き刺そうとする。
ネロも片手で突きを繰り出し、ベリアルの剣を押しとどめる。
ベリアルの剣が力を込めたネロによって弾かれる。
余裕のある態度を見せるネロ。

ベリアル:
思い知れ! このベリアルの力!

Futile pest, you will suffer the wrath of Berial!

剣でネロを指し示す。

ベリアル:
我こそは炎獄の覇者ぞ!

I, the conqueror of the Fire Hell!

おたけびをあげる。

ベリアルと戦闘。

傷を負ったベリアル。

ベリアル:
その腕! 人間ではないのか!

Your arm... You are not human!

ネロ:
俺に聞くな

Don't ask.

こっちも迷惑してんだ

Damn thing drives me crazy though.

ベリアル:
ヤツ以外にもこのような者が…

You are just like he was...

ネロ:
誰の事だ?

And he would be...?

ベリアル:
力を蓄えねばならぬ!

I must restore my powers...

ベリアル、雄叫びと共に炎の塊と化す。

ネロ:
おい!

Hey!

ベリアルは黒い石板へと消えていく。ネロ、困惑の表情であたりを見回す。
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 Mission3 字幕・英語

Mission 03 ~白い翼~ THE WHITE WING

町を抜け、フォルトゥナ城前にたどり着いたネロ。
浅黒い肌で、水色の服、水色の髪、水色の目をした女性が下等な悪魔と争っている。

悪魔はあっという間に蹴散らされる。が、最後の一匹が女性の背後から襲いかかる。
ネロの銃撃によって倒される。

グロリア:
ありがとう

I owe you thanks.

グロリア、ネロに歩み寄る。

ネロ:
見ない顔だな

You're from the Order...?

教団の人間か?

Never seen you before.

グロリア:
新入りなの

I'm new.

グロリアよ

Gloria.

右手を突き出す。ネロ、握手には応じない。

グロリア:
貴方はネロね

You're Nero, right?

噂通り

I've heard rumors.

ネロ:
悪い噂だろ

Hasn't everyone?

グロリア:
扱いにくい“はみ出し者”

Quite a few in fact, and none too flattering.

ネロ:
それで?

So what's the deal?

悪魔はどこから?

Where're they coming from?

グロリア:
さあ…

It's strange...

殺してもキリがないのは確かね

No matter the number you kill, more will come.

グロリア、武器をしまう。

ネロ:
俺は別任務だから

Then I'll leave that chore to you. I've got some personal slaying to take care of.

ネロ、歩き去ろうとする。

グロリア:
私は他の場所に援護に行くの

I'll join with the others, we'll take care of them.

グロリアの足元で倒れていた悪魔が動く。踏みつける。

グロリア:
貴方に神のご加護を

May the Savior be with you on your journey.

グロリア去る。ネロは足を止めてこれを見ている。歩き出す。

ネロ:
“神”だとさ…

Savior...

赤い男を捕えるため、フォルトゥナ城を探索するネロ。

城の一画の図書室。本が散らかっている。

ネロ:
殺人犯がお勉強か…?

Didn't figure this guy for a bookworm...

背後で物音。ネロ、銃を構えて振り向く。教団の鎧を着た騎士。

ネロ:
危うく撃つところだ

That's one way to get yourself shot.

騎士、無言。

ネロ:
悪魔どもを追ってきたのか?

So you after this guy too, or just here to catch some demons?

騎士、無言。ネロ、再び本に向かう。

ネロ:
無口だな

Silent type, huh?

…嫌いなタイプだ

Well that's... annoying.

ネロの背後で騎士が槍を構える。槍がネロへと突き出される。
ネロ、本で挟み込んで槍を止める。

ネロ:
冗談だろ?

So much for friendly banter!

騎士が槍を振り回す。ネロよける。散らかっていた本はばらばらになる。

ネロ:
本気でヤる気か? 来いよ

If you want a fight, then come on!

ビアンコアンジェロと戦闘。

倒れる騎士。兜が外れる。

ネロ:
空っぽ か…

Empty...

鎧が消滅していく。

ネロ:
…鎧が取り憑かれた?

A demon; it possessed the Order's armor...

嫌な予感がする…

That's not a good sign.
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 Mission4 字幕・英語

Mission 04 ~吹雪と蛙~ COLD BLOODED

城の中庭にたどりつく。強い吹雪と、女の笑い声に包まれている。
ネロの正面には悪魔が侵入した地獄門が。
青い光を放つ、さながら妖精のような二体の女性の悪魔が宙を舞っている。

ネロ:
吹雪は奴らのせいか…

This blizzard must be these demons.

絡み合い、ネロを挑発する二体の悪魔。

バエルの触手と戦闘。

巨大な蛙のような醜悪極まる悪魔が突然現れ、ネロを飲み込もうとする。かわされる。

ネロ:
それが本体かよ…

So this is what you really look like...

バエル:
クソッタレめッ!

You're stronger than you look,

殺し損なうとはのう!

with a smart-ass mouth to match.

バエル、喋るたびに口から粘液を吐き出している。

ネロ:
まいったな… カエルは苦手だ

Cut me some slack. I'm just not big on toads.

バエル:
ボケがッ!

Fool!

誰がカエルじゃと!?

You think I care what you say?!

粘液を飛ばす。
ネロ、服を手で払いながら話し出す。

ネロ:
早く片付けないと気分悪いな…

If we don't finish this quickly, it's gonna scar me for life.

バエル:
ブチ殺してやる 小僧ッ!

I will crush you!

粘液をとばす。ネロ、うんざりした表情。

バエルと戦闘。

バエル、女の姿をした触手をネロに掴まれ、振り回される。
触手がちぎれてしまう。バエル、叩きつけられてひっくり返る。

バエル:
こんなガキに… クソッ!

You think... you've... beaten me?!

畜生! 勝ったと思って…

Never! You piece... of...

じたばたともがくバエル。

ネロ:
思っちゃ悪いかよ

That's exactly what I think.

バエル:
オレの兄弟たちがカタキを…

My brothers... will come! They...

ネロ、飛び上がって力を込めた一撃を見舞う。
バエル、吹き飛んで城の壁に激突。ひっくり返って動かなくなる。

ネロ:
やれやれ バッチィな…

C'mon, that's just nasty.

待てよ “兄弟”だって?

Wait... did he say 'brothers'?

地獄門の奥に無数のバエル。

ネロ:
マジかよ…

Oh that's fair!

カエルはもうたくさんだ!

Now I've got to fight a whole herd of these things?

倒れたバエルを踏み台に飛び上がる。
地獄門から出ようとする戦闘のバエルを右腕で殴りつける。

戦闘に押されて乱れるバエルの群れ。
ネロ、急いで傍らの制御装置を操作する。門が閉じる。

ネロ:
悪いね 閉店だ

Sorry pal, we're closed!
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 Mission5 字幕・英語

MISSION 05 ~帰天~ TRISAGION

城の探索を進めたネロ。地下への道を開く。

場面変わってどこかの部屋。石の寝台に、教皇の遺体が安置されている。
クレドが傍らに立ち、手を後ろに組みながら頭を垂れている。
突然、遺体の目が見開き、赤い光を帯びる。遺体が痙攣しはじめる。
クレド、驚きの表情。遺体の痙攣が収まり、穏やかな顔に変わる。

クレド:
お目覚めで

You have awakened.

教皇:
クレドか…

Credo.

クレド:
ダンテに関しては――

My men are currently in pursuit of Dante.

現在 私の部下が追跡中です

It is only a matter of time before his location is revealed.

教皇:
奴め…

He came to us...

クレドと同じく、教団の服を着た男が近づいてくる。
猫背で浅黒い肌の男。左目に片眼鏡。歩きながらメモを取っている。

教皇:
“帰天”しておらねば―― 

It was fortunate I was able to participate

命を落としておったわ

in the 'ascension ceremony'.

片眼鏡の男:
…教皇様!

His Holiness...!

これは ご機嫌うるわしく…

You look magnificent!

教皇に近づこうとするがクレドが道をふさぐ。片眼鏡の男、クレドのほうを向く。

片眼鏡の男:
ネロとかいう小僧の件だが…

You sent that cocky kid Nero to find Dante?

クレド:
何か問題でも?

You question my command?

片眼鏡の男:
馬鹿が!

Yes!

私の研究施設を み み――

What shall before me s-s-

み 見られたらどうする気だ!

s-should he stumble upon my research facility?

クレド:
最優先はダンテの捕縛だ

Our priority is to capture Dante.

片眼鏡の男:
貴様は こ こ こ…!

why you t-t-t...

教皇:
クレド

Credo.

クレド:
なんなりと

Yes, Your Holiness.

教皇:
皆を集めてくれ

Gather everyone.

安心させてやらねばなるまい

I must ease their minds on this matter.

クレド:
御意

Of course.

クレド、去っていく。その後姿を片眼鏡の男が見つめている。
 
 

デビルメイクライ4 セリフ集 Mission6 字幕・英語

MISSION 06 ~第2の覚醒~ RESVRRECTION

地下を進んだネロは、研究施設のような場所にたどり着く。
円形の構造で、一画がガラス張りとなっており、奥が見渡せるようになっている。
ネロの右腕が反応している。見上げると、ガラスの向こうの研究施設で、
ふたつに折れてしまった日本刀が、青い光に包まれ、宙に浮かんでいる。
白い柄に直刃。ダンテの兄バージルがかつて使用した閻魔刀。

日本刀のそばに人影。

片眼鏡の男:
おや… 来てしまったか

So, you've come,

予測が当たったな

just as I'd expected.

ネロ:
あんたは?

Who the hell are you?

片眼鏡の男:
私の名はアグナス

I am Agnus.

片眼鏡の男、大げさな身振りで自己紹介。

アグナス:
仕事柄 人には し し し――

Working in secrecy, very few are p-p-p-

知られていないがね

privy to my existence.

ネロ:
教団の人間が――

Funny, to figure an Order official

こんな場所で何してる?

out for a stroll in a hellhole kinda place like this...

アグナス:
“こんな場所”? 口を慎め!

'Hellhole'!? Watch your words!

アグナス、声を荒げる。
通路をいったりきたり歩き回りながら話し始める。

アグナス:
噂通り… ナマイキな小僧だ

Just as fouled mouthed as I had heard... the rumors prove true.

やはり し し 死んでもらうか

As will the new ones concerning your d-d-d-demise!

ネロ:
どういう理屈だ?

Don't you think that's a little harsh?

生意気だと し し 死刑?

Killing me because of the way I t-t-t-t-talk?

ネロ、アグナスのどもりの真似。
アグナス、手で合図をする。剣の姿をした悪魔が多数あらわれる。

ネロ:
驚いた

Great.

悪魔とはね

More demons.

アグナス:
恨むならクレドを恨め

This, this is all Credo's doing.

剣の悪魔と戦うネロをガラス越しに見下ろしながら話しだす。

貴様にダンテの ツ 追跡を――

It was Credo who ordered you to follow Dante...

命じた奴が悪いのだ

It was Credo who brought you here!

ネロ:
ダンテ?

Dante...?

あの男の事か?

You mean the man that killed His Holiness?

この場所は何だ?

What the hell is going on here!?

アグナス:
答える必要はない

I don't have to answer to you.

お前はここで し し――

For you are already as good as d-d-d-d

死ぬのだ

dead.

手元のメモに何か書き込みながら宣告。

ネロ:
死ぬかよ…!

I beg to differ.

アグナスと戦闘。

ネロ、ガラスを破り、研究施設に侵入する。
アグナス、腰を抜かしながら後ずさりしていく。

アグナス:
ソ ソ ソレは悪魔の力!

Tha-tha-tha-that's demonic power!

どうして!?

How can it be...?

ネロ:
お互い様だろ?

Look who's talking, jackass.

答えろ

Answer my question,

ここで何をしてる

what the hell is going on here?

アグナス:
スバラシイ…!

How profound...

突然、アグナスの目からおびえが消える。

アグナス:
サイコーだ!

It's magnificent!

ネロの右手に近づこうとする。ネロ、後ずさる。

ネロ:
人の話を聞けよ!

OK, did you even hear me?

ネロ、剣を振る。アグナス、指でつまんで受け止める。
引き離そうとするネロ。引き離せない。

アグナス:
知りたいなら――

If you want answers,

教えてあげよう

then I shall give them to you.

剣を話す。猫背で丸まりながら歩き出す。ネロ、後ずさり。

アグナス:
数年前から私は悪魔を研究中だ

It has only been a few years since I began this research...

悪魔の力を我らが物とし――

Could we isolate and bind demonic power,

世界を楽園へと変えるために

it could enable us to conquer the world!

教皇から直々に命じられてね

And that, that is the wish of His Holiness!

ネロ:
バカげてる

What a crock...

その教皇も死んで台無しだしな

And you may as well ditch the efforts pal, because His Holiness is dead.

アグナス:
ああ…

Ahhh,

教皇なら“天使”となり――

but His Holiness has been reborn.

復活されたよ

As an angel!

ネロ:
“天使”?

An angel...?

アグナス:
そしてモチロン…

And soon, soon,

この私も“天使”だ

so shall I.

仰々しく礼をする。
顔を上げるとアグナスの顔には勝ち誇ったような笑みが浮かんでいる。
ネロ、現れた数体のビアンコアンジェロの槍に突き刺され、磔にされる。

アグナス:
これは研究成果のひとつでね

See what just a small fraction of my research has yielded?

見たまえ!

Look!

ビアンコアンジェロのほうを振り向く。

アグナス:
この白く輝く美しい鎧を!

How beautiful this white armor stands!

アグナス、大仰な身振りを交えながら話を続ける。

アグナス:
どれほどの苦労があった事か

You have no idea the hardship

ただ1つの鎧を動かすため——

to make just one armor come to life.

無数の悪魔を捕らえ続けた

I had to capture and control countless demons to harness their souls.

魔界から悪魔を召喚してね

Summoning them alone was almost an insurmountable task!

ネロ:
“召喚”?

Summoning...?

ネロ、磔にされながら苦しそうに答える。

ネロ:
あの門はお前が…

So it was you... who made the gate!?

アグナス:
イエス! 地獄門だ!

Yes, yes, the Hellgate!

オリジナルを元に私が設計した

I created it merely as a reference in substitution for the real Gate,

出力には強力な魔具を使用——

but after utilizing an extremely powerful Devil's Arm,

動作良好だ

it proved sufficient...

ネロ:
分かるように喋れ…

What the hell are you talking about?

アグナス:
ゆっくりと眠りたまえ

You should rest.

アグナスが合図をすると剣の姿をした悪魔が飛んでくる。
アグナス、その悪魔でネロの腹を突き刺す。血を吐き、苦しむネロ。

アグナス:
私の次の研究材料は君に決めた

Soon you shall be my next subject of experimentation,

入念に調べるとしよう

so that I can learn a little something from you...

特にその腕をね

and that arm.

ネロ:
断る

Never...!

血の混じった唾を吐きかける。
アグナス、剣の悪魔をさらに深く突き刺す。引き抜く。

アグナス:
ツ ツ ツ――

T-t-t-

連れて行け…!

take him out!

アグナス、立ち去っていく。
ビアンコアンジェロがネロに飛び掛かる。

ネロの脳裏に声が響く。

ネロの声:
キリエ! 逃げろ!

Kyrie, run!

キリエの悲鳴。

キリエの声:
ネロ!

Nero!

ネロの声:
キリエ!

Kyrie!

キリエーッ!

Kyrie!!

ネロが目を見開く。その目が赤い光を帯び、全身から青い光が迸っている。
折れていた閻魔刀の一片一片が一か所へ集まり、再生する。
ひとりでに動き出した閻魔刀は、ネロの右手に握られる。

異変に気付いたアグナスが振り向くが、背後からの強い衝撃によって吹き飛ばされる。
下の研究施設に落ちたアグナス。その姿は蠅のようなものへと変貌している。
上の研究施設を見上げるアグナス。ネロが閻魔刀を右手に持って立っている。
その背には、青い光を放ち、透き通った悪魔の姿が。

アグナス:
なぜ…ッ

How...

私にも修復できなかったのに!

Not even I could succeed in restoring it...!

ネロ:
あの日から俺の腕はこうなった

From that day forth... my arm changed...

魂が叫ぶ

and a voice echoed...

力を…!

"Power..."

もっと力を…!

"Give me more power!"

アグナス:
ナニ!?

What...?

ネロ:
悪魔に魂を売ったっていい

And if I become a demon,

どうなろうと

so be it. I will endure the exile.

キリエを守れるなら…!

Anything to protect her.

閻魔刀を一振りする。斬撃が飛び、研究施設の天井が爆発する。

アグナス:
あり得ない事だ…!

This is preposterous!

アリエナイッ!

Preposterous!

アグナス、蠅のような羽をはばたかせて天井の穴から逃げていく。
ネロの背から青い悪魔が消え、閻魔刀が右腕に吸い込まれる。
ネロ、倒れこむ。胸を手を当てるが傷が治っている。乾いた笑い。

しばらくして立ち上がる。

ネロ:
本部に戻るか…

I should get back to Headquarters.

アグナスの話――

If what Agnus said is true...

クレドも知ってるはずだ

Credo must've known something.

ネロ、研究施設を抜けて、本部がある森にたどり着く。

ネロ、高い崖から森を見下ろす。

ネロ:
森が…

A forest...?

背後で声。ネロ、踊ろうて振り向くが誰もいない。
再び前を見ると赤い男が立っている。

ダンテ:
何だこりゃ?

What the hell is this?

銃を構えるネロ。

ダンテ:
“門”の影響か…

Must be the effect of the gate...

ネロのほうを向く。

ダンテ:
悪いな あとで遊んでやるよ

Sorry kid, this is gonna have to wait.

崖から飛び降りる。ネロ、駆け寄って崖を覗き込むがすぐに姿が見えなくなる。

ネロ:
何が目的だ…

How much could he really know?

ネロ、銃をしまい、歩き去る。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。